4歳の子供がテレビゲームに熱中。このままではやばいのでは??

 

私は幼児教室で先生をしているものです。

毎日のようにたくさんの親御さんと小さなお子様が、

流れるようにやってきます。

 

それでそんなたくさんいらっしゃる親御さんからの

お悩みを聞く機会も非常に多いのです。

 

お悩みの内容を書いていると

とにかくキリが無くなるので、

例えをちょっと挙げてみますね。

 

最近ではこんな悩みをよく聞くようになりました。

 

親「子供がテレビゲームにはまってしまって…」

 

そうなんですよ。

子供ってゲームが基本的に大好きなので、

これについて悩んでいる親御さんが多いのです。

 

このゲームがかなり厄介なんですよね~

 

親御さんはよく子供に注意をしているのですが、

最終的に喧嘩にまで発展するという

非常に辛い展開がよくあるらしいのです。

 

喧嘩にまで発展してしまうご家庭は、

私の教室内だけですが、

3家庭に1つの割合で発生しているのですよ…

 

この割合についてあなたはどう感じますか??

これってけっこう多いと感じているのでは??

 

少しお話がそれてしまいましたね…

ちょっとしたゲームなのですが、

これが喧嘩にまで発展してしまうのは、

親と子の関係にまでヒビが入る恐れがあるのです。

 

だって毎日のように子供がゲームをしていると、

今度は毎日のように親が子供に注意をします。

 

ってことは家庭によっては毎日喧嘩をしてしまう恐れがあるのです。

 

毎日喧嘩をしているとどうなると思いますか??

想像できないくらい親と子の関係が変わってしまうでしょう。

 

ゲームで家庭環境が壊れると言っても過言ではありません。

 

そんな問題になってしまっては、

今後の生活に支障をきたす恐れがあります。

 

だからこそ子供にはあまりゲームをして欲しくないのですよね。

また家庭環境以外にも問題が発生してしまう可能性もありますから。

 

この記事では

4歳児のテレビゲームのし過ぎの問題と対処

についてまとめたいと思います。

 

ゲームで失った時間を以下の方法で取り戻す!?

↓ ↓ ↓

幼少期からビジョントレーニングを行うといいことが!?

 

4歳児からテレビゲームにはまってしまうとどんな危険があるのでしょうか??

 

 

いきなりあなたに聞きたいことがあるのですが、

あなたのお子様は何でゲームにはまったのでしょうか??

 

何かしらの理由がないと、

4歳児からテレビゲームに熱中するのは

ちょっと珍しいイメージがあるんですよ。

 

私の幼児教室に通っている親御さんで、

4歳児のお子様がいらっしゃるのです。

 

その親御さんに4歳児から

テレビゲームにはまった原因について

お話を伺ってみたことがあります。

 

「親の影響で子供がゲームに熱中したんですよ…」

 

その親御さんの旦那さんの趣味がゲームらしく、

子供がそれを見て育ってしまったのです。

だから4歳児なのにテレビゲームにはまったのですよ。

 

じゃあこのままテレビゲームに熱中していると

一体子供にどんな影響があるのか??

 

上記では親子関係がギクシャクしてしまうことについて

深くお話をしたのですが、

もちろん親子関係以外にも問題はあります。

 

友達が圧倒的に少なくなる可能性が大!?

 

親子関係以外にも

友人関係に大きな問題が起きる恐れがあるのです。

 

友達と大喧嘩とかではありません。

 

4歳児のお子様がテレビゲームにはまっているってことは、

子供の自由時間の全て、

ゲームに費やされている可能性があるのです。

 

ってことはゲームばっかりをしていると、

友達と遊ぶ時間を全く確保できていないことになります。

 

さて、友達と遊ぶ時間がないと

テレビゲームに夢中になっているお子様は、

最終的にどうなってしまうのでしょうか??

 

ちょっとオーバーすぎる表現になるのですが、

友達0人なんて可能性が出てくるわけなんですよね。

 

だってテレビゲームを熱中しているせいで、

友達と遊ぶ時間が全くないのですから…

 

「ゲーム>友達」という関係になってしまうので、

友達からの遊びの誘いすら

平然と断る可能性が出てくるわけです。

 

ゲームがあまりにも大事なので、

ありもしない嘘を付いてしまって、

最終的に友達を無くすことも考えられます。

 

友達がいない人生なんてこれほど怖いものはないでしょう。

 

じゃあそんなテレビゲームにはまっているお子様を

一体どうやって対処していけばいいのでしょうか??

 

子供のゲームのし過ぎを対策する方法はありますか??

 

一番の問題は4歳児の子供がテレビゲームに熱中している。

これさえどうにかできれば

あなたはハッピーになるんですよね。

 

ですがそんな方法はあるのでしょうか??

 

それであなたによくよく考えて欲しいことがあるのですが、

4歳児ってまだまだあなたのことが大好きなはず。

 

私の幼児教室に通っているお子様は、

みんな親のことが大好きなので、

この点に違いはないんですよ。

 

ってことは子供にとってあまりにも

理不尽ではない要求ならば、

あなたのお子様は言うことを聞いてくれるはずです。

 

「ゲームを一生しないで欲しい」

という要求は子供にとっては理不尽ですね。

なのでもうちょっと緩い要求をすればいいのですよ。

 

あなたもピンときたと思うのですが、

「ゲームをしていい時間を絶対に決めておく」

これが最高の対策方法になるのです。

 

例えばですが1日に1時間が限度。

もいいですし、

勉強を1時間したらゲームを30分していいよ。

などの条件を満たせたらゲームをしていいパターンもありです。

 

いろんな条件があるので、

あなたとお子様がしっかりと話をして

お互いが納得することを前提とするといいでしょう。

 

ゲームの対策ができたらこんなことをしてはいかがでしょうか??

↓ ↓ ↓

幼少期でも漢字検定は合格することができるのです!!