やっぱり難しいの??赤ちゃんの知能を伸ばすためには??

 

赤ちゃんが生まれた瞬間って、

本当に最高の気分になりますよね!!

かわいすぎて仕方がない。

 

そして親としてしっかりとしていかないといけない

という自覚も同時に感じることでしょう。

 

赤ちゃんとどうやって接していけばいいのか、

また赤ちゃんの将来もしっかりと考えないと

などの様々な思いがあなたの頭の中に駆け巡りますね。

 

とにかく楽しみすぎて仕方がないという表現が正しいでしょう。

 

それで私は幼児教室で先生をしています。

早い子で生まれて6ヶ月くらいの時から、

幼児教室へ入塾するのです。

 

なんで生まれてまだ間もない6ヶ月の赤ちゃんが、

幼児教室へ親が連れてくるのでしょか??

 

あなたもピンときていると思うのですが、

赤ちゃんからしっかりと勉学を教えて、

頭のいい人になってもらいたい

と考えている親御さんが来るのです。

 

頭のいい人というのはちょっと漠然としていますね。

もっと詳細を述べますと、

立派な職について幸せな人生を歩んで欲しい

という親からの願いを込めて連れてくるのです。

 

やはり今の社会は学力が重視されているので、

幼少期から教育を徹底している人が多いのですよ。

 

それでこの記事を見ているあなたは、

「赤ちゃんの知能をしっかりと伸ばしていきたい!!」

と考えているでしょう。

 

私がたくさんの親御さんや幼児さんと関わってみて、

実際にどのような方法が効果的だったか

しっかりとこの記事で紹介したいと思います。

 

子供をさらに賢くしたいと考えているあなたは以下の記事から♪

↓ ↓ ↓

子供の頭を賢くするためには一体どうすれば??

 

赤ちゃんの知能を伸ばすために、一体どんなことをすればいいのか??

 

 

もしかしたらあなたは

「赤ちゃんってそもそも勉強をすることができるのか??」

という疑問を抱えていることでしょう。

 

確かにあなたのおっしゃる通りです。

だって赤ちゃんはいきなり日本語は話せませんから。

あなたもこの点は重々分かっているでしょう。

 

じゃあ一体どうやって赤ちゃんはお勉強をしていくのか??

この点がさらに疑問に感じますよね~

 

お母さんが行動することを赤ちゃんに語りかけるといいのです

 

一体筆者は何を言っているのだろうか??

とあなたは感じるかもしれません。

 

なのでちょっと分かりやすい例えで説明したいと思います。

 

あなたは赤ちゃんの食事タイムが始まる時に、

どんな感じに与えていますか??

多分ですが「今からご飯ですよ~」

って言って赤ちゃんに話しかけているでしょう。

 

あなたのこの行動だけで、

赤ちゃんがお勉強をしていることになるのですよ!!

 

赤ちゃんってあまり視力がよくないんですよ。

ちゃんと見えるようになるまでに、

まあまあの時間を要してしまうのです…

 

ですが赤ちゃんは逆に耳がいいんですよ!!

耳でかなりの情報を得ているので、

あなたの声によって赤ちゃんはどんどん

知能を蓄えていくのです。

 

ってことはあなたが何かを行動する度に、

赤ちゃんに

「○○するね~~」

みたいに語りかければいいのですね。

 

またここでのコツは、

赤ちゃんに語りかける際に、

しっかりと声に抑揚をつけていくといいでしょう。

かなりオーバーに表現してもいいですから。

 

絵本とかかなり効果的です!!

 

絵本は赤ちゃんにとっては、

非常に効果的なんですよ~

 

あなたもきっと分かっていることでしょう。

 

もちろんですが赤ちゃんは絵本を読むことができません。

なので絵本を読むのは絶対にあなたになることでしょう。

そう、これが非常にいいことなんですよね~

 

だって赤ちゃんはあなたの声を聞くことになるのですから。

 

あなたが意図的にいろんな絵本を読むことで、

赤ちゃんはその知識をどんどん吸収していくのです。

だったらしっかりと絵本を読んでいけばいいのですね。

 

あなたが何かをする度に声かけをするのもいいのですが、

これってやはりやる事にも限界があるので、

言葉の種類が少なくなってしまいます…

 

ですが絵本ならばいろんな言葉が出てくるので、

その分赤ちゃんの知識も伸びていくことでしょう。

 

赤ちゃんの体力をしっかりと考慮することも大切ですよ~

 

確かに一生懸命絵本を読むことは大切です。

ですが赤ちゃんにも体力というものがあります。

 

体力がないと赤ちゃんもなかなか集中して

絵本を聞くことができません。

多分ですが眠たくて泣いてしまうことでしょう…

 

なので赤ちゃんの体力を

しっかりと考慮して、

絵本の読み聞かせをするのがベストです。

 

赤ちゃんの体力ってかなり少ないので、

あなたの裁量が問われるのは間違いありません。

 

あまりやりすぎてしまって、

赤ちゃんに辛い思いをさせてしまうのは、

勉強とは言えませんからね。

 

そしてちょっとしたまとめに移りますね。

この記事で私が言いたいことは、

赤ちゃんの知識を伸ばしたいのであれば、

意図的に語りかけをするのが大切です。

 

たったのこれだけなので、

あなたも是非試してみてはいかがでしょうか??

 

早期教育って実は無駄だったりするのですか??まとめてみました。

↓ ↓ ↓

早期教育って本当に意味はあるのでしょうか??無駄になることは??