1歳半から勉強を始めたいのですが、何をすればいいのですか??

 

 

あなたは何で1歳半になった子供に、

お勉強をさせようとしているのですか??

 

 

あ、別にあなたを責めている訳ではありまんよ!!

きっとあなたには深い事情があって、

子供にお勉強をさせようとしているのでは??

 

 

私も子供が1歳くらいになった頃から、

お勉強を始めさせたことがあるのです。

 

 

理由としては

私自身学力が無かったから!!

 

 

お恥ずかしいお話になるのですが、

私は大学受験に失敗をしてしまったのです。

最終的にはけっこう下のランクの大学へいく羽目に。

そして大学生活では遊びまくって、

後悔することが圧倒的に多かったのですよ。

まぁ、これに関しては自業自得ですが。

 

 

でも失敗した私だからこれが言えるのです!!

勉強ができることで存することは全く無い!!

 

 

私の周囲には賢い人がちらほらいたのですが、

頭の悪い私連中はその人たちに尊敬の眼差しを

何度も送っていたのです。

しかも賢いから先生の信頼もかなり厚い。

 

 

私は何度も後悔をしたのです。

 

 

ゆっきー
ゆっきー
私も勉強ができたらいい大学へ行っていいところに就職ができたのだろうな~(後お金もじゃんじゃん稼げいたかも[心の声])
勉強ができることでメリットがとんでもないよね!!
私だってもし勉強ができていたらな~なんてことを今でも考えてしまうよ~
お悩みママ
お悩みママ

 

 

だからこそ子供に勉強をさせたい!!

1歳半から勉強をしていけば、

子供はどんどん学力を伸ばすのでは??

 

 

しかも1歳半なので

物事の吸収率は物凄いのもあなたは知っているでしょう。

 

 

私の年齢になってから勉強をしても

忘れることばかりだからなおさら分かりますよね。

学生の時は勉強をすれば

ある程度のことを覚えていたのに、

今では忘れるのですから。

 

 

ゆっきー
ゆっきー
学生の時は勉強すればちょっとは覚えれていたんだけどなぁ~
おばさんになった今は勉強してもすぐに忘れてしまうよ(TT)

 

 

さて、1歳半の子供にはどんな勉強をすればいいのでしょうか??

 

 

勉強ができない子供にめちゃくちゃイライラしてしまいます。

 

 

1歳半の勉強方法はかなり限られます。どのように進めていくべきか??

 

 

 

 

1歳半だからいろんなことを覚えそうですが、

果たしてどんな風に勉強を進めていけばいいのでしょうか??

これって本当に難しいんですよね。

 

 

だって1歳半ってできることが限られますから!!

 

 

あなたが話している言葉の内容を

完璧にまだまだ理解できませんよね。

しかも覚えている言葉も少ないです。

 

 

その少ない言葉の中から、

子供が理解できそうな言葉を選択して、

子供に勉強を教えないといけません。

 

 

そっか~
子供って覚えている言葉といってもごくわずかだもんね。
そのごくわずかな言葉を選択して理解させないといけないのかぁ~
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
自己流でお勉強を進めるのもいいんだけど、かなり四苦八苦するよ。
親も子供もずっと悩んでいる状態が続く可能性もあるからね。
気付けば勉強の「べ」の字すらできていない状態かな??

 

 

勉強を意識してしまったら、勉強にならない!?

 

 

私は子供に勉強を教えようとして、

なかなかうまい具合にいきませんでした。

 

 

何でうまく勉強ができなかったのでしょうか??

何度も言いますが子供ができる範囲は限られています。

 

 

その限られたお勉強の中で、

一体どうやってやっていいのか分かりませんよね。

私は手探りで勉強を進めていたのですが、

全く子供にとっては意味の分からないことになっていたのです。

 

 

ゆっきー
ゆっきー
まだ相手は小さな子供だから、どういう風に勉強を進めていいのか計画を立てないと訳が分からなくなるんだ。
そういうことかぁ~
でも計画を立てるにしてもどうやって立てたらいいのかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
計画の立て方なんだけど、はっきり言って全て子供次第になるよ~
子供の集中力やどんな言葉を覚えているのか??
などそういう点を考慮して計画を立てるといいよ♪

 

 

また無理に子供に勉強を共用するのはよくありません。

子供が勉強を嫌いになってしまいますから。

 

 

いかにして勉強が楽しいものなのか??

を意識しながら勉強を進めるといいでしょう。

 

 

でも私の場合は勉強を意識したあまりに、

勉強になっていなかったのです。

 

 

日常生活を活用して子供に徐々に物事を覚えてもらう!!

 

 

一番いいのは日常生活を利用することです。

日常生活を利用するって…

とあなたは疑問を抱えたかもしれません。

 

 

例えばですが子供にお菓子を与えます。

3つのキャンディーを渡す際に

なんて子供に声をかけますか??

 

 

多分ですが、

「キャンディーあげるから食べなさいね~」

などと子供に話すと思います。

 

 

確かにそのようにお話をするのはいいのですが、

これでは少しもったいないのです。

 

 

こうやって子供に声をかけてみるといいですよ。

「キャンディーあげるよ♪さて、何個あるかなぁ~」

という感じでやってみると、

子供は自然と数字を覚えていくのです!!

 

 

そういうことね!!
それなら子供も無理なく数字を覚えていけるね♪
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
私は勉強を意識してしまって、何をやればいいのやら…
と頭を何度も抱えたよ~
でも日常生活の中で工夫することで、子供に無理なく必要なことを教えられるからとってもいい方法だよ♪

子供が幼児教室の先生と相性が合わない場合はどうしたらいい??

 

 

子供の学力を伸ばすために、

幼児教室へ入れました。

 

 

子供は多分ですが普通に先生のお話を聞いて、

勉強をしているのですが、

少し違和感があるのです。

 

 

周囲の子供は楽しそうに勉強していますが、

我が子はあまり楽しそうにしていない??

 

 

これって一体何なのでしょうか??

自分の子供はもしかして

幼児教室の勉強が楽しくないのかな??

または周囲の環境に合わすのが苦手な可能性もあるのか??

 

 

などいろいろな不安が出てきました。

 

 

子供が授業を楽しそうに受けてないんだよね…
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
そうなんだ。
もしかして何か嫌なことがあったのかな??
っと言ってもそんな雰囲気でもないんだよね??
そうなんだよね~
先生も一生懸命に授業をしているから、子供の集中力がないのかな??
って思ってたこともあったんだ。
お悩みママ
お悩みママ

 

 

何で子供が先生の授業を

集中している感じがないのでしょうか??

 

 

私は少し気になったので、

子供にこんなことを聞いてみました。

 

 

私「先生のことは好き??」

子供「う~ん、分かんない!!」

 

 

ん??これはちょっとおかしいぞ!?

私の子供は基本的に人が好きなのです。

始めて会った人と楽しく話すのが長所ですから。

我が子ながら人当たりいいんだなぁ~

なんて感心していたこともありました。

 

 

ですが先生があまり好きではない可能性があるのです。

だって子供が私の質問に、

即答で「好きだよ!!」って言わなかったのですから。

 

 

私「先生と何かあったの??」

子供「そういうのは無かったよ。」

 

 

うん、なおさらおかしい感じが…

先生が何もしていないのに、

我が子が人のことを好きにならないのか。

 

 

私はあまりにも気になったので、

いろいろと調べてみることにしました。

先生に直接聞く訳にもいきませんからね。

 

 

それで調べているうちに、

少し気になる情報を目にしました。

 

 

先生と子供の相性が悪いのでは??

という話をネットではいろいろ書いてったのです。

 

 

私はここでピンときました。

先生と我が子の相性がもし悪かったら??

そんな想像をしてみると確かに合点がいきそうです。

 

 

なるほど!!
先生と子供の相性が関係すれば、あまり熱心に授業を受けてないのも納得できるかも。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
たまに担当の先生が休んで、代理の先生が授業をするんだけど、その時は子供が楽しそうに授業を受けていたんだよね~
担当の先生には申し訳ないんだけど、我が子と先生の相性が悪い可能性が一気に出てきたの(TT)

 

 

さて、このままでは、

子供が学力を伸ばす可能性は少ないです。

だって先生と我が子の相性が悪いのですから。

 

 

一体どうやってこの問題を乗り越えればいいのでしょうか??

 

 

子供の習い事の先生が嫌です。やめるべきでしょうか??

 

 

幼児教室の先生と我が子の相性が悪い場合の対処方法とは??

 

 

 

 

せっかく高い月謝を払っているのに、

子供が授業をあまり集中していないのはもったいないです。

 

 

そんなことを続けているくらいならば、

いっそのことやめる方がいいのでしょうか??

でも幼児教室は質の高い授業をしているので

やめる選択肢ももったいない感じもしますね。

 

 

ですが子供と先生の相性を何とかしないと、

子供の学力を伸ばすのは困難を極めます。

 

 

一体どうやってこの問題を対処すべきなのでしょうか??

 

 

幼児教室の室長に相談をしてみて対策を練ってくれるか??

 

 

まず思い付く対策方法は、

幼児教室の室長に相談するといいでしょうね。

 

 

ですが基本的に幼児教室って、

1年間のカリキュラムが決まっているので、

なかなか先生を変えるのは難しいのです。

 

 

あなたのお子様の年齢のクラスが複数あれば

希望を捨てたものではありませんが、

1つしかクラスがないとさらに難しい可能性があります。

あなたのお子様一人のために、

クラスをもう一つ追加することになりますから。

 

 

あまりこういうことを言ってはいけませんが、

あなたのお子様一人のために新しいクラスを開放して、

また先生を付けることになります。

教室側としてはあまり利益が取れないことになるのです。

 

 

だからこそ室長の判断になります。

 

 

室長が対応をしてくれないならば、別の幼児教室に通うべき

 

 

こればかりは穂等にしょうがないのです。

室長が対応をしてくれない可能性も十分にあります。

 

 

そんな場合は別の幼児教室に通うといいでしょう。

でもいきなり別の教室で入会するのは避けるといいですよ。

 

 

下見を込めて体験授業を受けて、

どんな先生がいらっしゃるのかチェックをしましょう!!

 

 

ゆっきー
ゆっきー
どんな先生がいるのか調べておかないと、また先生と我が子の相性問題で苦しむ可能性があるからね。
先生の雰囲気、声のトーン、話し方など目に付く部分はしっかりと観察するのがコツだよ♪

 

 

あとは教育方針をしっかりと見定めるといいですよ。

あなたはお子様を幼児教室に連れて行くくらい

教育に熱心になっているお方です。

 

 

なのであなたの教育方針と教室の方針が、

しっかりと合致しているのかも重要!!

 

 

この部分をチェックしておかないと、

あなたが教室側に不信感を抱いてしまいますから。

 

 

あなたとお子様の相性の2つをチェックしましょう!!

小学3年生の子供が全く勉強ができないのですが…

 

 

子供がスクスクと成長をして、

小学3年生になりました。

 

 

勉強もより一層難易度が上がることでしょう。

子供からの視点では新しいことをどんどん学ぶので、

勉強も同時に大変になりますからね。

 

 

さて、新しい勉強に進んでいくことで、

3年生になって勉強のつまづくお子様も

ちらほら出てきている印象です。

 

 

この記事を開いているあなたのお子様も、

お勉強にあまりついていけてない状態ではないでしょうか??

 

 

親からすると今までできていた勉強が

少しずつできなくなっているので、

不安な気持ちがどんどん押し寄せてきますね…

 

 

そしてつい最近、子供にテストがあって、

テスト返却がありました。

子供のテストの点数があまりにも下がっているので、

あなたはもしかしたら発狂をしたかもしれません。

 

 

一体何で子供の学力が下がってしまったのでしょうか??

上記でも簡単にお話をしたのですが、

改めて詳しく原因を探してみましょう!!

 

 

勉強ができない子供にとにかくイライラが募ります…

 

 

3年生が全く勉強ができない理由とはなんでしょうか??

 

 

 

 

1年生、2年生の時はしっかりと勉強ができていたのに、

何で3年生になると勉強ができなくなったのか??

全くもって意味が分からないですよね。

 

 

子供は今までスムーズに勉強ができていたのに、

一体何で勉強の成績が悪くなってしまったのでしょうか??

 

 

う~ん、本当に何で勉強ができなくなったんだろう??
親からしてみれば明らかにおかしいんだよね~
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
まさにその通りだね
3年生になって急に勉強ができなくなるって違和感しかないもんね。
もう心配で仕方がないよね(TT)

 

 

3年生になって勉強ができなくなる理由は、

いろいろとあって難しいのです。

原因を特定したいところですが、

様々な理由があるからこそ大変になります。

 

 

ですが様々ある理由の中から、

原因として割合が多いものを見つけてきたので、

是非ともご覧ください!!

 

 

急激に勉強の難易度が上がったと思っている

 

 

1年生、2年生の勉強はそこまで難しくなかったけど、

3年生のお勉強が子供にとっては難しくなっている。

もしかしたらそんな問題を抱えている可能性があります。

 

 

もし3年生の勉強の難易度が上がって、

子供の勉学が学校に追いついていないならば、

あなたが勉強の様子を伺うといいでしょう。

 

 

大人からすると3年生の勉強は、

まだまだ余裕で解けていけるはずです。

 

 

どの問題が解けないのか??

また何が原因で解けないのか??

などの理由を徹底的に解明するのが重要になります。

 

 

とっても地道な作業になるのですが、

何度もあなたが子供の勉強の様子を伺って、

苦手なところを徹底的に潰しましょう!!

 

 

3年生の勉強内容ならまだ大丈夫かも。
でも塾などの選択肢も入れてもいいんじゃないかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
塾に行かせても全然いいと思うよ♪
でも子供の意見をしっかりと聞いたうえで、子供の塾を検討するのがポイントだよ!!
無理に塾に行かせてしまうと勉強に嫌気を覚えたらいけないからね~

 

 

勉強に対して自分の考えを持ち始めた

 

 

勉強に対して自分の考えが芽生えた可能性があります。

これって一見すると非常にいいことなんです。

 

 

ですが悪い意味で勉強に違和感を持ったらどうしますか??

「悪い意味って…」とあなたは感じたかもしれません。

 

 

子供が勉強に対してこんな思いを抱いたらどうしますか??

「勉強って何のためにしているんだろう??もしかして意味がないんじゃないのかな??」

と考えていたらかなり危ない状態です。

 

 

子供の根本的な考えから、

勉強を遠ざける認識をしてしまいます。

これでは確かに勉強の成績が下がりますね。

 

 

勉強に違和感を持ってしまって、

勉強をしなくなる可能性がありますから。

 

 

そんな場合は子供と今一度話し合ってみるのが大切です。

子供がどうしてそんな考えをしてしまったのか、

あなたの目で見極めてもらって、

真剣に話し合いをする必要があります。

 

 

子供が勉強に違和感を持っているのかぁ~
これじゃあ確かに子供は勉強をしなくなるよね(TT)
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
勉強が嫌いだから勉強をしたくないならまだ分かるんだよね~
でも自分なりに勉強に対しての違和感を持っているから対処するのが本当に大変になると思う。
勉強の大切さを子供に納得させるのは至難の業だからね…

 

 

親と子供がギクシャクしている可能性

 

 

親子関係はどうですか??

もしかしたら余計なお世話かもしれませんね。

 

 

ですが親子関係が少しでもギクシャクしていると、

子供は常に親子関係を気にしてしまって、

勉強に身が入らない状態になっている可能性があるのです。

 

 

子供って考えがまだまだ甘いと思うのですが、

実は意外なところで気を遣っている場面があります。

 

 

なので子供が親子との関係のせいで、

勉強ができなくなっていることもあるのです。

 

 

あなたも非常に忙しい毎日を過ごしているでしょうが、

子供に対してしっかりと目を配るのもポイント。

意外と親子関係をきっちりと見直すことで、

子供の成績が元に戻った!!

という声もあるのであながち間違いではありませんよ♪

先行きが超不安。1年生の子供が算数が全くできないのです。

 

 

小学校に入学をして、

一定の期間が経ってテストがありました。

 

 

そしてテストの返却日に、

自分の子供がどれくらいの成績かを確認してみると、

「あれ??算数だけ悲惨なことになっているんだけど」

とあなたは絶句をしたでしょう。

 

 

子供に何で算数の点数だけ低いの??

と確認をしてみると、

「だって意味が分からないんだもん」

という返答をもらってしまった。

 

 

私の子供も算数が大が付くほど苦手でして、

算数の苦手克服にはかなりの時間を要しました。

はっきり言ってめちゃくちゃ大変でしたよ。

 

 

あまりにも苦手な科目だったためか、

算数のお勉強だけは集中力が皆無になっているのですから。

このままでは永遠と算数の成績は伸びないでしょうね。

 

 

ですが今では私の子供はある程度まで、

算数のお勉強ができるようになったのです。

ここでは私が実際に子供の算数嫌いを克服するために

どんなことをやってきたのかについて

徹底的にまとめていきたいと思います!!

 

 

算数がとにかく苦手ならば公文式がおすすめ??

 

 

算数ができない1年生はどうすれば??手遅れではないよね??

 

 

 

 

まだまだ1年生なのに算数ができていないとなると、

親のあなたはたまったもんではありませんね…

1年生の内容って基礎中の基礎。

2年生になったら1年生の内容もバンバン使うので、

永遠と算数ができない子供になってしまうかもしれません。

 

 

今のうちに算数嫌いに終止符を打っておきたいんだけど。
このままでは算数の成績だけがマズイことになりそう…
算数だけリアルのび太君ができあがってしまいそうだよ~
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
さすがに算数嫌いに終止符は難しいかも。
算数の楽しさを根本的に教えないといけないからね~
そもそも子供は算数に苦手意識をもっているから、どうやってその苦手意識を付き合っていくかが重要じゃないかな??
まぁ、嫌いから好きになれば一番理想的だけどね。
そっか~
無理に算数を勉強させると、もっと算数が嫌いになってしまったら元も子もないからね。
ここは子供が算数が「嫌い」と親はしっかりと認識をして、勉強を進めていくことが大切になるんだね。
お悩みママ
お悩みママ

 

 

ですが嫌いなままで放置をしていると、

子供は自ら算数の勉強に取り掛からないでしょう。

ってことは算数のせいで足を引っ張ってしまって、

永遠と総合成績が伸び悩むことも容易に想像できますね。

 

 

じゃあ一体どうやって子供の算数の成績を

ある程度上げることができるのでしょうか??

 

 

算数を教えるには理屈を子供に理解させる!!

 

 

もしかしたらあなたも分かっているかもしれませんが、

算数は基本的に理屈で解いていく内容です。

算数で暗記をするのは公式くらいかなぁ~

無駄に暗記をさせてしまうと、

頭の中の容量を無駄にしてしまう可能性がありますからね。

 

 

さて、理屈を教えるにしても、

一体どうやって理屈を教えていくのでしょうか??

 

 

分かりやすい問題集を買うとか??

などの選択肢が浮かんできそうですね。

 

 

確かに算数が苦手な子供に理屈を教えるために、

簡単な問題集を使うというのも一つの手です。

 

 

ですが問題集を買うということは、

子供が算数を勉強する時間がどんどん増えますね。

算数の勉強時間が増えると、

子供が嫌いな算数を接する機会が増えるのです。

 

 

別にこれはいいことだとは思うのですが、

さらに算数が嫌いになってしまう可能性があります。

どんどん嫌いになれば伸びるはずだった点数が伸びない

ってことも十分に考えられるのです。

 

 

でもそんなことを言ってしまうと、

永遠と算数の勉強にあり付けない問題が…

 

 

ここで私がおすすめしたいのは、

新しい問題集を購入するのではなくて、

学校の教科書を徹底的に利用をすればいいのです!!

 

 

もしあなたに今お時間があるのでしたら、

学校の教科書を開いてみてください。

懇切丁寧に解説をしていて、

さらには「何でそうなるのか??」という理屈が

こと細かく書いてあるので非常に素晴らしいのです。

 

 

あなたがしっかりと問題の内容を把握して、

子供に分かりやすく噛み砕けばいいのですよ。

中には算数の公式の作り方の説明も書いてありますから。

 

 

実は国語も子供があまりできていない可能性があるのでは??

 

 

何で算数の話をしているのに、

国語の話になるの!?

っとあなたは違和感を持ったことでしょう。

確かにあなたの違和感は当然のことです。

 

 

でもよくよく考えてみると、

算数には文章問題

が当たり前のように出題をしています。

 

 

ここであなたに聞きたいことがあるのですが、

文章問題を解くコツって何だと思いますか??

 

 

計算力ですか??

いいえ、文章問題を解くためには、

確かに計算力が必要ですが、

これはとあることをしてから計算ですよね。

 

 

そうなんです。

文章の内容を完璧に把握をしているのか??

というのがかなり大きなポイントです。

 

 

文章の内容が全く分かっていないのに、

計算力を使うところまで導けませんよね??

 

 

だからこそ算数の文章問題を攻略するには、

国語の力が必要になる訳です。

 

 

計算力を徹底的に磨いていくのもいいのですが、

国語もしっかりと勉強をして、

文章問題を解けるようにするのも算数の大切なところですね。

 

 

国語と理屈をしっかりと重点を置いて勉強することで、

算数の力はメキメキと伸びるでしょう。

果たして幼児教室に通わす意味はあるのでしょうか??

 

 

幼児教室へ通わせるか通わせないか…

ネットで真偽を求めるために調べていると、

どちらの意見もしっかりとしているため、

あなたはかなり悩んでいると思います。

 

 

幼児教育って非常に魅力的に感じるのですが、

いい点や悪い点を秘めているのは事実です。

これらの点については、

ネットで調べてみるといろいろと出てくるので、

お時間がある時に調べてみるといいでしょう。

 

 

さて、あなたはかなり幼児教室について

悩んでいると思います。

じゃないとこの記事を開くことはありませんからね。

 

 

子供を幼児教室へ通わそうか考えたんだけど、いろいろと調べてみると何が正しいのかどうかが分からなくなったよ(TT)
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
ネットの意見を調べていると、賛成派や反対派の意見のどちらも納得できるからこそ悩んでしまうよね。
一体どっちが正解かなんて本当に分からなくなってしまっちゃうね。

 

 

幼児教室へ行かせるべきか行かせないべきか…

そもそも必要か不要かも訳が分からなくなりますね。

 

 

もし仮に幼児教室へ通わせたとして、

全く効果が無かったら時間を圧倒的に

無駄にしたことになります。

そもそも幼児教室って本当にお金がかかってしまうので、

金銭的リスクがあるのも事実です。

そういう点を含めてみても、

幼児教室の意味をしっかりと考えないといけません!!

 

 

幼児教室のメリットを考えてみると非常に魅力的なんだけど、もし何も効果が無かった場合を想像してみると、それはそれで怖くなってしまうね(TT)
お悩みママ
お悩みママ

 

 

この記事で幼児教室へ通わせる意味について、

徹底的にまとめたいと思います。

是非とも続きを読んでみてくださいね♪

 

 

せっかく幼児教室へ通わせているのに、子供の落ち着きがないのは大問題!?

 

 

子供を幼児教室へ通わせるのは必要??それとも不要??

 

 

 

 

果たして子供を幼児教室へ通わせる意味は、

本当にあるのかどうかが分かりませんね。

 

 

幼児教室へ通わせる意味を考えるのであれば、

やはり一度幼児教室へ通わせてみるのが、

一番目に見えて分かるのではないでしょうか??

 

 

幼児教室への意味を考えるのであれば、

理屈うんぬんを検討するよりも、

実際に通わせて様子を見る方が、

あなたやあなたのお子様が体感できると思います。

 

 

幼児教室に通わせるべきかダメなのかは、

決まった答えがないからこそ、

体験をして検討するのが手っ取り早いのです。

 

 

もしかしたら幼児教室へ通わせても

無駄になる可能性だってありえます。

ですがそこで得た情報を

あなたなりに有効活用をして、

あなたのモヤモヤを晴らすきっかけにもなるでしょう。

 

 

実際に通ってみないと分からない部分が多いからこそ、悩んだら一度行ってみるべきってことかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
うん、そうなるね。
幼児教室には体験学習があるから徹底的に利用してみるといいよ♪
そして子供の反応をしっかりと観察をして、最終的に判断をするのも一つの手だよ^^

 

 

幼児教室へいかせるかどうかを永遠と悩んでも、

あなたの中ではかなりストレスになりますから。

 

 

悩んでばかりだと、精神的に疲れてしまうもんね~
しかも教育のことばかりを考えてしまうから、家のことなどを忘れてしまう可能性もあるから、悩むのはあまりいいことはないね。
お悩みママ
お悩みママ

 

 

さて、ここからは子供を幼児教室へ

通わせた場合のお話をしていきたいと思います。

 

 

幼児教室へ通わせて、勉強をしっかりとやらせればいい??

 

 

幼児教室は勉強をするところです。

子供の成長を促すのを重点的にしているのが、

幼児教室の一番のメリットと言えるでしょう。

 

 

それで子供が勉強をしっかりとできれば、

それはそれでいいとあなたは思いますか??

もしかしたら私がそんな言い方をしているので、

あなたは勉強さえできれば問題ないさ♪

って感じているかもしれません。

 

 

私はそこまで賢い人ではないから、子供にはしっかりと勉学ができているといいな~
しかも勉強ができたら将来が非常に楽しみになるから、幼児教室へ通わしてみてもいいかも??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
確かに勉強はできる方がしっかりと評価されるからできた方がいいよね。
でもね、勉強以外のことも合わせてできるようになってこそ、人間の真価を発揮すると思うんだ~

 

 

確かにお勉強ができた方が、

後ほど圧倒的に優位に立てると思います。

 

 

ですが親が教育ばかりに専念しているせいで、

何か大切なものを忘れてしまっていることもあるのです。

 

 

もしかしたらあなたはピンときているかもしれませんね。

勉強ばかりを子供にさせて、

子供のしつけを疎かにしていることもあります。

 

 

教育に専念をしているご家庭の中で、

しつけを疎かにする場合って意外と多いらしいのですよ。

 

 

しつけのなってないお子様は、

社会性に問題が発生してしまうので、

勉強ができるという強みがかすんでしまうこともあるのです。

これではさすがに勿体無さすぎます。

 

 

せっかく勉強というかなりの強い武器を手に入れたのに、

全く生かせていないと何のために勉強をしてきたのか…

 

 

なので幼児教室へ通わして徹底的に勉強をするのもいいのですが、

お子様のしつけも合わせて行っていきたいところですね。

もしかしてやばい??4歳になってもひらがなが読めないのです。

 

 

今では幼少期からの早期教育が、

かなり流行っている印象ですね。

 

 

もしかしたらあなたの周りのお子様も、

しっかりとお勉強をしていて、

学力的に賢いお子様が多いのかもしれません。

 

 

ですが自分の子供は4歳になっても、

ひらがなを読むことができないのです。

このままでは本当にやばいのでは??

とあなたはかなり悲観的になっているのではないですか??

 

 

ゆっきー
ゆっきー
私の子供も4歳の段階ではひらがなが読めなかったんだ。
でもママ友の子供は大体ひらがなをスラスラと読んでいたので、私はもう不安で仕方がなかったね。
そうなんだ、それなら確かに不安になっちゃうよね。
子供が将来成長した段階で、学力的にダメだったらと想像すると今からでもお勉強を開始しないと!!
っと無意識に感じちゃうもん。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
そうなんだよね~
周りの子供たちはすでにひらがなを読めるようになっているから、自分の子供は勉強では置いていかれるのではないのかな??
と毎日不安になっていたのを今でも鮮明に覚えているよ。

 

 

周りの子供たちは難なくひらがなを読んでいるのに、

自分の子供はひらがなが全く読めていない。

確かにこの状況は不安になってしまいますよね。

 

 

なので周りの子供たちのペースに合わすために、

今すぐにでもひらがなを教えたいと

あなたは考えているのではないでしょうか??

私も過去にはそのような思いをしたので、

あなたのお気持ちは痛いほど理解できます。

 

 

ですがここであなたに言いたい事があります。

あなたのお子様はひらがなに興味を持っていますか??

これは非常に重要なので、

今すぐにでもお子様に確認をしてみてください。

 

 

どうやって確認をするのか??

「ひらがなを読んでみたい??」

的な感じでもいいので聞いて欲しいのです。

 

 

何で私はこんなことをあなたに聞いているのか??

子供がひらがなに興味を持っていないと、

勉強をしてもあまりいい意味にはなりませんから。

 

 

嫌いなものを無理やりやらせても、

子供からするととにかく苦痛で仕方がありません。

しかも勉学というものに対して、

最終的に嫌悪感を抱いてしまう恐れがありますから。

 

 

確かにあなたの焦る気持ちは分かります。

ですがここで博打みたいに子供に無理やりやらせて、

将来勉強が嫌いな子供になっては、

ひらがなが今の段階で読めないことより、

圧倒的に怖いと思いませんか??

 

 

ゆっきー
ゆっきー
子供に無理やりひらがなを教えて勉強が嫌いになるのは親からしてみると嫌だよね。
子供のペースをとにかく最優先することがとっても大切なことだけは忘れないで欲しいな♪
なるほどね。
子供がやりたいと言ったらやらせる方が、子供からしてみるといいもんね~
お悩みママ
お悩みママ

 

 

もしあなたのお子様がひらがなに

少しでも興味を持っているのであれば、

この記事を是非とも読み進めてください!!

 

 

またもしあなたが子供が勉強をしないから

イライラしているのであれば、

以下の記事を見て欲しいです

 

 

年長になった子供があまりにも勉強をしないのでイライラが爆発しました。

 

 

ひらがなに興味を持っている子供にどうやって教えていけばいいのですか??

 

 

 

 

せっかく子供がひらがなに興味を持っているので、

効果的&効率的に進めていきたいですよね。

 

 

勉強の方法はいろいろあるのですが、

間違った方法でお勉強をしてしまうと、

子供が勉強を嫌いになってしまう可能性があります。

これだけは絶対に避けていきたい方法ですね。

 

 

また間違った方法で、子供に変な勘違いをして欲しくはないからね~
子供の解釈と親の解釈は異なるので、意思疎通を意識した勉強が大切になるのかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
確かにそれもそうだね。
一番意識をして欲しいのは、子供のペースで進めていくことかな。
親はひらがなに付いて全部知っているから、ついつい親のペースで進めてしまう可能性もあるからこれは避けていきたい方法でもあるよ。

 

 

じゃあ一体どんな方法で、

子供にひらがなを教えていけばいいのでしょうか??

 

 

1つ1つ丁寧に教えることを何よりも心がける!!

 

 

ひらがなって読めて書けてができたら、

ひらがなを把握していると言えますね。

 

 

なのでひらがなを勉強するにあたり、

読む練習と書く練習を

同時並行で行っていくのが、

一番効率的だと思いませんか??

 

 

確かに効率面では一番いいとは感じるのですが、

これでは子供が混乱してしまう恐れがあるのです。

というか子供の負担がかなり大きくなってしまいます。

 

 

子供からするとひらがなの勉強は初めてのこと。

なので読みと書くを同時に勉強をしてしまうと、

子供からすると何が何だか訳が分からない状態に陥ります。

 

 

ってことでまずは読む練習から始めましょう。

ひらがなを読むことができないと、

書くことはかなり困難を極めてしまいますから。

 

 

ここでコツがあるのですが、

1語ずつ教えるのは当然なのですが、

その覚えたひらがなで使うものを

一緒に覚えると子供の頭の中で紐付けができます。

 

 

例えばですが「い」というひらがなを覚えたら、

「いす」「いくら」などの言葉を

例題として教えてみるのです。

 

 

子供の頭はかなり柔軟なので、

一緒に覚えることでさらに勉強の楽しさを

覚えていくことでしょう。

 

 

セリアのひらがなカードはかなり効果的な勉強だった!?

子供が全く宿題をしないので怒鳴る日々が続いてます。

 

 

子供が小学生になり、

勉強が本格的に始まりましたね。

 

 

そして学校から帰ると、

これからは宿題が付いてくると思います。

ですが子供は宿題をせずに遊びに行ってばっかり。

先生から出された宿題を放ったらかしにするのは一体何事なのか!?

学校は遊びに行っているだけのところなのだろうか??

一度子供の脳ミソの中身を見てみたいくらいですね…

 

 

私の子供なんて学校から帰ったら10秒くらいですぐに家を出るんだよね。
ただいま~からの行ってきま~すのスパンがあまりにも短すぎるの。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
あらあら、それは本当に大変だね。
学校から帰って宿題をしないで即効遊びに行っているんだね。
親がイライラしてしまうのも仕方のないことだね…

 

 

さて、学校から帰った子供に宿題をさせたいのですが、

子供がなかなか言う事を聞いてくれない。

最近では子供が宿題をやらない理由を、

どんどん模索している雰囲気もあります。

 

 

宿題をやらない理由を探すのだったら、

今すぐにでも宿題をやればいいのに…

とも思っちゃいますよね。

 

 

それで子供があまりにも宿題をしないので、

あなたもそろそろしびれを切らし始めたことでしょう。

しびれを切らしてしまって、

「宿題をやりなさい!!」

と怒鳴ってしまう生活が始まったと思います。

 

 

そして子供が萎縮してしまって、

しぶしぶ宿題を始めることになりました。

子供の萎縮具合を見てみると、

あたかも親が悪い的な雰囲気になっているのです。

 

 

いやいや、宿題をしない子供が圧倒的に悪いでしょ!!

っと思いたいところですが、

子供が親のせいにしている可能性も否定できません。

宿題を通して親子関係が悪化するのは流石に避けたいですね。

 

 

しかもあなたは怒鳴る毎日となっているので、

そろそろ精神的にも疲れを覚えているはずです。

一体この問題はどうやって対処をしていけばいいのでしょうか??

 

 

小学生になった子供が宿題をしない。やる子とやらない子の決定的な違いとは??

 

 

子供が宿題をしない理由とは??この問題は簡単に対処ができる!?

 

 

 

 

あなたは何で子供が宿題をしないか

一度考えたことはありますか??

多分ですがたまに考えることもあったでしょう。

 

 

私の子供もなかなか宿題をしなかった子供であったので、

一度真剣に聞いてみたことがあるのです。

そしたらなかなか深い疑問を持っていました。

 

 

宿題をする意味って何なの??

 

 

私の子供が持っていた疑問はこれです。

何で宿題をしないといけないのか??

っというかそもそも何で勉強をしないといけないのか??

と繋がる疑問になるのです。

 

 

さて、あなたなら何て子供に答えますか??

きっと学校で習った勉強を復習するためだ!!

とお答えになるはずです。

 

 

あなたのおっしゃる通り!!

私の子供は宿題をする意味が分かっていなかったので、

学校で習ったお勉強の復習をするためだよ。

っと答えたらすんなりと受け入れてくれたのです。

 

 

子供からすると宿題をする意味が全く分かっていない場合があります。

一度あなたのお子様に聞いてみてはいかがでしょうか??

宿題をする理由をいまいち分かっていない可能性がありますから。

その疑問を解消すると宿題をやるかもしれませんよ♪

 

 

子供が自ら宿題を始めたら、

あなたがいちいち怒鳴る必要性も無くなりますから、

平和な日常が戻ってくることでしょう。

 

 

子供がイヤイヤ期を発動!!ついつい怒ってしまいます。

小学一年生になった子供が宿題をしないのでイライラが最高潮に。

 

 

子供もようやく小学1年生になった。

これからはお勉強が本格化してくるので、

親もより一層気を引き締めて、

教育を頑張っていくことでしょう。

 

 

きっとあなたも小学1年生になった子供を見て、

真剣に教育と向き合うことを考えているから、

この記事を見ていると私は思っています。

 

 

さて、小学1年生になると勉強をやるのは当然ですが、

1日の終わりに宿題が絶対に出されることでしょう。

この宿題を全くもって子供がやろうとしない。

っというか学校から家へ帰ってきたら、

速攻遊びに行くことがしばしば。

 

 

「ただいまぁ~、(3秒後に)行ってきま~す!!」

こんなこともたまにあるのではないでしょうか??

 

 

元気が有り余って、遊びに行くのはいいことですが、

ちゃんと宿題をやってから遊びに行って欲しい。

こんなことを思うのは至極当然のことです。

 

 

辛いことを先にやって、

そのご褒美に遊びに行くのでしたら、

親からしても全く文句はありませんから。

 

 

子供が全く宿題をしないんだよね~
このまま宿題をしないで学校の先生に怒られてしまって、最終的に面談の時に先生から私に厳重な注意が入りそうで怖いなぁ~
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
そうだよね~
本当に面談の時は怖すぎて学校に行きたくなくなる。
宿題もそうなんだけど、学校での生活面でもめっちゃ注意されそう…

 

 

さて、ここからが問題なのですが、

全く宿題をしない子供を何とかしたい!!

きっとあなたはそんな思いを抱えているでしょう。

 

 

しかも宿題をしない子供を見て、

あなたは常にイライラしていうと思うのですよ。

 

 

イライラをするのは本当にしょうがないことなのですが、

子供へイライラを向けてしまうと、

子供にとっては悪影響しかないので、

ここはあなたが踏ん張る時となっています。

 

 

育児ストレスやイライラのせいで、子供に酷いことをしてしまう…

 

 

イライラしてはダメ!!小学1年生が宿題をしない問題をどう対処する??

 

 

 

 

一体宿題を全くしてくれない

問題の1年生はどうしたらいいのでしょうか??

本当に宿題だけはして欲しいですよね。

 

 

あなたも譲歩をしていると思うのですが、

当たり前のことだけは当たり前にこなして欲しい。

あなたが思っていることはごもっともです。

 

 

そんなあなたのちょっとした願いも、

子供は流れるように遊びに行ってしまいます。

もう手はないんじゃないのか??

と感じてしまいそうですがちょっと待ってください!!

 

 

私も小学1年生の子供がいて、

宿題を全くしない子供だったのですが、

今ではちゃんとやっているのです。

 

 

私が実際に試して見て効果的な方法を

この記事で徹底的にまとめたいと思います♪

 

 

宿題をするためのルールをまずは制定する

 

 

宿題をするルールと言われても…

きっとあなたはそう思っていることでしょう。

 

 

ですが宿題にルールを設けることで、

子供って面白いことに意外とやるんですよ~

 

 

じゃあどんなルールがいいのでしょうか??

私があなたにおすすめしたいのは、

宿題を始める時間を制定することです。

 

 

初めのうちは子供はブーブーと文句を垂れながらするのですが、

これが慣れてくると意外とすんなりとやります。

もしかしたらあなたは私が言っていることを、

あまり信用をしていないかもしれません。

 

 

これを証明するためにはあなたに

実際に試してもらうしかないので、

是非とも騙されたと思って、

やってみてください♪

 

 

親が監視をしてはいけない!!一緒にやる気持ちを持つことが大切

 

 

宿題をやって欲しいからと言って、

親が監視をすることもあるかと思います。

ですが監視をしているだけでは、

子供は宿題をするのですが身に付くことはないのです。

 

 

理由としては、

子供はあなたのために宿題をしている感じになっているから。

 

 

これじゃあ子供が宿題をしている意味がありません。

何のために宿題をしているのか??

という点を子供に勘違いをさせたらダメなのです。

 

 

方法としてはあなたが一緒になって、

子供と楽しそうに宿題をすることがポイント。

宿題を通して勉強の楽しさを自分なりに解釈をするので、

是非ともあなたが一緒になって、

お子様と宿題に取り掛かって欲しいのです。

 

 

そういうことかぁ~
私は子供が宿題をしているのか監視をしていたんだけど、子供からすると私のことを鬼ばばのように感じていたかもしれないね。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
ついつい宿題をしているか監視をしたくなるんだけど、監視のついでに子供と一緒に宿題をする気持ちでやってみるといいよ♪

 

 

一向に宿題をしないなら、アメとムチ戦法で子供に宿題をさせる

 

 

それでも宿題をしない子供はしません。

これは本当に親からしてみると悲しいですよね。

 

 

じゃあそこまで来たら諦めるしかないのか??

いいえ、そんなことはないので安心してください。

ですがちょっと粗い治療的な感じになるのは確かです。

 

 

一番いい方法としては、

子供にアメをぶら下げることになります。

 

 

私の子供はスナック菓子が大好きだったので、

宿題をちゃんとこなせば、

スナック菓子が手に入るぞ~

的な感じで子供に宿題をさせていたのです。

 

 

ですがこれを毎回やっていると、

自ら宿題をしなくなる恐れがあるので、

頻繁にやるのはおすすめできません。

おやつを用意するにしても、

しっかりと線引きを考えた上で、

子供に宿題をさせるのがコツです!!

 

 

1年生になった娘にあまりにもイライラしてしまうのです…

詰め込み教育はいけないの??思考力が低下してしまう??

 

 

この記事を見ているあなたは、

子供の教育についてかなり考えているのでしょう。

詰め込み教育という言葉は

一般的にはあまり使わないので、

あなたは真剣に教育を考えていると思います。

 

 

さて、そもそも詰め込み教育とは何でしょうか??

あなたはもう分かっているかもしれませんが、

今一度確認をさせてください!!

 

 

詰め込み教育とは

詰め込み教育とは暗記物を徹底的にやらせて、知識の幅をどんどん増やしていく教育方針。

簡単に言えば物をどんどん何でもいいので覚えてやっていこうというイメージ。

 

 

詰め込み教育は暗記物を徹底的にやらせるのです。

あなたはこれについてどのように感じますか??

物を覚えるということは知識の引き出しが大きくなるので、

一見するととってもいい教育方法だと感じますね。

 

 

ですが暗記物だけを鍛えてもいいと思いますか??

確かに暗記物をどんどん勉強するのはいいのですが、

理屈で問題を解いていく問題は、

あなたならどのように対応をしていきますか??

 

 

ゆっきー
ゆっきー
例えば算数の話になるんだけど、「5+3=8」だよね??
これってわざわざ暗記する必要はあると思う??
極端な例だね。
計算問題は暗記をするというよりも理屈でやっていく勉強だよね。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
そういうこと!!
暗記物を勉強するのも大切なんだけど、暗記物だけ真剣に勉強をしても、算数などの理屈で解いていく問題ができない可能性もあるんだよね~

 

 

詰め込み教育の弱点って、

やっぱり理屈で解いていく問題だと思います。

計算問題が解けないと算数の点数が上がりません。

でも詰め込み教育のおかげで、

国語などの暗記物の点数は高い。

これでは少し中途半端だと私は思っています。

 

 

できれば平均的に高得点を取っていくことが、

一番効果的ではないでしょうか??

 

 

幼少期から学研教室に通っても意味はあるのでしょうか??

 

 

詰め込み教育は確かな教育方法です!!でも偏った教育をするのはおすすめできません!!

 

 

 

 

詰め込み教育を真剣に行うのはいいことです。

暗記物の科目って覚えるのに時間がかかるので、

先に詰め込み教育を行って、

暗記物を得意にするというあなたのお考えは、

本当に素晴らしいものだと私は感じています。

 

 

それで真剣に詰め込み教育をするのですが、

こればかりをやっていたら他の部分で

足を引っ張る可能性があるのです。

 

 

上記で何度も申したのですが、

算数などの理屈で問題を解いていくものになります。

どれかの科目が突出しているとメリハリが付くのですが、

あなたの理想は詰め込み教育ではなくて、

子供の成績を全体的に伸ばしていくことではないでしょうか??

 

 

こんなことを言ってはいけませんが、

詰め込み教育ばかりをやっていても、

仕方のないことになる可能性があるのです。

 

 

詰め込み教育を特に意識をしてしまうと、

苦手な科目を放ったらかしになるかもしれません。

これでは詰め込み教育が一長一短な教育になるので、

できればメリットのみの教育にしたいですよね。

 

 

だからこそ平均的に教育を行うことが大切なのです!!

 

 

平均的に教育をしていく??
いまいち意味が分からないんだけど…
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
詰め込み教育だけに意識を奪われないで、平均的に勉強をしていく方法を編み出していくことが重要だよ!!
詰め込み教育だけ熱心にしていると、詰め込み教育のデメリットが浮き彫りになる可能性があるからね~

 

 

詰め込み教育と合わせて論理的思考能力を鍛えていく!!

 

 

暗記でしか問題を解けない部分は、

徹底的に詰め込み教育を行っていきます。

 

 

ですが物事は暗記だけではありませんね。

複数の物事を組み合わせて論理的に問題を解くことも多いです。

これが論理的思考能力になります。

 

 

どうしても詰め込み教育だけでは解決できない

問題となっているのです。

 

 

論理的に解いていく問題には、

詰め込み教育で培った力は

悲しいことにあまり発揮をしないでしょう。

これが詰め込み教育のデメリットとなってしまいます。

 

 

詰め込み教育と論理的な教育を平均して行っていくことが

お互いのデメリットを打ち消して、

メリットのみの教育となるのは確かなのです!!

 

 

でも2つの教育方針を行っていくのは、

かなりの至難の技となっています。

子供にも得意不得意が絶対に存在してしまうので、

子供の状況に合わせて教育を行うことが、

あなたのやるべきことと私は考えているのです。

 

 

国語の点数はよくて算数の点数が悪いとなると、

足を引っ張っていくせいで、

総合的な結果を残せない問題が発生してしまいますから。

これではあまりにももったいないとあなたは思いませんか??

 

 

なので詰め込み教育を真剣に取り組むのもいいですが、

他の部分にもしっかりと視野を広げることを意識して、

子供の教育に携わっていくといいでしょう。

 

 

今では塾などの専門的機関がたくさんあるので、

そういうところでノウハウを吸収してもいいですし、

本を徹底的に読み漁って、

子供の力になりそうな部分を提供するのも手です。

 

 

方法は無限大に広がっているので、

あなたのお子様のペースを一番に考えるのが、

ある意味教育の近道になる可能性もありますから。

 

 

こぐま会の通信教育はかなり効果的!?

ジャック幼児教室で子供の学ぶ力をしっかり伸ばせる!?

 

 

この記事を開いているあなたは、

ジャック幼児教室へ通おうか悩んでいるのでしょう。

幼児教室って個人経営教室を含めてみると、

どんどん増えているので、

圧倒的に選択肢が増えているのです。

 

 

選択肢が増えているのは非常にいいことだと思いますが、

「一体どこの教室に子供を通わせればいいのだろうか??」

という悩みが必然的に付いてきます。

 

 

ですがあなたはもう

「ジャック幼児教室」

で心を決めている可能性が高いですよね。

 

 

ですが心のどこかでは、

「本当にジャック幼児教室でいいのだろうか??」

という迷いも少なからずあると思います。

じゃないとこの記事を開くことはありませんから。

 

 

子供をジャック幼児教室へ通わせようか悩んでいるんだよね~
ジャック幼児教室はおすすめランキングにも入っているからやってみたい気持ちはあるんだけど、心にモヤモヤがある感じかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
幼児教室っていろんなところがあるから、いざ決心して入塾しようとしても、最後の段階でまた迷ってしまうんだよね~
でもそんなことを言っていたらキリがないから、最終的にはちゃんと決めないとね♪

 

 

ジャック幼児教室で心を決めても、

最後にまた迷ってしまう…

本当にここでいいのだろうか??

という迷いがあなたの中に芽生えるのです。

 

 

迷わずにすぐに決めて、

子供を早くお勉強をさせる方が効率いいのは、

頭の中では分かっているのに、

なかなか行動に移せないのですよね。

 

 

だって幼児教室の選択肢は山ほどあるので、

他にもっといい選択肢があるのではないのか??

っと心のどこかで感じているからでしょう。

 

 

私はとある幼児教室で先生をしているものなので、

あなたのお気持ちが痛いほど理解できるのです。

体験教室へやってくる親御さんはけっこういるのですが、

なかなか入塾する親御さんはいらっしゃいません。

 

 

理由を聞いてみると、

「他にも幼児教室があるからそこで体験をやってみます」

という回答がかなり多いのです!!

 

 

あなたも

「ジャック幼児教室以外にも自分にマッチしたところがあるのでは??」

と感じてしまうのも無理はありません。

 

 

この記事ではあなたの疑問を払拭するために、

ジャック幼児教室をおすすめできる人

についてまとめますので是非ともご覧ください!!

 

 

幼児教室に通っているのに受験をしないという方はこちらへ!!

 

 

ジャック幼児教室をおすすめできる人は??

 

 

 

 

ジャック幼児教室をおすすめできる人って

一体どんな人がいいのでしょうか??

たくさんある幼児教室がある中で、

ジャック幼児教室を選ぶメリットはどんなものか??

 

 

ジャック教室って一体どんな理由で選んだらいいのかな??
もし私の子供との条件が一致していたら迷わず入れたいんだけど…
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
ジャック幼児教室をおすすめできる人に関しては、今から説明するから是非とも見てね♪

 

 

小学校受験を本気で考えている人はかなりおすすめ??

 

 

ジャック幼児教室の勉強の難易度って、

実はかなり高いことで有名なのです。

 

 

これって一見してみると、

かなり素晴らしい利点と感じるのですが、

逆に勉強に付いていけない子供からすると、

苦痛の他ならないとも言えますね…

 

 

だって勉強が分からないのに、

難易度の高いお勉強をさせてしまうと、

子供からすると拷問と感じても仕方がありません。

 

 

ジャック幼児教室は、

お受験を考えている人にとっては、

かなりおすすめな教室になるのです。

 

 

でもお受験をあまり深く考えていない子供からすると、

やっぱりジャック幼児教室以外のところがいいでしょう。

 

 

なるほど!!
ジャック幼児教室へ行きたい人は、小学校受験を視野に入れている人がいいんだね。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
うん、そうなるね。
小学校受験を本気で考えている人にとっては、かなり助けになる教室になるのは間違いないよ♪
でもちょっと費用が高いのが難点だから、この点に疑問を持たない人もおすすめかな??

 

 

ジャック幼児教室はオリジナリティーな教育がすごい!?

 

 

幼児教室って決まったノウハウを使っているところが多いのです。

いろんなところで体験教室を受けた人なら分かると思うのですが、

最終的にやっている内容が被ることがほとんど。

 

 

幼児教室って効果的な教育方法が確立しているので、

授業内容が被ってしまうのも当然なのです。

 

 

ですがジャック教室って独自のノウハウがあり、

他の幼児教室としっかりと区別化ができているのがポイント!!

 

 

独自の効果的な方法を確立しているからこそ、

人気の理由となっているのがジャック幼児教室です。

 

 

そうなんだ~
独自の幼児教育ノウハウがあるからこそ、信頼できる部分があるんだね!!
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
小学校受験の合格率も高いから人気の理由の一つかな。
でも独自のノウハウだからこそ、子供によっては相性があるからこの点だけは親としてしっかりと見極めないといけないね。
相性が悪ければ、お子様の成績は全く上がりませんから。

 

 

ここだけの話!!幼児教室のフラッシュカードを作る方法とは??