4歳児の読解力をメキメキ上げるにはどうすればいい??

 

 

いきなりあなたに聞きたいことがあるのですが、

そもそも読解力って一体何でしょうか??

 

 

多分ですがこう答えることでしょう。

「文章を読んで内容を理解すること」

 

 

確かにあなたのおっしゃる通りで、

文章を読んで内容を理解することは、

読解力と言えますよね。

 

 

ですが読解力というのはもう一つ大切なポイントがあるのです。

これって意外と知られていませんよ~

 

 

その読解力のポイントとは、

問題を出題している人のことを考えることです!!

 

 

何で出題者のことまで考えないといけないのか…

ってかそもそも読解力と関係ないのでは??

とあなたは疑問を抱えていることでしょう。

 

 

簡単に言えば、

出題者の考えていることを把握すれば、

さらに読解力を上げることができるからです。

 

 

何で出題者の意図を汲み取ることが大切なのか??

あなたももうピンときているでしょうが、

問題の傾向をあらかじめ掴むことができるからです。

国語のテストや問題って傾向があって、

けっこう似たような出題が多いのですよ~

 

 

だからこそ出題者の意図を汲み取ることが

国語力を上昇させる要因となっているのです。

 

 

ざっとこんな感じで国語力を

上げることができると言われています。

 

 

私は幼児教室で先生をしているものでして、

国語の研修を受ける機会がけっこうあるのですよ。

そこでは読解力を上げるためには、

しっかりと文章を把握することと、

出題者の意図を考えることが重要と教えているのです。

 

 

なのでまずはあなたには

お子様が国語のお勉強をする際に、

しっかりと参考にして欲しいと考えています。

これを行うことで国語力が伸びた子が多いのも事実ですから。

 

 

さて、ここからが本題になりますね。

読解力については理解して頂けたと思います。

問題は4歳児のお子様の場合にも、

通用する方法になるのかどうか…

という点になるでしょう。

 

 

この点についてしっかりとまとめてみたいと思います!!

 

 

読解力も大切なのですが、これも非常に大切になります!!

↓ ↓ ↓

幼少期に漢字検定をやらせたいい!!おすすめの方法はありますか??

 

 

4歳児の子供の読解力をとことん上げるためには何をすればいいのでしょうか??

 

 

 

 

読解力を上げるためには、

やはり徹底的に本を読むことが大切になりますね。

 

 

あなたもこれについては分かっていたことでしょう。

なので徹底的に本を読むといいのですね。

何を当たり前のことを言っているのだ!!

とあなたはもしかしたらお怒りになっているかもしれません。

 

 

ですが本をしっかりと読むことが

読解力の向上に役に立つのは

間違いありませんから。

 

 

私も親御さんから

「もっといい方法はないのでしょうか??」

というご質問を頂くのですが、

毎回読書をしましょうとアドバイスをしているのです。

 

 

やはり読解力というのは、

まずは文字を読めないといけませんよね。

4歳児のお子様になりますと、

言葉は話せても読むことが難しい

という場合も十分に考えられます。

 

 

なのでまずは言葉の知識を増やすという意味を込めて

絶対に読書だけは行うようにと

私は口を酸っぱくしてアドバイスをしているのです。

 

 

言葉を知らないと文章を読むことができません。

なのでしっかりと読書をすることが大切なのです。

 

 

あとあなたのお子様は4歳児ですよね。

なので本の種類を決めることは非常に大切なポイントになります。

 

 

4歳の子供が芥川龍之介の本を読むことができるのでしょうか??

きっと意味が分からず全く理解することはできませんよね…

まぁ、大人である私も芥川龍之介の本はあまりにも難しいのですが。

 

 

なので子供の年齢に適した本を選択することが

子供の読解力を上げるきっかけになるのです!!

 

 

あとは声を出して本を読むことですね。

自分の声を出しているってことは、

最終的に自分の耳に入っているのです。

ってことは読解力の向上に繋がるのですよ。

 

 

これらを意識するだけでも、

4歳児のお子様の読解力はしっかりと上がるはずなので

是非とも試してみてはいかがでしょうか??

 

 

読解力も大切ですが、ひらがなを書く練習も非常に重要ですね♪

↓ ↓ ↓

幼児にひらがなを教える方法としてゲームがあった!?