これはやばい!?反抗期のせいで物を壊す子供は要注意!?

 

反抗期はどのお子様にもやってきます。

ごくたまに反抗期が来ない子がいるらしいですが。

 

それでこの反抗期ってけっこう大変なんですよね。

いや、けっこう大変という表現は違うかもしれません。

親と子のお互いの精神がすり減ってしまうので、

場合によっては家庭内で一番大変でしょう。

 

この記事を見ているあなたも、

反抗期な子供に相当悩んでいるはずです。

 

子供がまるで肉食獣みたいな行動を取っているため、

もしかしたら手に負えない状況になっていると

感じている可能性もありますね。

 

だって子供がライオンのような肉食獣になっているのですから。

ここで私が言いたいことが、

子供が反抗になっているせいで、

物を壊すようなことをしている..

 

その場合の対処方法をあなたは知りたいでしょう。

物を壊す行動ってあなたも相当心配しますよね。

っというか子供に対して恐怖感を抱いてしまう…

そんな気持ちを抱えていることでしょう。

 

一体どうやって子供の反抗期による破壊衝動と

向き合っていけばいいのでしょうか??

 

この記事では

「子供の反抗期による物を壊す行為」

についてまとめたいと思います!!

 

破壊衝動以外の反抗期についてはこちら!!

↓ ↓ ↓

あまりにもひどい反抗期と向き合うには??

 

物を壊すような反抗期と向き合うためにはどうすればいいでしょうか??

 

 

反抗期中にキレてしまった子供は、

たまに物を壊す行為をしてしまいます…

 

これって本当に見ていて辛いですよね。

 

  • 本当に自分の子供なのだろうか
  • どこで育て方を間違ってしまったのだろうか
  • 将来暴力的な大人になってしまうのでは

 

などの不安な気持ちがあなたを襲うでしょう。

反抗期ってとっても大変なんですよね。

 

それでそんな反抗期を迎えた子供と、

親としてどういった対応をしていくべきなのか??

 

もし対応を間違えてしまうと、

物を壊すどころか、

あなたに攻撃的になる危険性だって考えられます。

 

ちょっと言い過ぎかもしれないのですが、

現に子供が親に対して暴力を振るうというのは、

別に特別なシチュエーションではありませんから。

 

親が子供に対しての接し方を変えるのが一番いいでしょう

 

子供が反抗してしまう理由って、

親に対してイライラしてしまうという理由があります。

 

なので親であるあなたが接し方を変えることで、

反抗期の度合いを変えることができるのです。

 

多分あなたも分かっているでしょう。

だって子供が親であるあなたに対して、

イライラしているのですから、

大人のあなたの対応方法を変えればいいのですね。

 

でもそんなコロコロ態度を変えてしまっていては、

子供から舐められてしまう危険性があるのではないのか、

という心配をしてしまいませんか??

 

確かにあなたの心配する気持ちは分かります。

だって子供のために子供がやりやすい変え方にすると、

「自分のわがままを何でも聞いてくれる親」

と認識する可能性がありますから。

 

ですがよくよく考えてみてください。

あなたのお子様は物を壊す習性です。

物を壊すことって進化すると、

人に対して暴力を振るう可能性があります。

 

そんなことになってしまっては、

あなたのお子様は将来暴力で、

やばいことになるかもしれません。

 

その点を考えると、

今の内に物を壊すという部分を修正させるのに、

親であるあなたの子供に対する態度を、

一度改めることが大切だと私は思うのです。

 

子供の態度が悪くても物を壊さないようにすれば、

だいぶ反抗期もマシになったとあなたは思いませんか??

 

何をやっても子供が物に当たる場合も考えられます

 

親がどんなに子供のためを思って、

苦渋の選択として子供に対する態度を変えても、

子供はめっちゃ物にあたる可能性があります。

 

あんまりこんなことを言ってはいけないのですが、

そんな場合はあなたのお子様は、

精神面で何かしらの問題を抱えている場合があるのですよ。

 

子供自身も、物にあたるのは悪いことって

認識しているのですが、

キレしまうと自分で自制をできない可能性があります。

 

もう暴走状態ですよね。

本能に任せてそのまま物を壊してしまう…

たまにですがそんな子もいらっしゃるのですよ。

 

そんな場合はあなたも辛いと思うのですが、

一度精神科へ行って診察することも

視野に入れておくべきでしょう。

 

あなたの子供のためです。

そう考えて精神化を選択肢として入れておくのも、

親がやるべきことだと思います。

 

精神科で地道に治療することで、

物を壊す反抗期を乗り越えた家庭もあるので、

本当に子供の反抗期に対して手がないと感じたら、

精神科で診察という選択肢も入れておきましょう。

 

反抗期を迎えている子供だってとっても辛いんですよね…

 

 

子供は物に当たりたくて、

物を攻撃しているわけではありません。

 

とにかくイライラしてしまって、

ついつい物に当たってしまうのですよ。

 

あなたもこの子供の行動については、

しっかりと認識していると思います。

 

この子供がついつい物に当たるという辛い行動を、

あなたも子供の立場になって考えることが大切です。

 

こんなことを言ってはなんですが、

あなたの辛い気持ちより、

あなたの反抗期を迎えているお子様の方が、

精神的にとっても辛い可能性があるのですよ。

 

あなたが辛いのも確かにそうなのですが、

あなたのお子様も同時に辛い思いをしていることを、

あなたには絶対に知っていて欲しいのです。

 

そうすることで、

あなたとお子さんの本当の絆を培えられますし、

子供の破壊衝動もある程度緩和する可能性がありますから。

 

子供の反抗期は破壊衝動と同様に、辛い悩みがあるのですよ…

↓ ↓ ↓

子供の反抗期がひどい!!約束を守らないのです…