一歳の子が毎日絵本ばかりをせがむ。他のものでも遊んでほしい…

 

子どもたちはみんな絵本が大好き♡♡

あなたも幼いころには毎日たくさんの絵本を

親に読んでもらっていたのではないでしょうか??

 

絵本大好きっ子たちにありがちなのが

絵本の読み聞かせをせがむこと。

 

1日に数冊かならばどうにか時間を作って読んであげられるけど

さすがに1日中せがまれるのはつらい…

という声も良く耳にします。

 

絵本なんか読み始めたらもう終わりがなく

家事も手につかないぐらいということもありますよね。

 

 

他のおもちゃもいっぱいあるのだから

それで遊んでほしいという親心はなかなか伝わりません。

 

絵本ばかりをせがむ、絵本大好きっ子に

他のもので遊んでもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

 

1歳で絵本をせがむ!?素晴らしいことですね!!

 

「1歳になったのに他のおもちゃには目もくれず

1日中絵本をせがむばかりなのですがどうなんでしょう??」

 

子どもが1歳になったのに絵本にしか興味がなかったら

親としては少し心配になってしまいますよね。

 

でも安心してください!!

絵本ばかりせがむのはとてもいい傾向です。

もしかしたら将来有望かもしれませんよ(^^)

 

 

絵本は子どもたちにいろいろなことを教えてくれます。

 

絵や色。

文字・言葉・文章。

数やお話の作り方。

大きくなるために必要なことばかり!!

 

しかも1歳で絵本が好きな子供は

大きくなってからもたくさんの本を読みます。

 

昔から本は一番の勉強道具です。

全ての知識は本から。

 

現在はデジタル化が進んでいますが

多くの知識が活字の中にまとめられているのは

何年経とうが変わることのない事実です。

 

 

絵本にしか興味がないのであれば

こんな絶好の機会を逃してはいけません!!

 

折角なのでたくさん本を読んであげましょう♪

 

絵本は読むだけではもったいない!!中身を楽しんで。

 

あなたは絵本をどのように活用していますか??

 

絵本を読んだらおしまい。

それではもったいない!!

 

 

絵本には子どもとのお話を広げる

要素がたっぷりなのです!!

 

例えば

「絵本はここで終わっているけど

この後どうなったと思う??」

「絵本の中の絵にお花が咲いていたけど

何色があったかな??」など。

 

絵本を読んで終わりにせず

読んだ絵本のどんなところを子どもたちは見ていたのか。

この本を読んでどんな気持ちになったか。

 

などをお話しすることによって

子どもの今の気持ちや発想力を引き出すことが出来るのです。

実際に絵を描いてもらってもいいですね♪

 

 

もちろんまだしゃべれない子にも使えますよ!!

 

どこでもいいので1ページ開いて

「これは花だね。たくさん咲いていてきれいだね。」

と親が声をかけてあげることで物の名前を覚えたり

気持ちを教えることが出来るのです。

 

 

たまに文字も読めないのに絵本のお話を

すらすら話していたというのを聞いたことありませんか??

 

これは、同じ本を何度も読み聞かせたことによって

鍛えられた記憶や暗記の能力です。

 

子どもたちは親に同じ絵本を何度も読んでもらうことで

ほんの内容をすべて暗記していきます。

 

そうすることで文字を読まなくても

自分で本を読むことが出来るようになるのです。

 

 

しかもそれだけではありません。

お話を暗記したことによって子どもたちは

絵本に書いてある文字を見る余裕が出来ます。

 

文字を見ながら、覚えているお話を読むことで

耳から聞いた言葉と文字が同じものだと認識できるようになるのです。

 

お話をしゃべる→文字を見て読めるようになる

 

この流れができるのであなたの子どもは

いつの間にか親の力を借りなくても文字が読めるようになるかもしれません!!

 

 

そうなってくれると自分で遊んでくれるので

親も楽になりますよね!!

 

絵本を読んでとせがむのは今だけ!!この時間を大切にして。

 

1歳の子どもが絵本ばかりをせがむので

心配になる気持ちもわかりますが、

子どもたちは毎日どんどん成長しています。

 

もしかしたら絵本を読んで欲しいとせがむのも

今だけかもしれませんよ!!

 

自分でできることが増えると

今度は親に「自分でやるから、手を出さないで!!」

と注意されるようになるかも!?

 

子どもの成長を見れてうれしいですが

反面さみしい気持ちになってしまいます。

 

 

そしてどんどん新しいことに挑戦し始めます♪

この前は絵本が大好きだったのに

今度は積み木ばかりで遊ぶようになった。

 

またそのおもちゃのブームが過ぎると

今度は違うおもちゃへ。

 

子どもたちは自然と

いろいろなおもちゃで遊ぶようになります。

 

今は絵本ばかりで何もできなくなってしまい

辛い時間もあると思いますが子どもとの時間は一瞬です。

 

少しでも長く子どもといることのできる

時間を大切にしてあげてください!!

 

 

家事が出来ずに困ったときは

絵本の中身を子どもとお話ししながら家事をしたり

子どもに絵本の絵を描いてもらって、その間にすることも出来ます。

 

絵本をお題にすると

本を読まなくても反応してくれますよ(^^)

 

あなたにおすすめの記事↓↓

絵本の読み聞かせは5分がベスト??どんな絵本がいいの