5歳でひらがなを書けないのはやっぱりやばいですか??

 

 

子供が5歳になって、

ひらがなが書けない問題に気付きました。

 

 

あなたはこの事実に気付いて、

かなり不安を覚えているでしょう。

 

 

ここであなたに聞きたいのですが、

何で5歳の子供がひらがなが書けないのを

非常に不安になっているのでしょうか??

 

 

私の子供も5歳の時にひがなが書けないで、

私もかなり不安になったのを今でも覚えています。

 

 

その理由としては、

同い年の子供のお友達が、

難なくひらがなを書いている姿を見たからです。

 

 

「あれ??もしかして家の子って学力面で遅れている!?」

とすぐに理解することができました。

これに気付いた時は、

とにかく不安で不安で夜も安心して寝れなかったのです。

 

 

ゆっきー
ゆっきー
周りのお友達がひらがなが書けているのに、自分の子供は書けていないんだ。
もうとにかく焦ってばかりの毎日を過ごした記憶が今でも残っているよ。
それは確かに不安になるね。
自分の子供だけ遅れている事実を突きつけられると、自分の教育が悪かったのか!?
と否定された気持ちになるもんね。
お悩みママ
お悩みママ

 

 

さて、ここであなたに確認をしたいことがあります。

5歳になってもひらがなが書けないのは、

そこまで大きな問題になりますか??

 

 

小学1年生になってもひらがなが読めないのはもうやばすぎる!?

 

 

5歳になってもひらがなが書けないのは本当に問題ですか??

 

 

 

 

周囲のお友達がひらがなを書いていて、

自分の子供だけひらがなが書けていないのは、

親として不安になるのは仕方のないことです。

 

 

ですが5歳でひらがなが書けないでいるのは、

私の中ではそこまで問題ではないと思っています。

 

 

だってひらがなって小学生で習うじゃないですか!!

 

 

確かに早い段階から勉強ができていれば、

将来いいことがあると思います。

ですがあなたのお子様はまだまだ小さい子。

そんなに無理してまでやらせる必要はないと思っています。

 

 

しかもひらがなに関しては、

義務教育の中では小学1年生でやる内容ですよね。

ってことは5歳の段階でひらがなが書けないのは、

別に大きな問題になるとは考えにくいのです。

 

 

ゆっきー
ゆっきー
ひらがなを本格的に導入するのは小学生になってからだもんね♪
そっか~
ってことは急いでひらがなを勉強するのは少しだけ待った方がいいのかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
子供が意欲的にひらがなを勉強したいという意思を向けてきたらでいいと思うよ~
親が無理やり勉強させてしまうと、勉強嫌いになるリスクもあるからね。
勉強嫌いになる方がよっぽど怖いね。
子供の様子を伺ってから始めた方が良さそうだね!!
お悩みママ
お悩みママ

 

 

確かにひらがなが書けないのは、

親からすると不安です。

でもここは子供と一度勉強について話してみて、

子供の様子をしっかりと観察するといいでしょう。

 

 

ひらがなが書けないのは仕方がありません。でも読めないでいるのはまずいですか??

 

 

ひらがなが書けないのであれば、

もしかしたらあなたのお子様は、

ひらがなを読むことはできるかもしれません。

 

 

ひらがなが書けないで、

ひらがなを読む子は意外といますから。

 

 

なので今一度確かめて見てはいかがですか??

 

 

それでもし子供のひらがなの知識をチェックして、

読めないとなるとこれはこれで問題になるのでしょうか??

 

 

読めないのであれば読めるようにすればいいのです!!

 

 

中には

「ひらがなが読めないのは問題だよ~」

とおっしゃる人がいるのですが、

別にこれは教えればいいことなので、

そこまで不安になる必要はありません。

 

 

中学生になってひらがなが読めないのは問題ですが。

 

 

でもここで一度あなたに考えて欲しいのです。

ひらがなが読めないと、ひらがなを書くことは難しいですよね??

 

 

だったらまずはひらがなを読む練習をしたらいいのです。

そして最終的にひらがなを書く練習するといいでしょう。

 

 

ゆっきー
ゆっきー
ひらがなを書く練習よりも、まずはひらがなを読めるようにするのがいいかな??
じゃないと子供はひらがなの勉強で苦戦してしまうからね。
そうだよね!!
まずは段階を踏んでからひらがなの勉強をするのが一番効果的ってことだよね♪
お悩みママ
お悩みママ

 

 

ひらがなを書く前に遊びで絵を書く練習するといいかもしれません。

 

 

 

 

何でここで絵の話が出るのか??

あなたはかなり疑問を抱いているでしょう。

 

 

ひらがなを書く練習するってことは、

筆圧がある程度ないと書けません。

 

 

なのでひらがなを書く前には、

筆圧の練習の意味も込めて、

絵を描く遊びをするのをおすすめします。

 

 

筆圧がないとやっぱり鉛筆を持ってできることが、

本当に限られてしまうのです。

筆圧を鍛えるには絵を描く遊びがかなり効果的になります。

 

 

ひらがなが読めるようになって、ひらがなを書く練習に入っても、筆圧がないと意味がないよね~
そのために絵を描いて筆圧を鍛えていくんだね♪
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
そういうこと!!
筆圧を鍛えつつ、ひらがなの読む練習をしてみるとなおいいかもしれないね♪
しっかりと段階を踏んでひらがなの攻略を徹底的にしていきましょう!!

 

 

この記事のポイントを説明しますね。

 

 

  1. まずはひらがなを読めるように頑張ってみる
  2. ひらがなを読む練習している段階に、絵を描かせて筆圧の確認
  3. ひらがなが読めるようになれば本格的に書く練習を始める

 

 

大体こんな感じの流れになるでしょう。

それではひらがな攻略頑張ってくださいね♪