子供に本を読ます際に、高速で音読をさせて頭の回転を上げる!?

 

あなたは頭の回転の速い人間をどう思いますか??

きっと羨ましいまたはすごいなぁ~

って感じているのでは??

 

私の周囲の人に頭の回転が速い人がいるのですが、

もういろんな言葉が口からポンポン出てきますよ♪

何でそんなに言葉がすぐに出てくるの!?

って聞きたいくらいにね。

 

しかも話していても全く飽きないのも正直なところ。

というか惚れてしまいそうです(照)

 

それで会話を楽しんでいても面白さがあるのですが、

仕事の面でも最高のパフォーマンスをたたき出すのですよ。

 

すんごく頼もしい。

何か大きなトラブルがあっても、

その頭の回転が早い人が、

すぐさま対策を立てるので、

さらにトラブルに発展する可能性をたたき潰すのです。

 

なので私たちも安心して仕事ができているのですよ。

しかもその人はさらに立場の上の人間から頼りにされていて、

最近では昇給のお話も出てきているのです。

 

けっこう位の高い役職についていて、

さらに昇給するとなると収入も増えるでしょう。

ものすごく羨ましいです。

逆に嫉妬してしまいそうな感じもします(汗)

 

ちょっと話が逸れすぎましたね。

大変申し訳ありません。

 

私はとある幼児教室で働いています。

それで幼少期から通わせている親御さんもたくさんいまして、

親御さんの一部はこんな目的で教室に来ているのです。

 

「子供の頃からしっかり勉強させて、頭の回転が速い人間にしたのです!!」

 

ここまで具体的な目的を掲げている人は珍しい。

親が詳しい目的を持っているので、

子供もしっかりと付いていきやすいのです。

なので子供の成長も早い段階で見られそうで楽しみ♪

 

頭の回転を早めるためには、高速で音読をすればいいという話を耳にするのですが…

 

 

私はネットでちょっと調べてみたのです。

 

そしたら

「高速で音読をしたら頭の回転があがる」

という情報をたくさん目にしましたね。

 

先に結論を申すのですが、

これは正解です。

 

幼児教育でも高速でいろんなことをやらしています。

これの理由の一つとして、

頭の回転を上げる事を目的にしているのです!!

 

なのでお子様の頭の回転を上げたいならば、

しっかりと本で高速で音読をさせてください。

 

でも高速といったって、

ちょっと漠然としてる表現ですね。

どれくらいのスピードでやればいいのでしょうか??

 

子供ができるスピードでやらすことが大切!!

 

大切なのは子供ができるスピードで

音読をとことんやらすこと。

これだけで大丈夫です。

 

ですが親って子供に対して、

思っている以上に期待していまいます。

 

「もっと早く、もっともっと早く!!」

ってついつい急かしてしまいがちです。

 

でもこれは逆効果ですよ。

 

理由1・子供がとっても疲れてしまう

 

音読って頭で読む文字を理解しながら、

読んでいきます。

なので頭の中がとっても疲れるんですよね。

 

もしあなたが頭の疲れについて体感したいならば、

実際にやってみるといいですよ。

これが意外と疲れますから。

 

そしたら子供に対しても、

許容範囲内で音読をやらせることができます。

自分が実際にやって体験していますからね。

 

また無理に高速を意識してしまうと、

精神的疲労にも繋がる恐れがあります。

 

なので子供が限界と感じるちょっと手前までのスピードで、

高速音読練習をさせるとなおいいでしょう。

 

理由2・子供が本を読むことが嫌いになってしまう可能性

 

せっかく子供が高速音読をやっているのです。

ここでさらに音読について要求してしまうと、

子供は嫌気を指してしまい、

本を読むことにトラウマを抱える可能性があります。

 

そしたら子供が本をあまり読まない人間になってしまい、

ボキャブラリーが少ない子になってしまうのです。

これでは高速音読がデメリットになってしまいますね。

 

「子供がしっかりと頭の回転が速い人間になって欲しい」

という願いは一瞬にして消えてしまい、

あなたにとっては悲しい結末で終わるでしょう。

 

なので子供にとって適切なペースで

やらしてあげることが大切になります。

くれぐれもいきなり高望みだけはしないようにね。

 

あなたにおすすめしたい記事

↓ ↓ ↓

いけないことなの??子供が真似をする心理とは??

 

集中できる環境を整えることで、さらに頭の回転をあげる効果に期待できる!!

 

 

せっかく高速で音読をするのです。

できるだけ集中できる環境を整えましょう。

 

やはり極限に集中している状態で、

音読をやらしてあげることで、

スピードがどんどん上がる可能性が増えます。

 

さらに時間的効率もめっちゃいいので、

あなたがやるべきことは、

子供がしっかり集中できるように工夫することです。

 

高速で音読をするというスキルは子供が身につけるので、

あなたは環境という骨組みをしたらいいのですよ。

 

ずっと高速で音読をしているのは味気ないので、ちょっと工夫するのもあり!!

 

毎日、同じことを淡々と繰り返しているのは、

子供でもかなり辛い状況でしょう。

就職して同じ仕事を何年も続けているという例えが適切かな??

 

仕事に関しては工夫をするのは難しいですが、

高速音読ならば何かしらの工夫はできそうですね。

 

例えばですが、あなたとお子さんの高速音読を競ってみるとか。

他には子供が好きなマンガでやってみるとか。

 

考えてみるといろんな方法が浮かんでくるので、

工夫できそうなところがあれば、

徹底的に組み込んではいかがでしょうか??

 

高速音読で頭の回転をどんどん増やすことで、

あなたのお子様の周りの子達と

しっかりと差を付けることが可能です。

 

また子供が立派な大人になった時に、

頭の回転が速い人間はかなり好まれるので、

将来を心配する必要はあまりないと言えそうですね。

 

親として子供に習い事をさせないという選択肢はありですか??

親として子供に習い事をさせないという選択肢はありですか??

 

最近の子供たちって、

めっちゃ習い事をしている子が多いんですよね~

 

私は幼児教室で働いている身で、

たくさんの子供たちを見てきています。

 

それで大体の子供たちは複数の習い事をしているのです。

  • 水泳
  • バレエ
  • そろばん
  • ピアノ

など例を挙げたらキリがありません。

 

この記事を見ているあなたは

ちょっと不安に感じているのでは??

 

多分ですがあなたの子供の友達は、

いろんな習い事をしているのでしょう。

 

だからこそこの記事を見ているのですよね。

 

周りが習い事をしているから、

自分の子供にも習い事をさせないといけないのかな??

ってな感じな流れになっているのかもしれませんね。

 

ですが子供の気持ちを確認してみると、

子供「習い事はしないよ。」

っという風なニュアンスで返事をされたのでしょう。

 

なのであなたは

「そもそも習い事をさせないという選択肢はいいのかな?」

という結論に至ったのでは??

 

無理に習い事をさせる必要はない!!子供の意向をしっかりと理解することが吉

 

 

習い事って別に必須ではありません。

国民の義務にも含まれていませんので、

あなたは大きく悩む必要はありませんよ。

 

あなたのお子様の気持ちをしっかりと、くんでください。

これ、マジで重要ですよ~

 

多分ですがあなたも分かっているでしょう。

例えばですが、

子供が別に水泳をやりたくないのに、

水泳を無理やりさらせたとしましょう。

 

あなたのお子様は水泳が上手になると思いますか??

きっとあなたの答えはNOでしょう。

 

だって子供のやる気がないのですから。

しかも無理にやらすことで、

月謝代もバカになりません。

 

そんなお金があるのであれば、

少しでも子供においしいものを食べさせるのがいいでしょうね。

 

無理に習い事をさせられている子供は、情緒不安定…

 

無理に子供に習い事をさせるのは、

はっきり言ってデメリットしかありません。

 

私の教室に来ている生徒さんで、

たくさんの習い事をしている子がいます。

 

ですがその子って

常に疲れている様子なんですよ。

見ていて辛そうだなというのがひしひしと伝わります。

 

あと精神状態があまり芳しくありません(T_T)

とある勉強をさせていて教えていると

「もー、やりたくない!!」

っといきなり言い出すのです。

 

私の立場からすると、

プランを組み込んだ授業なので、

できるだけ教えたいのですが、

なかなか覚えることができないのですよ。

 

「疲れ」という状態から開放されなくて、

精神面でかなりの負担がかかっているのです。

 

子供の気持ちからすると、

「なんでここまで習い事をしないといけないのだろうか??」

という気持ちになっているのでしょう。

 

無理に習い事をさせるよりも、

やはり楽しいことが子供は大好きです。

そこを理解しているあなたは、

以下の記事を読んで欲しい!!

 

セリアで販売しているひらがなカードがすごい!?

ダイソーの積み木で楽しくお勉強ができるお話♪

 

子供が親を嫌うという悲し過ぎる結果を招くことも…

 

あなたに聞きたいことがあるのですが、

子供は親が大好き

親は子供が大好き

という点についてどうお考えですか??

きっと当たり前のことと感じるでしょう。

 

ですが非常に悲しいことに、

子供に無理に習い事をさせていると、

子供が親を嫌う

という結果を招く恐れがあるのです。

これほど悲しいことはないでしょう。

 

せっかくの家族なのに、

家族内で嫌いな人間が現れるのに、

子供にとってかなりの悪影響。

 

子供のためを思って、

たくさんの習い事をさせているのは、

親のエゴという表現がとっても適しています。

 

子供は親の所有物ではありませんから。

 

立派な大人にしたいという親の気持ちは

とっても大切なことですが、

空回りしてしまっているのでしょうね。

 

この空回りのせいで、

家族のあるべき姿が実現できない。

十分にあり得る話なので真剣に考えたいものです。

 

そしてあなたにさらに見て欲しい記事があります。

子供ってたくさんの経験をさせることが大切ですね。

そこでたくさんの経験という点について考えて欲しいのです!!

 

将来のことを考えて、子供に色々な経験をさせることは本当に大切??

 

習い事が子供の全てではありません。子供と向き合うことが大切!!

 

 

習い事って生きるためには、

別に必須なものではありません。

 

習い事はあくまで「スキル」に該当するものですから。

習い事をたくさんさせて、

スキルをしっかり増やすことはいいことです。

 

ですが人間というのはスキルも大切ですが、

人間性もめっちゃ大事なんですよね。

 

きっとあなたも人間性の重要性は理解しているでしょう。

スキルだけ磨いても、

人間性が欠けていたら、

社会人となった時には、

けっこう苦労する人生を送る羽目になります。

 

この人間性を磨くためには、

子供と親がしっかりと向きあうことが大切なのです!!

ちょっとベタな例えになるのですが「愛」ですよ。

 

子供があまり愛情を感じていないと、

とっても接し辛い子になってしまいます。

これでは社会に出たらやっていけないでしょうね。

 

一方しっかりと愛情を受け取っている子供って

笑顔が全く途絶えないのですよ。

 

あなたはどちらがいいですか??

  • スキルがある子だけど、人当たりが悪い
  • スキルはないけど、一緒にいるだけで楽しい

私は圧倒的に後者です。

 

人間って支えあって生きる生物ですよね。

なので一緒にいても楽しくない人間とは、

あまり一緒に過ごしたいとは感じないでしょう。

 

だからこそ子供に無理に習い事をさせるのは、

絶対にやらない方がいいのです。

 

子供が習い事に興味があるのであれば、

これはチャンスだと思ってやらせるといいでしょう。

 

周囲の人間にあまり影響されないように、

子供との接し方をしっかりと見つめることが、

最高の子育てだと私は考えています。