4歳の子供が習い事でふざけるのでイライラする…まじめにやって!!

 

「まじめにやりなさい!!!」

 

4歳の子供たちがよく親に言われている言葉です(笑)

思わず言っちゃうことってありますよね。

 

 

やっとイヤイヤ期から抜けた4歳。

言葉もはっきりして

親の言っていることもちゃんと伝わるので

育児が少し楽になるかなと思う年齢ですね。

 

習い事も1人でできますし

やりたい欲も強くなっています。

 

 

でも親には新しい悩みが…

子どもが習い事の間ふざける((+_+))

 

「まじめにやったらできるのに」

「うちの子のせいでレッスンが止まってる…」

 

親としては

習い事の間まじめにやってほしいものです。

 

ついついイライラして

みんなの前で怒ってしまいます。

親としては、ふざけないで頑張ってほしいですよね。

 

 

4歳の子どもが習い事の間ふざけるとイライラする。

 

「先生見てみて~~変な顔(*´з`)」

 

4歳の子どもたちはそれはそれは元気で

習い事の時間は毎日てんてこ舞い(笑)

 

何度も4歳の担当をしている私でも

「何してるの~⁉⁉( *´艸`)」と

平常心でいられないこともしばしばあります。

 

 

4歳と言ったら子どものイヤイヤ期も抜けて

一安心したくなる時期ですね。

 

そんな子どもたちは

自分で自分でやりたい欲が強くなると同時に

ふざけるようになる子も少なくありません。

 

子どもを見ているとイヤイヤ期の体力を

今度はおふざけに使っているような気にもなります(笑)

 

親としてはそんな子どもに

良くないとわかっていながらもイライラしてしまいますね…

 

思わず声に出てしまうことも(;´・ω・)

 

 

その気持ちよくわかります。

でも、イライラを我慢して子どもを観察していると

面白いこともわかるかもしれませんよ!!

 

 

4歳になると、習い事中にふざけるのはどうして⁇

 

ふざけている子どもたちを見ていると

2つのパターンがあるように感じます。

 

 

◇「親に自分だけを見てほしいとき」

 

毎日家事に育児に仕事にと

追われている方がとても多いと思います。

 

毎日必死に仕事をして

なかなか子どもとの時間が取れていないのでは

ありませんか⁇

 

そんな子どもにとって習い事は

親が自分に注目してくれる大切な時間です!!

 

もっともっと親に見てほしい子どもは

ふざけて気を引こうとすることが多いです。

 

たまには家事も何もかもほったらかしにして子どもとの時間を

たくさん取ってあげてもいいかもしれませんね(‘ω’)

 

「ママは見てるよ~!!

習い事を頑張っているとかっこいいね」

 

などの声をかけて習い事に行くと

子どもは親にもっといい姿を見てほしいと

ふざけるのではなく真剣にがんばるようになるかもしれませんね!!

 

 

◇「周りの雰囲気を察して盛り上げようとしている」

 

親が習い事に真剣になるほど

場はピリピリ・カリカリしてくるものです。

 

子どもはそんな雰囲気を察して

ふざけているのではないでしょうか⁇

 

「今ふざけるとみんなが笑ってくれる!!」

 

子どもたちは親が

ピリピリ・カリカリしているのは

大っ嫌い!!

 

 

段々習い事自体が嫌になってくる子も

少なくありません。

 

でもそんな時にふざける子がいるとどうでしょう⁇

 

思わず笑ってしまい

空気が明るくなりますね(*’ω’*)

 

習い事中にふざける子は

よく言えばムードメーカ的な存在です!!

 

 

一度自分がおちゃらけた時に

みんなが笑ってくれてよい雰囲気になったのを

覚えていて何度もしているのかもしれません。

 

怒り叱るのではなく「今は何をするべき⁇」

と考える時間を作ってあげると

自分で考えて行動するようになってくれますよ!!

 

ふざけるのを怒るだけではなく、子どもを観察してみて!!

 

どんな行動も子どもたちにとっては

必要だと思ったから行っているものが多いです。

 

私はふざける子に対して「無駄な行動だな…」

とは思ったことがありません!!

 

ふざけているように見えるけど

純粋に疑問を大人に投げかけているときだってあります。

 

そんな時は親身になって説明してあげますよ!!

 

 

4歳の子どもたちは大人が思っている以上に

いろいろなことを考えて行動しているんですね。

 

 

ふざけるのに必死で

目の前のことができていない時はまず

「今は何をするべき⁇」

と問いかけてみてあげてください!!

 

 

ふざけている子どもに対して親が

頭ごなしに怒っていると

子どもも習い事が嫌になってしまいます。

 

親にとって子どもの嫌だと思う部分を

将来どういう良さにつなげてあげられるか考えてみて下さい!!

 

短所は長所!!

いい部分も悪い部分も紙一重です。

 

短所の部分を長所に変えてあげることができれば

ふざけるのも笑ってあげることができるかもしれませんね!!

 

 

短所:ふざける

長所:ムードメーカー

周りの空気を読める

など

 

ふざける中にも子どもの成長を感じる場面が

あるかもしれません!!

 

楽しんでみてはいかがでしょうか(*´ω`*)

 

 

あなたにおすすめの記事↓↓

子育てがすごく楽しい!!って思えるのがうらやましい…