子供がお受験をするのですが、ケアレスミスが目立って心配。

 

「ケアレスミス」という言葉は、

学生の時によく聞いたワードです。

 

私は小学校受験とかしたことがないのですが、

高校&大学受験に際に、

担任の先生から

ケアレスミスほどもったいないものはない!!

と口を酸っぱくして言われたことが今でも耳に残っています。

 

そもそもケアレスミスとは一体何なのか??

あなたも分かっていると思うのですが、

改めて確認をしますね。

 

ケアレスミスとは

その問題に対しての知識は十分にあるのに、

自分の不注意によって間違えてしまうこと。

 

もしテストでケアレスミスをしてしまうと、

せっかくテストの点数を稼げていたのに、

その点数が全くもらえないんですよね…

 

これほどもったいないものはありません。

しかも受験という大勝負でケアレスミスをすると、

合格から一歩遠ざかってしまうのですよ…

 

考えてみるだけで恐ろしいですよね。

ケアレスミスのせいで、

自分の将来が一歩遠のくのと同じなのですから。

 

だからこそケアレスミスを無くしたい!!

と考えている人が100%なんですよね~

 

それで私は幼児教室で先生をしています。

なのでお受験を控えている子供って、

けっこう多いんですよ。

 

その中で親御さんが悩んでいるのが、

ケアレスミス

になるのです。

 

たくさんの親御さんが、

とにかくケアレスミスを無くしたい!!

という強い気持ちを持っていて、

子供に徹底的に注意をしています。

 

ですがケアレスミスがなかなか無くならないんですよ…

親御さんたちはこのケアレスミスを何度も見かけ、

子供に対して最終的に怒るのです。

この気持ちは痛いほど分かります。

 

ですが怒るという気持ちを今一度抑えてほしいのです。

子供が何でケアレスミスをするのか、

しっかりと認識して対処をするのが

親としての勤めになるのです。

 

子供の勉強を見ているとどんどんイライラしてくるのです…

↓ ↓ ↓

もう限界!!子供のお勉強を見たくないのです。

 

お受験を控えている子供がケアレスミスをする原因とは??

 

 

そもそもあなたは何で、

ケアレスミスをしてしまうと思いますか??

 

原因さえ分かればいいのですが、

なかなか思い付きませんよね~

 

それで私はたくさんの幼児さんを見てきている中で、

あることを感じたのですよ。

 

親が無意識に子供に対して期待をしている。

これが子供のケアレスミスに繋がっているのではないのか??

 

お受験を控えている子供にまとわりつくプレッシャー

 

親が子供に期待をしてしまうと、

子供はその期待に答えようとします。

 

ですがこれが悪い方向へ向いてしまうのです…

その悪い方向というのがケアレスミスなんですよね。

 

絶対にお受験を成功させないといけない!!

子供にはこれを何となく感じ取っているので、

これがプレッシャーとなっているのです。

 

このプレッシャーによって、

子供がケアレスミスを誘発してしまうのですよ。

とにかく問題を解いて解いて解きまくって、

受験という壁を越えないといけないので、

注意力が散漫しているのです。

 

だから簡単な問題でも、

答えを間違えてしまうのですね…

 

子供に何度も模擬的なことをさせる!!

 

受験会場というのは、

かなりのプレッシャーを感じるのです。

 

だったらこれを想定した

模擬試験を行えばいいのですよ。

 

子供に受験会場という恐ろしい場所を

あらかじめイメージさせておくことで、

落ち着いてテストを受けさせるのです。

 

これを何度も何度も行って、

子供にプレッシャーを撃ち負かしてもらうのですよ。

 

私の幼児教室でも、

お受験に関して何かしらの対策を行っているのです。

子供がプレッシャーに負けないためにね。

これが意外といい結果をもたらしてくれるんですよ。

 

子供にお受験の感想を聞いても、

落ち着いてできた!!

という声が多いので、

受験会場を想定した模擬は、

絶対にやらせるべきなのです。

 

そうすればケアレスミスを大幅に減らすことができます!!