同い年の子供に比べて脳の発達が遅い気がする…親はどうするべき??

 

「何でうちの子だけ…」

同い年の子どもたちと勉強をしていると

能力の違いにびっくりすることがあります。

 

生まれた月も同じぐらいの

他の子どもはひらがなも読むのに

我が子は文字すら嫌がる。

 

もしかして他の子どもより

脳の発達が遅いの!?

 

学年によって子どもの成長の差が全く違う。

 

たくさんの子どもたちを見ていると

我が子との違いを実感することがたくさんありますね。

 

小さい頃は生まれた月によって

成長のスピードは全く違います。

 

0~1歳の学年なんて特にそうです。

 

4月5月あたりに生まれた子は

そこらじゅうを歩き回っているのに対して

12月や早生まれの子どもは

まだハイハイやつかまり立ちの練習中だったり。

 

子どもの成長って

びっくりするほど生まれた月に左右されます。

 

実際小学生の高学年になるぐらいまでは

差があって当然でしょう。

 

 

小さいころには大きな差があるように感じても

学年が上がるにつれてその差は必ず縮まっていきます。

 

逆に気にしすぎるほうが

子どもにとって良くありません。

 

言葉に出さなくても子どもたちは親が考えていることを

感じることがで自分は何もできないんだと

マイナスの感情を引き起こしてしまう可能性がとても高いです。

 

 

親であるあなたの思いによって

子どもたちの成長を左右しているといっても

過言ではないでしょう。

 

自分の子どもは、ほかの子に比べて脳の発達が遅い気がする…

 

同じ年で生まれた月が同じ子どもと接していると

我が子の脳の発達が他の子どもに比べて遅いのでは⁇

という気がすることがありますね。

 

他の子はこれができるのに

自分の子どもは全くできない。

 

他の子どもは自分のやるべきことを判断して

自分からやろうとするのに

自分の子どもは全くやろうとしないなど。

 

 

私が働いている幼児教室にも

こんな不安を抱えたお母様がたくさん

いらっしゃいます。

 

でもよく考えてみて下さい。

 

本当にあなたの子どもは

脳の発達が遅いのでしょうか⁇

 

 

確か他の子に比べて文字が読めていないかもしれません。

その分、図形や数字が他の子どもよりできていた。

という話もよくあります。

 

親というものはどうしても

子どものマイナス面が気になってしまうんですよね…

 

その気持ちはよくわかります。

 

でもいつまでもできないところ、苦手なところばかりを見ていては

本当に気づいてあげなければいけない上手にできる部分が

見えなくなってしまいますよ。

 

 

マイナス部分ばかり気にしていては

良い部分を見つけるのは難しくなってしまいます。

 

でもよい部分をたくさん見つけてあげると

今度はマイナスな部分は本当に些細なこと。

 

「まぁいずれできるようになればいいか」

という気持ちでみることができるようになるのです。

 

 

あなたはどちらの考え方がいいと思いますか⁇

 

 

もちろん後者ですよね。

子どもたちにはたくさんのいいところがあります。

 

どこか1つの苦手を見つけて

子どもに不安を感じたり、怒ってしまうと

こどもは嫌になってしまいます。

 

脳の発達が遅いと感じても、気にしないほうがいい!!

 

自分の子どもが他の子どもと違っても

脳の発達が遅いと感じたとしても

それは気にしないようにしましょう!!

 

それよりもいいところを

たくさん伸ばしてあげることを考えてください。

 

子どもたちにも

好きなこと・嫌いなことがあるのと同じように

得意なこと・不得意なことがあるのはもちろんです。

 

確かに不得意なことをほっとくのはよくはありませんが

それを気にするがゆえに得意なことができなくなってしまうのは

もったいないことです。

 

 

まずは得意なこと、好きなことをを伸ばしてあげましょう!!

そうすることで脳の最低レベルを

底上げすることができるのです。

 

脳のレベルが上がれば

自然と苦手なものをやるときの

理解力も上がっていきますよ♪

 

親が子育てを楽しんでこそ、子どもの脳は大きく発達する!!

 

あなたも親から育てられた経験があるので分かると思いますが

毎日怒られたり、心配されながら成長するのと

親が楽しく子育てをしていて毎日笑っているのは

どちらがいいですか⁇

 

 

もちろん楽しそうに笑ってくれているのが

いいですよね!!

 

我が子の脳の発達が遅い気がすると

ずっと悩んでいては子どもたちも辛いばかりです。

 

 

それよりもいつかできるようになる!!

我が子は他の子よりもいい子だ!!

 

とプラスになる言葉を考えたり

声をかけてあげることで子どもは安心して

大きくなることができますよ( *´艸`)

 

子育てできる時間は今だけ。

 

その大切な成長の時間を

ゆったりと楽しめたらいいですね♪

 

 

この記事は主観で書いているので

本当に我が子は他の子に比べて全く違うんだ。

という方は一度病院を受診してみることを

おすすめします。

 

気にしすぎている親御さんも多くいらっしゃいますが

障害を持っている子どもが増えているのも事実です。

 

 

障害があったとしたら

その子どもに合った成長の仕方があります。

 

子どもの成長に合った能力の伸ばし方をすれば

どのような子どもでも必ず良い導き方ができます!!

 

1人で悩まないということは

本当に大事ですね。

 

 

あなたにおすすめの記事↓↓

子どもにとって良い環境を作ることが、質の高い子育てになる!!