1歳の子供に勉強をさせたい!!教材は本屋が一番いいのか??

 

子供の将来を具体的に考えてみると、

やはり勉強をさせておくことが一番いいのでは??

と考えている人は非常に多いですね。

 

行きたい学校や、

働きたい職種などがあると、

基本的に学力が要されるのは、

あなたも分かっていることでしょう。

 

あなたはきっと受験勉強や、

就職活動などを行ってきたと思うのですが、

やはり学力という項目は、

かなり重要視されていた記憶があるのではないでしょうか??

 

私もかなり学力について

面接官などから聞かれた覚えがありますから…

私は学力があまりなかったせいで、

夢を諦めた人間でもあるのです。

 

思い出すだけで涙が滝のように流れてきそう(T_T)

 

きっとあなたも学力などの面で、

何かしらの辛い思いでがあるのではないでしょうか??

 

だからこそ子供にはしっかりと勉強をして欲しい!!

 

だって自分のかわいい我が子には、

できるだけ苦労をして欲しくはないと思っているからです。

なので幼少期から勉強を頑張ってもらうことで、

少しでも将来に繋げてもらえたらなと考えますよね。

 

あなたの考えはとっても立派なことです。

だって子供のことを真剣に考えているのですから。

 

ですがあなたのお子様はまだ1歳。

ちゃんと言葉を話すことがまだまだできないのに、

一体どうやってお勉強をさせていけばいいのか??

この点が本当に難しいですよね~

 

少しお話が逸れてしまうのですが、

私は幼児教室で先生として働いているのです。

なのでたくさんの1歳児を見てきています。

 

実際に1歳児はどんな風に勉強をして、

実力をメキメキ伸ばしているのか??

などのことをお話しながら、

1歳児の教材についてまとめていきたいと思います!!

 

1歳児の子供に数字を徹底的に教えたい人は以下から!!

↓ ↓ ↓

幼児が瞬時に数字を覚える!?そんな方法があるのか!?

 

1歳児に適した教材が欲しいのですが、やはり本屋が打って付けなのでしょうか??

 

 

1歳時の子供に勉強を教えるのは

一体どうすればいいのだろうか??

とにかく勉強方法について悩む人が多いでしょう。

 

一番いい方法としては、

幼児教室で先生に見てもらうことなのですが、

さすがにこれは除外させて頂きますね。

 

やはり勉強をすると言えば、

「本が必要」

とあなたも考えているのでは??

 

本屋ならば1歳児に適した教材が、

たくさん見つかりそうですよね~

 

私もたまに本屋に足を運んでいるのですが、

それぞれの年齢に適した教材コーナー

的なとこもあったのでたくさんあるのは間違いありません。

 

問題は教材の量ではなく、

教材の質なんですよね…

 

教材って人によって合う合わない

というデメリットがあります。

 

その教材が合う合わないを調べるために

1歳児の子供の意見を聞いても、

なかなか納得できる返答が来ない…

まぁ、この話はあるあるなのですがね。

 

それで1歳児のお勉強方法って、

大きく分けて2つあるのです。

 

  • 運筆ができる
  • 運筆ができない

 

の2通りがあり、

これによって勉強方法が変わります。

 

運筆ができるできないに関わらず1歳児の教材は本屋でも問題はありません。

 

運筆ができるできないを問わず、

1歳児の教材として、

本屋で選ぶのは問題ありません。

 

問題なのはどの教材を選択するかなんですよね~

 

選択する教材を間違えてしまうと、

お金を無駄にすることと一緒です。

貴重なお金を捨ててしまうのはもったいないので、

できるだけ慎重に判断をしたいところ。

 

運筆ができる子の教材はどれがいいのか??

 

せっかく運筆ができるので、

やはり鉛筆を持ってできる教材がいいですよね。

書くことでどんどん物覚えがよくなるので、

これをしっかりと活用していくといいでしょう。

 

私の幼児教室では、

運筆ができる1歳児の子供は、

点結び問題やさらにひらがなをお勉強しています。

なのでそういう教材を選んでみるといいでしょう。

 

そして遊びながらできる教材としては、

やはり迷路が最強だと私は考えています。

 

私の幼児教室に通っている生徒さんは、

大体の子供が迷路のこと大好きですから。

キャッキャ言いながらやっていますよ~

 

じゃあ運筆ができない子はどうすればいいのでしょうか??

 

運筆ができない子供は、

運筆を練習しながら別のお勉強をしましょう。

 

でも別の勉強と言われても…

ってあなたは悩むことでしょう。

 

ですがそこまで大きく悩まなくても大丈夫です。

運筆ができない子供には絵本がとってもおすすめ。

 

絵本をしっかりと読み聞かせることで、

子供のボキャブラリーをどんどん増やしていきましょう。

 

そして絵本の読み聞かせが終わったのであれば、

今度は運筆の練習をしっかりとして、

さらに勉強の質を上げることを目標にしてください。

 

あとは運筆ができる子、できない子、

のどちらにも言える事なのですが、

子供のペースに合わせるようにお勉強をすすめて欲しいのです。

 

子供が嫌々勉強をしているのであれば、

むしろやらない方がマシなのですよ。

 

子供が勉強を嫌いになってしまったら、

あなたの子供の将来が見えなくなりますから…

 

子供が4歳になった時のことを考えてさらにお勉強をしていく!?

↓ ↓ ↓

年中になった子供の勉強の質を上げる家庭学習方法とは!?