算数がとにかく苦手なら公文式がおすすめ??実際はどう??

 

 

子供の宿題をふとチェックしてみると、

子供が算数に対して非常に苦手意識を持っていた!!

 

 

まだまだ小学生なので、

苦手科目を意識して欲しくないというのが本音ですが、

やはり人間は得意不得意があるので、

苦手な科目が存在してしまうのはしょうがないですね…

 

 

さて、算数に対して苦手意識を持っているのですが、

とにかく子供の算数嫌いを払拭したい!!

きっとあなたは心の底からそう感じているでしょう。

 

 

ですが苦手なものってなかなか改善しません。

あなたが子供の頃を思い出してみてください。

きっと苦手な科目があったと思うのですよ…

 

 

その時のことを詳しく思い出してみると、

苦手な科目って本当に骨が折れる作業になってしまいますね。

 

 

でも「苦手だから勉強しない」というのは違います。

苦手だからこそ勉強をして欲しいんですよね。

 

 

このまま算数が苦手でいると、

近い将来、勉強の難易度は格段に増すので、

どんどん学力面で他のお子様との差が、

遠くなるくらい付いてしまう恐れがあります。

 

 

そんなことになってしまってからでは、

もう遅いのです。

 

 

小学生である今のうちに、

苦手である算数を徹底的に改善をして、

逆に得意科目にしてやろうではありませんか!!

きっとあなたも私と同じ考えのはずです。

 

 

苦手な科目のせいで、

学力の総合的な面を見てみるとダメになっているので、

苦手を得意にすれば成績の底上げだってできます。

むしろ苦手な科目があるってことはチャンスになるのですよ!!

 

 

じゃあ苦手な算数を一体どうやって改善すればいいのか??

問題は改善方法になるんですよね~

 

 

それで多分ですがあなたは苦手な科目については、

しっかりと勉強をすれば何とかなると感じているので、

塾を検討しているのではないでしょうか??

 

 

確かに塾ならば専門的な先生がしっかりと

苦手な科目に関して授業を行ってくれるので、

希望がかなり湧いてきますよね。

 

 

それで塾について調べてみると、

公文式はどうなのだろうか??

 

 

公文式ってテレビCMでも頻繁にやっているので、

ここなら任せてみてもいいのではないのか??

この記事で公文式に通うことで、

算数の苦手は払拭することができるのか??

についてまとめてみたいと思います!!

 

 

どんな塾でも言えることなのですが「子供との相性」が存在します。

↓ ↓ ↓

子供を公文に通わせたのですが合わない場合はどうすればいいですか??

 

 

公文式で算数の苦手意識は吹っ飛ぶのですか??

 

 

 

 

さて、子供を公文式に通わせる目的として、

算数の苦手を吹っ飛ばす

ことがあなたにとってメインになるでしょう。

 

 

もし仮に公文式に通うことで算数の苦手が無くなるのであれば、

これはもう本当に儲けものですよね~

 

 

でもそんなにうまいこと話は運んでくれるのでしょうか??

公文式について私は徹底的に調べたので、

是非とも以下を読み進めてみてください!!

 

 

もちろん公文式の先生は苦手な部分を教えてくれます

 

 

当然ですが公文式の先生は、

あなたのお子様の苦手な算数を

徹底的に見てくれることでしょう。

 

 

なのでまずはこの点については安心をして欲しいです。

ですが先生によって指導方法は100%異なるので、

この点だけはあなたもしっかりと見極める必要があります。

 

 

子供にとって本当にその教え方は正しいのか??

この点をあなたにはしっかりと注視して欲しいのです。

 

 

公文式はプリント学習がメインなので得意をさらに伸ばすならいいかも

 

 

公文式のお勉強方法って、

あなたも分かっていると思うのですが、

基本的にプリント学習がメインです。

何度も反復練習をして得意科目をどんどん伸ばす感じになります。

 

 

指導方法に関しては苦手な科目を改善するというより、

得意な科目をさらに伸ばしていく雰囲気がありますよね。

 

 

ここが公文式でいいのかどうかの分かれ道になります。

だって苦手な科目を改善したいのに、

得意な科目を伸ばしても仕方がないじゃないですか。

 

 

いや、得意な科目を伸ばすことはいいことですよ!!

ですが

あなたの目的である苦手な科目の克服

についてはちょっと力不足になるのではないでしょうか??

 

 

なのでここはあなたのお考えに任せるしかありません。

私の中では苦手な科目を克服することを目的にしているのであれば、

別の方法を用意してもらうことが賢明だと考えています。

 

 

計算以外の問題が苦手ならば公文式は非常に厳しい

 

 

実は公文式の算数って計算問題を主体としているのです。

仮にあなたのお子様が算数が苦手でして、

さらに計算問題が苦手なのであれば、

公文式がしっかりとサポートをしてくれるでしょう。

 

 

じゃあ逆に計算問題以外はどうなるのでしょうか??

計算門外以外とは図形問題などがありますね。

 

 

図形問題が苦手な場合は、

もしかしたら公文式以外の方法を検討すべきです。

いや、しっかりと公文式以外の方法を検討して、

塾のリスクヘッジをあなたはやるべきでしょう。

 

 

公文式には体験入学があるので、

これを徹底的に利用をして、

まずは子供の様子を伺うことが大切です!!

 

 

公文式って実はとんでもないくらい凄い!?

↓ ↓ ↓

子供を公文式に通わせることでかなり賢くなる可能性がある!?