言葉をしゃべるのが早い!!2歳でどれぐらいしゃべっているといいの⁇

 

幼い子供って言葉をしゃべり始めるのが早いのが

本当にいいの⁇

 

よく2歳ぐらいの子どもに

「言葉が出るのが早いほうがいいね!!」

という方がいらっしゃいます。

 

でも逆を言えば言葉が出るのが遅いとダメ

というような考え方なんだなと思ってしまうのです…

 

子供たちによって成長スピードは様々。

言葉が出るスピードだって子どもによって全く違います。

 

それってその子の個性なんですよね。

 

「うちの子は2歳なのに言葉が出るのが遅いから(;´・ω・)」

と悩んでいる親御さん!!!

周りの言葉になんて左右されなくていいんです。

目の前の我が子の成長を優しく見守ってあげてください♪

 

子供は言葉が出るのが早いほうがいい!!その考えがダメ。

 

「あなたのお子さん

しゃべるのが遅いからダメねぇ。」

 

あなたもこれに似たようなことを

周りの人から言われたことがありませんか⁇

 

 

そりゃー言葉が出るのは

早いに越したことはないかもしれません。

 

でもそれだけで子供の良し悪しを判断していいのでしょうか⁇

 

言葉が出るのが早いと良い。

言葉が出るのが遅いとダメ。

 

そんな考えが出てしまう時点で

その人に問題があると思いませんか⁇

 

私はそれだけを見て子どもを判断するなんて

そんなの悲しすぎるし、残念な人だといつも思ってしまいます。

 

 

だって子供の成長に必要なことは

言葉が早いかどうかだけではありません。

 

言葉は出なくても周りの状況を判断するのに優れている子。

運動能力がとても高い子。

好きなことであれば人一倍集中力が高い子。

 

子供たちにはそれぞれ個性があります。

言葉が遅いのだって個性です。

 

とても素晴らしいですね(*’ω’*)

 

 

あなたの周りに言葉が早いかどうかで

子供のことを判断する人がいればそれは最低な人間です。

 

そんな人の言葉になんて惑わされないでください。

あなたは子供のいいところだけを見て

思いっきり褒めてあげればいいのです!!

 

どうして言葉が出るのが早い子と遅い子がいるの⁇

 

言葉が出る子のが早い子と遅い子の

決定的な違いは脳の受け皿の大きさです。

 

言葉が早く出る子は受け皿が小さく覚えた言葉を

すぐに溢れさすことができます。

言葉が溢れたら今度は言葉として出すことができるのです。

 

でも言葉が出るのが遅い子は受け皿が大きいので

なかなか言葉をあふれさすことができません。

毎日少しづつ受け皿に言葉を溜めて溜めて…

 

やっとあふれるぐらい溜まったところで

今まで溜めてきた言葉が一気に出てくるようになるのです!!

 

 

結局子どもたちの脳に溜まっている言葉の量は同じ。

それをいつどんな時に言葉として出せるのかが

違うだけなのです。

 

目に見える成長だけでその子を決めつけてしまうのは

もったいないですよね。

 

言葉をしゃべるには息の使い方が大切!!ちゃんと使えてる⁇

 

でももう1つ考えられることがあります。

それは喉の使い方。

 

あなたのお子さんは上手に息を吐くことができますか⁇

 

言葉をしゃべるときには必ず息を使います。

この息の使い方が上手でないと

しゃべろうとしても思うように言葉が出てこないことがあるのです。

 

子供がしゃべろうとしているのに

しゃべれずイライラしていることがあるのであれば

まずは息遣いの練習をしてみて下さい!!

 

やり方も簡単。

まずはストローを用意しましょう。

 

ストローを水の入ったコップに入れて

息を出してブクブク鳴らす遊びをするだけです。

 

子供が外や飲み物でもするようになるから嫌って方は

ブクブク専用コップを用意してみたり風呂場だけではOK!!など

ルールを設けてもいいでしょう。

 

子どもはしっかり伝えてあげれば

必ずルールを守ることができるようになります。

 

ブクブクするのが上手になれば

自然と自分でコントロールしながら息を使うことができるようになります。

 

 

それができるようになれば

ティッシュに息を吹いて揺らしてみたり

ろうそくの火を消す練習をするのもいいですね!!

 

2歳の子どもだったらどれぐらい言葉をしゃべれたらいいの⁇

 

2歳のお子さんであれば

物を指さして適切な言葉が出ればいいでしょう!!

しっかりと物と名前が一致している証拠です。

 

そこから2語文を話すためには

まず親が2語文を子供の前で話してあげてください。

 

「リンゴは赤いね。」であったり

「犬はかわいいね。」など何でもOK!!

 

子供は興味があることからどんどん吸収することができるのです。

 

2歳のうちに2語文がしゃべられるようになれば

次は3語文などどんどんレベルアップしていくことができますし

自分の意思を上手に相手へ伝えることができるようになります。

 

 

まぁまずは子供にしゃべらすのを意識するのではなく

たくさんの言葉を子どもに教えてあげましょう!!

 

しゃべらなくても子どもは言葉を覚えます。

頭の中に言葉が増えれば自然と子供は

言葉をしゃべりたいと考えるようになり

自分で伝えようと努力するようになってくれますよ♪

 

子供の成長を親は

ゆっくりと見守ってあげられるといいですね(*’ω’*)

 

あなたにおすすめの記事↓↓

言葉の発達を促す方法にはどんなものがあるの⁇