4歳から英語を始めるのはどうなの?早い?それとも遅い?

 

将来はバイリンガル!!

もう英語が出来るのが当たり前の時代。

我が子にも英語がペラペラになってもらいたい。

 

 

子供が4歳にもなると自分で出来ることも増えるため

習い事を検討している方が多いのではないでしょうか??

 

特に人気があるのが「英語教室」

4歳から英語を習うのって早すぎる⁇それとも遅いの??

周りはどうしているのでしょうか。

 

そして幼児のうちに英語を習わせておいたら

あなたが理想としている英語をペラペラと話す大人に育ってくれるのでしょうか。

 

 

あなたにまず聞きます。

どうして子供に英語がペラペラになってほしいんですか??

 

子供のためと言うことを理由に

自分の理想を押し付けようとしていませんか??

 

 

よくあるのが自分は英語が出来ないから

子供にしゃべれるようになってもらおうという考え方。

 

確かに将来的に英語はできないといけない

世の中になってきています。

 

でもそれを理由にして

子供の気持ちをないがしろにしてはいませんか。

よく考えてみてください。

 

 

幼いころから英語教室に通わせるのは

とても素晴らしいことです。

 

しかし、それが自分の理想の元

子供に気持ちを押し付けるような

教育になってしまっては意味がありません。

 

 

英語教室に通わせているのに

英語が出来ないとイライラする可能性があるのであれば

それは子供のためではありませんので

速攻英語教室に通うことを考え直してください。

 

 

なににおいても新しく始めることに

すぐできるようになるものはありませんよ。

 

それは大人だって例外ではありませんね。

 

何度も失敗しながらやることによって

出来ることが増えていくのですから。

 

4歳から英語をはじめるのであれば

今すぐの結果を求めてはいけません!!

 

子供の将来のために。

1つのスキルとして。

 

第一に考えるのは『子供のため』

でなくてはいけないのです。

 

4歳からの英語教育について。親はどのように子供と接すれいいのか??

 

 

 

4歳から英語教育をするにあたって

あなたが出来ることって何があると思いますか??

 

出来ない英語を毎日一緒に勉強してあげる。

子供を英語教室に通うための手だてを整えてあげる。

英語は楽しいものだと教えてあげる。

 

この3つがあなたにできることだと

私は考えています。

 

勉強というよりも勉強以外の面での

フォローがとても多いのです。

 

 

でもそのどれもが子どもたちにとってはとても必要なこと。

 

親であるあなたがいることで子どもは

安心して英語を勉強することができるのです!!

 

 

たくさんの親をみていると子供が勉強しているのを見て

どうしてもイライラして口を出してしまう方がたくさんいます。

 

気持ちは分かります。

 

でもあなたには英語が出来ない中でも経験があるから

分かっていることなのです。

 

では子供はどうでしょうか??

 

あなたと違い経験は全くありません。

全て新しいことです。

 

 

経験がないことを初めてするには

必ず時間がかかりますよね。

 

何度も繰り返し勉強することで

将来英語を使うことが出来るようになるのです。

 

 

子供が必死に頑張っているときに親がイライラしていたり

ガミガミ怒ってしまったら子供はどう思うでしょうか??

 

絶対英語が嫌いになりますよね。

 

 

子供自身のやる気をそいでしまっては

元も子もありません。

 

もうそれ以降は英語をしようとも

しなくなってしまうでしょう。

 

 

子供の勉強の効率をあげるためには

英語の楽しさを教えることが一番の近道なのです!!

 

私だったらまずは自分が楽しんで

英語の勉強をしていきます。

 

「ママこれの英語分かるよ!!」

「英語が喋れるとたくさんの人と

おしゃべりできるようになるんだね♪」

 

英語が出来るようになると

目の前の世界は広がりますね(^^)

 

その楽しさは幼い子供でも分かります!!

 

 

4歳だからと親であるあなたの感情をぶつけるのではなく

あなたが思っていることを諭してみてください。

必ず理解して行動に移してくれますよ。

 

4歳から英語をすることは良いことばかり!!

 

4歳からでもいいので

英語教室に通わせようと考えているのであれば

出来るだけ早く習わせてあげてください!!

 

理由は社会に通用する英語を身に着けるためです。

 

小学校で英語を習った人と

幼児のころから英語に触れてきた人との

一番の違いは発音です。

 

幼児の頃って耳がとてもいいため

ちょっとした発音の違いでも4歳の子どもたちは

聞き分けることが出来ます。

 

でもこの能力は年齢が高くなるにつれて

使うのが難しくなって今うのです。

 

 

できるだけ耳が良い早いうちから

英語に触れることで外国に行っても

通用する発音を身に着けることが出来ますよ!!

 

小学生以降では書く力は身に付きますが

伝える力をつけるのはとても難しくなって今うのです。

 

 

英語を勉強するなら

理解してもらえる英語をしゃべれるようにならなければ

意味がありません!!

 

英語教室も書くのではなくたくさんお話が出来る

または良い発音の英語をたくさん聴けるお教室に

通わせてあげてくださいね(^^)

 

最近はCDもたくさん出ているので

そういうものを聞かせるのもいいかもしれません。

 

あなたにおすすめの記事↓↓

子供の英語力を伸ばすなら毎日触れるのが最も大切だった!?