おうちモンテッソーリで子どもと楽しくお勉強♪大人もニコニコ!!

 

1日中子どもとおうちにいると思わずイライラ…

ストレスも溜まってしまいますね。

 

怒りたくないのに。

できれば褒めて育てたいのに。

 

子どもが生まれる前に描いていた子育ては

全く上手くいきませんよね。

 

このままでは子どもも

辛いばかり…

 

 

子どもが使っているおもちゃを

少し変えて子どものニコニコ・大人もニコニコ

楽しい子育てしてみませんか(*´ω`*)

 

子どもと1日中一緒にいるのはとても大変…

 

「さっきダメって言ったでしょ!!」

「なんでいつも同じことができないの!!」

「何で泣き止んでくれないの」

「今忙しいから後でね」

 

 

子どもと1日中一緒にいると、ちょっとした事のはずなのに

イライラしてしまうことってありますよね。

 

本当はこんなことで怒っちゃダメなのに。

子どもがやったことにも理由があるのに。

 

心の奥ではわかっていても

上手くいかないのが人間関係です。

 

自分ではどうしたらいいか分かりませんね。

 

 

「母親失格だ」と自分のことを責めていませんか⁇

あなたは母親失格ではありませんよ。

 

子育てをしていたら必ず通る道です。

毎日必死に子どもと向き合っているんですね(^^)

とても素晴らしいことです。

 

 

でも、できれば怒らずに

ニコニコ子育てをしたいのが本音。

 

毎日イライラ・ガミガミしていては

子育ても楽しくないし上手くいきません。

 

みんなあなたが頑張って子育てをしているのを知っています。

 

子どもがやっていることには、全て理由がある

 

子どもは親が思っている以上に

色々なことを理解しています。

 

毎日何か失敗して

怒られるようなことをしているかもしれませんが

もしかしたら理由があるのかもしれませんよ⁇

 

おしゃべりできるようでしたら

理由を聞いてみて下さい!!

 

 

本当は忙しいお母さんを手伝いたかった。

自分でできると思ったからやってみたかった。

お母さんにかまってほしかった。

 

怒ってしまうのを後悔してしまう

理由がたくさんあります。

 

子どもって本当に

いろいろなことを考えているんですよね。

 

 

そしてお母さんが大好きだから

かまってほしいという気持ちも強いです。

 

家事や育児で大変かもしれませんが

手が抜ける部分は抜いて子どもとの時間を多くとるように

心がけてあげることも大切かもしれません(‘ω’)

 

毎日おいしいご飯を作ってあげるだけでなく

総菜を買って子どもとの時間を増やしてあげる日があっても

いいと思いますよ!!

 

おうちモンテッソーリで子どもを褒める時間を増やそう!!

 

子どもとおうちにいると遊ぶものにも飽きて

何をして遊べばいいか分からなくなる時ってありますよね。

 

そんな時におすすめなのが

『おうちモンテッソーリ』です。

 

あなたは「モンテッソーリ教育」に興味がありのではないでしょうか⁇

 

モンテッソーリ教育は多くの幼稚園・保育園や幼児教室で

取り入れられている教育方法です。

 

モンテッソーリ教育法では教具の形、大きさは無論、手触り、重さ、材質にまでこだわり、子供たちの繊細な五感をやわらかく刺激するよう配慮がなされている。また、教具を通し、暗記でなく経験に基づいて質量や数量の感覚を養うことと、同時に教具を通して感じ取れる形容詞などの言語教育も組み込まれている。

引用:「https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AA%E6%95%99%E8%82%B2」

※ウィキペディアより引用

 

子どもたちの自由な発想を大切にしている教育方法ですね!!

よく手先を使うおもちゃが多いです。

 

手先は第2の脳と呼ばれているぐらい

脳と密接に関係しています。

 

ということは手先を使うことによって

脳を刺激し鍛えることができるのです!!

 

 

実はこのモンテッソーリ教育は

おうちでも簡単に取り入れることができるのです。

 

専門的な道具を購入しなくてもできるので

子どものおもちゃに取り入れて褒めてあげる機会を増やしてみませんか⁇

 

おうちモンテッソーリってどんなことをするの⁇

 

おうちモンテッソーリの方法は

ネットで検索すれば簡単に調べることができます。

 

ぜひ実際の物を調べてみて下さい!!

 

 

ハサミ・ピンセット

ひも通し・洗濯ばさみ遊び

積み木・パズル

 

元々おうちにあるおもちゃもあるでしょうし

100均に行けば必ず手に入ります。

 

年齢に合わせてレベルを上げていきますが

最初は色分けや大きさわけが簡単でしょう!!

 

積み木を大きい順に積んでビルを作ってみたり

子どもにとっては大好きな遊びです。

 

大人ではおもちゃとは思えないようなものが

子どもにとっては楽しいおもちゃになったりしますよ!!

 

 

私もおうちモンテッソーリができるようなおもちゃを

たくさん作って置いています。

 

子どもたちは幼稚園から帰ったら

自分の好きなおもちゃを机に出して上手に遊んでくれます!!

 

 

家事をしながらでも見れますし

今までできなかったことがいつの間にかできるようになっていたりと

子どもの成長に気づきやすくなったので

すぐに褒めてあげられるようになりました♪

 

子どもにとっても

すぐに褒めてもらえるのがうれしいようで

最近は自分でできるようになったことを見せに来てくれますよ( *´艸`)

 

 

おもちゃが勉強にもなるって素敵なことですね。

私も怒ることが減って

子どもとニコニコ生活ができるようになりました!!

1歳のお子様におすすめしたい外遊びにいいおもちゃってありますか??

 

1歳になると、

子供が生まれた瞬間というのが、

非常に懐かしく感じますよね~

 

「もうお外で元気よく遊んでいるな~」

っと子供の成長を嬉しく思っている親御さんが、

たくさんいらっしゃるのです。

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

子供が外で遊べるようになったことを

心の底から喜んでいる人が多いのですよ~

 

お外で必死に遊ぶことってとってもいいことなのです。

 

親御さんにとっては、

体力的に非常にきついので、

できれば外で遊ぶのもほどほどにして欲しい。

という本音を語っている人も少なくありません。

 

それであなたのお子様は、

一体どんな感じでお外で遊んでいますか??

 

きっとですがあなたが遊び相手となって、

鬼ごっことかかくれんぼをしているのかな??

もしかしたら公園の遊具で目いっぱい遊んでいるかもしれませんね~

 

どんな遊びでもいいですよ!!

子供が楽しければ、

どんな遊びをしてもいいので、

極限まで楽しんでいけばいいと思います。

 

ちょっとお話が逸れてしまいましたね。

上記でも申したのですが、

子供が外で目いっぱい遊ぶのはいいことなのです。

なんで子供が外で遊ぶのがいいことなのか??

あなたはどのように感じていますか??

 

きっとたくさんの理由が浮かんでしまって、

いまいち頭の中で整理が出来ていない状態でしょう。

ちなみにあなたがイメージした答えはすべて正解です。

 

子供が外で遊ぶことはたくさんのいいことがあるからです。

まずはこの外で遊ぶことがいいことについてお話をしましょう!!

これを理解することで、

きっと1歳のお子様に適したおもちゃが

大体イメージができるようになりますから。

 

外遊びもいいことなのですが、絵本の読み聞かせも効果的ですよ♪

↓ ↓ ↓

子供に知識をつけてもらいたいので、絵本を読むことにしました。どれくらい読めばいいのですか??

 

子供が外遊びするメリットって一体なんでしょうか??

 

 

子供が外遊びをするくらいに成長したのは、

本当に心の底から喜ばしいこと。

だって成長しているのを実感できますから。

 

ですが親がずっと見ていないといけないのが、

逆に辛い部分でもあります…

 

親であるあなたはきっととっても忙しい毎日を送っていますし、

家でやらないといけないことがたくさんあるので、

できるだけ子供の外遊びで体力を消費したくない。

 

それでも子供の外遊びはとっても大切なことなのです!!

 

子供がみるみる体力を付けてくるのです。

 

外遊びを毎日のように行っていると、

単純に体力が多くなるでしょう。

あなたもこの点は理解していると思います。

 

それで体力が付くことで一体どんなことがあるのか??

 

体力が多いと元気な体を手に入れることができます。

風邪がなかなか引きにくい体を作ることもできると

言われていますね~

 

しっかりと丈夫な体を作ることで、

元気な子供をあなたは毎日拝見することができるのです。

これだけでも非常に幸せなことではありませんか!!

 

集中力が格段に上がると言われています!!

 

外で遊びながらどんどん集中力が付く。

これってめっちゃいいことだと思いませんか??

 

だって子供はいずれ学校に行って、

お勉強という辛い出来事があります。

そしてテストという悪魔的な行事もやらないといけません…

 

それであなたのお子様は勉強をすると思います。

この勉強をするにあたりあなたは何が大切だと思いますか??

 

私が働いている幼児教室では、

集中力で勉強を制することができる

と研修で耳にタコができるほど言われているのです。

 

勉強で一番大切な「集中力」が

子供が楽しみながら手に入れることができるのですよ。

とっても最高のことではありませんか。

 

子供にとっては基本的に嫌いな勉強が

集中力でカバーすることができるのですから。

 

しっかりと外遊びをすることで、

勉強を何とかやっていける可能性があるってことです。

もしかしたら集中力のおかげで学年1位も夢ではない!?

 

1歳のお子様に適した外遊び用のおもちゃって一体なんですか??

 

 

さて、前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

外遊びを行うメリットをあなたに説明することで、

おもちゃの重要性も理解できると思ったので、

あえて長い説明をさせて頂きました。

 

それで1歳のお子様におすすめできる

外遊び用のおもちゃって一体どんなのがいいのでしょうか??

あなたもこの点はかなり疑問を抱えていると思います。

 

だっておもちゃってネットで調べてみると、

ヤバイほど存在しているのですから。

 

それで私があなたにおすすめしたいおもちゃは

たったの1つだけです。

それは「ボール」になります!!

 

何でボール遊びがいいのでしょうか??

ボールってかなり応用が効いた遊びができるからです。

 

子供がボールで一体どのように遊んでいけばいいのか??

について一生懸命考えることでしょう。

 

そしてボール遊びに飽きたら

ボールを使って別の遊びに変更すると思います。

このボールで遊ぶ方法を考えるという作業が、

子供の脳にとって超有用なんですよ~

 

脳みそをしっかりと使って、

体を動かして体力を付ける。

そして集中力も格段に増す可能性があるのです。

 

だからこそ外遊びは是非ともおすすめしたいのですね。

またさらにその外遊びをボールによって、

もっともっと効果的にするのです。

 

私は1歳のお子様を持つあなたに、

外遊びとしてのおもちゃをボールをおすすめしたいですね。

 

親の願望!!天才児を育てたい!!

↓ ↓ ↓

天才児を育てるのはもしかして簡単!?親の接し方次第??

赤ちゃんの指遊びをさらに効果的にするおもちゃとは??

 

赤ちゃんって何をしてもかわいいですよね~

特に指をちょこちょこ動かしているのが、

言葉にできないほどかわいいと私は感じます。

 

私は幼児教室で先生をしているのです。

それでたくさんの赤ちゃんの授業を行っています。

 

あのかわいい赤ちゃんたちに囲まれて

授業ができるなんて

私は幸せ過ぎてついつい顔がほころぶのです(笑)

まるで幼児教室で働くのが私にとって天職だと思っています。

 

少し話がそれてしまいましたね…

申し訳ありません。

 

それでこの記事では

「赤ちゃんの指遊び」

についてまとめたいと思います。

 

あなたは赤ちゃんが指を動かす行動を見て、

どのような感想を持ちましたか??

多分ですがかわいいなぁ~と感じていることでしょう。

 

ですがこの指遊びって非常に大切な行動なんですよ!!

 

こんなことを言ってはなんですが、

あなたが思っている以上に、

赤ちゃんの指遊びはすごいのです。

 

一体赤ちゃんの指遊びの何がすごいのか??

赤ちゃんの脳に刺激を与える行動になるのですよ。

 

筆者は一体何を言っているのか??

もっと単純に言いますと、

赤ちゃんが指を動かしていることで、

お勉強をしていると言っていいでしょう。

 

指を動かしてお勉強!?

とあなたは疑問を抱えると思います。

 

幼児が算数ができるようになる裏技とは!?

↓ ↓ ↓

幼児に算数を教える際におすすめするおもちゃとは!?

 

指遊びをすることで赤ちゃんが勉強をしていることになる理由とは??

 

 

これには深い訳があるんですよ~

赤ちゃんの指もそうなのですが、

大人の指にも同じことが言えるのですね。

 

特に赤ちゃんに関しては、

指というものは大人以上に大切な情報源になるのですよ。

 

なんで特に「赤ちゃんが」なのでしょうか??

 

赤ちゃんってまだまだ視力が発達していません。

なので指などから脳へ向けて情報を送るのですね。

だからこそ赤ちゃんにとって指というのは大切なのです。

 

さらに指にはたくさんの神経が詰まっています。

ってことは指遊びをすることで、

たくさんの神経が赤ちゃんの脳へ、

情報をどんどん伝達していくのです!!

 

なので赤ちゃんの指遊びって、

思った以上に大切なんですよ~

 

私は赤ちゃんの授業を行っているのですが、

授業の一環として指遊びもしているのです。

 

専用のおもちゃを用意して、

赤ちゃんに持たせて様子を見ています。

 

赤ちゃんが必死におもちゃを持って、

振り回したりくわえたりして、

赤ちゃんがどんどん学習しているのが、

目に見えて分かるので楽しいですね。

 

それでおもちゃと言っても、

一体どんなおもちゃがいいのでしょうか??

 

赤ちゃん専用のおもちゃって

たくさんの種類があるので、

いろいろと迷ってしまいますよね~

 

赤ちゃんの脳を育てるためのおもちゃってどんなのがいいのですか??

 

実際のところ、

どんなおもちゃでもかまいません。

 

強いて言えばちょっとした条件があります。

多分あなたも分かっていると思うのですが、

大切なことなのであえて言わせて頂きますね。

 

赤ちゃんの一つの行動として、

おもちゃを口に入れる行動があります。

あなたは何度も見ていることなので、

きっと分かっていることでしょう。

 

なので赤ちゃんの口に入ってもいいようなおもちゃを

あなたはしっかりと確認することが重要です。

 

一番怖いのはやはり誤飲

 

喉に詰まらせて大きな問題が発生するような

おもちゃだけは絶対に選ばないようにしてください。

 

あとは雰囲気的にでもいいので、

赤ちゃんができるだけ掴みやすそうなものもいいですね。

掴みやすいってことは、

赤ちゃんの指が非常に遊ぶことに繋がるからです。

 

ってことは脳への刺激もすごいことになるでしょう。

赤ちゃんの脳の発達にかなり役立つのです。

 

  • 口に入っても安心できるもの
  • できるだけ赤ちゃんが掴みやすいもの

 

この2点だけをしっかりと把握しておけば、

おもちゃに関しては問題はありません。

 

ダイソーの積み木がすごい!?赤ちゃんの脳をさらに刺激する!?

↓ ↓ ↓

ダイソーの積み木で赤ちゃんから勉強をする!?

 

赤ちゃんの集中力を考慮するとかなり効率がいい??

 

あなたは知っていますか??

赤ちゃんの集中力ってとっても少ないのですよ~

あなたも何となく分かっていたことでしょう。

 

数字にすると大体数分程度が、

赤ちゃんの集中力の限界です…

非常に短いですな。

 

この集中できる時間帯だけ、

おもちゃを与えて遊ばせるといいでしょう。

 

逆に長くおもちゃに触れさせてしまうと、

赤ちゃんがなかなか休めないので、

かなり効率が落ちてしまう可能性があります。

 

なので赤ちゃんのペースをあなたが観察しながら、

おもちゃ遊びをしっかりとさせるといいでしょう。

 

このように意図的に赤ちゃんの指遊びをさせることで、

赤ちゃんの脳はバリバリ発達していくと思います。

 

毎日ちょっとずつでもいいので、

あなたが時間の取れる時に、

指遊びのお手伝いをしていくと、

赤ちゃんもきっと大喜びでしょう♪

 

赤ちゃんの時にどんどん習い事をさせるのはあり??

↓ ↓ ↓

子供にいろんな習い事をさせて経験させるのはいいことなのでしょうか??

算数がとっても苦手。100均にあるブロックで苦手を克服!?

 

あなたは小学生の時、

苦手な科目はありましたか??

きっと何かしらの苦手なものはあったことでしょう。

 

それでこの記事を見ているあなたは、

あなたのお子様が、

算数が苦手ではないでしょうか??

 

算数って好きな人はとことん好きなのですが、

嫌いな人はとことん嫌いと分かれる科目ですね~

ちなみに私は算数が大好きでしたよ。

とある算数のジャンルを除いては…

 

もしかしたらあなたはピンときたかもしれません。

算数は基本的に計算問題が多いと思うのですが、

算数って計算問題だけではありませんよね。

 

算数には図形問題というのがあります。

私はこの図形問題が大嫌いでした…

だって何か分けが分からないんですよ~

 

多分ですが計算問題は大好きなのですが、

図形問題が大嫌いな人ってけっこういると思います。

その気持ち私は痛いほど分かるのです。

 

じゃあ一体どうやって図形問題に対処すればいいのか??

ここが一番大切なところですよね。

同じ算数でも算数の中身で好き嫌いが分かれるのは、

子供からしても辛い問題ですから。

 

私はとある幼児教室で先生をしています。

たまに小学生の授業をしていて、

図形の問題を教えているのです。

今では図形問題の苦手は克服しましたよ。

 

図形問題を解くにあたり、

私の塾ではあるものを用意して、

授業を行っているのです。

 

それは100均のブロックまたは積み木を利用して算数の授業をしています!!

 

小学生になったから本格的に勉強をさせ過ぎていると…

↓ ↓ ↓

小学生になった子供に勉強ばかりさせていると恐ろしいことが…

 

ブロックや積み木を徹底的に利用して、算数の図形問題が楽になる!?

 

 

え??本当にそんなことで、

図形問題が解けるようになるのか??

という疑問をあなたは持つことでしょう。

ですがこのブロック&積み木のおかげで、

子供たちが理解する力を一気につけることができるのです。

 

小学校の授業ではきっと、

先生が黒板に書いて、

授業を行っていると思います。

当たり前のことですが。

 

黒板に図形を書いて…

を先生がしているので、

子供からしたら2次元でしか内容を解釈できません。

とにかく子供によっては、

非常に分かりにくいんですよね。

 

ちょっと空間認識が苦手な子供だっているので、

分かりにくい子がいるのも当たり前なのです。

 

ですが実際にブロックや積み木を使うことで、

子供が手に取ることができるので、

3次元で理解することができます。

これがブロックや積み木のいいところなんですよ~

 

だって実際に手にとって見て、

問題の図形を直に感じることができるのですから。

さらに図形をくるくる回して、

自分なりの回答を導けるチャンスがあるので、

応用力だって鍛えることができるのです。

 

図形に特化した問題集に加えて、ブロックを徹底的に利用する

 

図形問題が苦手な子供って、

結局は図形を3次元で捉えるのが難しいからなんですよ。

 

私の幼児教室に通っているお子様で、

図形問題が非常に苦手な子が何人かいます。

 

その苦手な子供たちに何で苦手なのか聞いてみると、

「だって紙に図形が書いてあるだけだから分からないんだもん」

と言っていたのです。

 

そうなんですよね~

私はなかなか想像力がないので、

図形問題にはかなり苦戦したのですよ。

 

紙に図形が書いてあるだけなので、

頭の中で回転させることが非常に難しいのです…

 

だからこそブロックを使うのはかなりいい方法なのです。

ですが1問や2問だけブロックを使って解いただけでは、

なかなか自分の力として身につきません。

 

なので図形に特化した問題集を購入して、

ブロックを何度も使って、

問題を何度も解くことが非常に大切になります!!

 

苦手なままでは永遠と苦手となってしまいます。

小学校の図形問題って、

中学校、高校になってもずっと使うスキルなので、

小学生の内に徹底的に慣らしておくことが、

今後役に立つことはあなたも知っているでしょう。

 

子供が苦手だからやらないと言っていたら、

すぐに100均でブロックを購入して、

子供にやらせてみるといいですよ。

 

ブロックを持ってやるので、

子供からしたらとっても新鮮な気持ちで、

図形問題に取り組むことでしょう。

 

あなたの子供がしっかりと集中できる時に、徹底的に図形問題に取り組む

 

あなたは早速子供に、

図形問題をやらせようとしたでしょう。

 

ですがちょっと待ってください。

あなたの心意気はとっても素晴らしいのですが、

子供にコンディションに合わせて、

お勉強をさせるようにしてくださいね。

 

子供からしたらただでさえ、

図形問題は大嫌いなのです。

 

その大嫌いなことをやらせるのに、

気分が乗らないときにやらせてしまうと、

子供はさらに図形問題に嫌気を指してしまうでしょう。

 

なのでここはいったんタイミングを見計らって、

子供に図形問題をやらせるようにしてください。

 

どんなタイミングがいいのか??

子供がとっても調子がいい時にやらせるようにするのがいいでしょう。

 

調子のいい時と言われても…

ってあなたは悩んでしまうでしょう。

 

子供と何気ない会話を挟んでみて、

子供の調子がいい時ってあなたは分かると思います。

そこが絶好のタイミングですよ♪

 

図形問題以外の算数についてはこちらの記事を参考にしてください

↓ ↓ ↓

子供に算数の全般を教えたいのですが、どうやれば…

幼児に算数を教えたい!!どんなおもちゃを使ったらいい??

 

将来は安定した職業についてほしい!!

子どもには将来お金のことで苦労してほしくないですよね。

 

今の時代、安定した職業に就くには算数・数学は必須。

 

高収入の職業は必ずと言っていいほど

算数・数学の能力が必要になっているそうですよ。

 

 

でも、最近は数学が苦手な人が苦手な子どもたちが多いこと。

親であるあなたも苦手だったのではないでしょうか??

 

幼児からやれば子供の数学嫌いは克服できます(^^)

親の二の舞になる前に幼児の間に

算数は楽しいと知ってもらいましょう!!

 

幼児に算数を教えたい!!何が必要なの⁇

 

幼児に算数を教えるのは至難の業。

大人だったら当たり前のことですが

子どもたちにとっては初めて知ることばかりです。

 

 

算数を文字と言葉だけで教えようとしても無理!!

幼児は実物を見せながら教えないと

全てがつながっていきません…

 

「そんなぁ((+_+))

じゃあどんなおもちゃを買ったらいいの??」

 

おもちゃもたくさんあるのに増やしたくないですよね。

 

安心してください!!

わざわざおもちゃを購入しなくても

算数のお勉強に使えるおもちゃはあります。

 

とりあえず簡単な算数を教えるために欲しいものは

おもちゃが10個だけです。

大きすぎず同じ種類の物が使いやすいですね。

 

すぐに子どものおもちゃから使えるものを

探してみてください。

 

男の子なら車や電車。

女の子ならぬいぐるみやおままごとセットの野菜や果物など。

 

積み木や極端に言えばそこら辺のお気に入りの石を

10個集めてきてもいいです。

 

とにかく幼児の子どもが好きなものであればなんでもOK!!

今お気に入りで集めているものなら

なお喜んで算数の勉強をしてくれますよ♪

 

どうでしょうか。

ありましたよね??

 

ちょうどいいおもちゃさえ見つかれば

算数のお勉強スタートです!!

 

あと1つお家にあるといいのは数字表ですね(*’ω’*)

これは100均にもあるので気に入ったものを

手に入れていつでも見えるところに貼っておきましょう。

 

幼児の算数はどこから勉強したらいいの⁇

 

実は算数にはいろいろな要素があります!!

 

私たち大人は当たり前になってしまっていますが

幼児のこどもに教えるのであれば

しっかりと親が理解しておいたほうがいいでしょう。

 

 

算数には数唱・数・量などがあります。

 

数唱は1・2・3…などの数えるときに使う数字ですね。

 

数は〇・〇〇・〇〇〇などの

実物の個数を数えるときに必要です。

 

量は大雑把に言うと

多い・少ない・いっぱい・たくさん・少し・空

などの言葉があります。

 

 

幼児の子供たちにまず覚えてほしいのが

数唱と数です。

 

大人は『1=〇1つ』というのがわかっていますが

子どもたちは数唱は数唱、数は数と違うものだと認識しています。

 

 

よく「数字の練習を家でしていました!!」という声を聞きますが、

結局数唱の読み方・かき方だけを

練習していたということが多かったです。

 

そのため数唱を練習していた子どもに

数字を見せるとばっちり答えることができるのですが

数を見せると結局答えることができませんでした。

 

それではもったいない!!!

あなたも片方だけを教えていませんか⁇

 

 

幼児の算数は、数唱と数が同じものであることが

分かってこそできるのです。

 

実際に幼児に算数を教えてみよう!!

 

では幼児の子供に算数を教えていきましょう。

 

まずは数字表を使って数唱を指さしながら読んでいくといいです。

子どもでも数字を読むのは簡単なので

おしゃべりができる子であればすぐ真似っこをして読んでくれますよ( *´艸`)

 

数字を読めたら今度は一緒に数の練習です。

おもちゃを1つずつ「1・1・1…」と言いながら置いていきましょう。

 

子どもの好きなおもちゃでやると我先にと自分でやりたがります。

一緒にやってあげてください!!

いろいろな数字でやりましょう。

1~5、1~10もやるといいです。

 

まずは子どもたちに数唱と数があることを知ってもらうことが

算数を好きになるスタートです♪

 

 

両方に慣れてきたらこれからが大切!!

数唱と数が同じものであることを練習していきます。

 

数字を見せながらおもちゃをおいてみたり

5個や10個の部屋がある入れ物に数字を貼っておいて

そこにおもちゃを入れていくのもいいですね( *´艸`)

 

 

ここまでできるようになったら

自分の子供は天才か!!ってくらいほめてあげたくなりますよ♡♡

というか勉強している時にできるようになったら

思いっきり褒めてあげてくださいね(*´ω`*)

 

 

ここまでできるようになったら

もう算数嫌いになることはほぼないでしょう。

 

それよりも

数字って面白い!!算数をもっとしたい!!

とやる気に繋がっていきます。

 

 

でも算数は数を知るだけではありません。

足し算や引き算もできるようにしなければいけません。

 

足すのはおもちゃを使いながら勉強することで

できるようになります。

 

でも問題は引き算です。

引き算は後ろの数を引かないといけません。

 

私がよくやっているのは

「前の数を作ってそこから後ろの数をとるよ~」

と言いながらやっています。

 

子どもたちは楽しそうに「とって~(/・ω・)/」

って一緒にやってくれます♪

机の上に残った数が答えですね。

 

私は幼児の子供と引き算をするのがすごく好きですね♡♡

 

 

最後に

 

幼児の子どもと算数の練習をするときは

とにかく親が楽しそうにやることが大切です!!

 

親が楽しくなさそうにすると

子どもは算数って楽しくないんだと思って

やりたくなくなります。

 

そしてとにかく少しでもできたら思いっきり

褒めてあげてくださいね♪

一歳の子が毎日絵本ばかりをせがむ。他のものでも遊んでほしい…

 

子どもたちはみんな絵本が大好き♡♡

あなたも幼いころには毎日たくさんの絵本を

親に読んでもらっていたのではないでしょうか??

 

絵本大好きっ子たちにありがちなのが

絵本の読み聞かせをせがむこと。

 

1日に数冊かならばどうにか時間を作って読んであげられるけど

さすがに1日中せがまれるのはつらい…

という声も良く耳にします。

 

絵本なんか読み始めたらもう終わりがなく

家事も手につかないぐらいということもありますよね。

 

 

他のおもちゃもいっぱいあるのだから

それで遊んでほしいという親心はなかなか伝わりません。

 

絵本ばかりをせがむ、絵本大好きっ子に

他のもので遊んでもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

 

1歳で絵本をせがむ!?素晴らしいことですね!!

 

「1歳になったのに他のおもちゃには目もくれず

1日中絵本をせがむばかりなのですがどうなんでしょう??」

 

子どもが1歳になったのに絵本にしか興味がなかったら

親としては少し心配になってしまいますよね。

 

でも安心してください!!

絵本ばかりせがむのはとてもいい傾向です。

もしかしたら将来有望かもしれませんよ(^^)

 

 

絵本は子どもたちにいろいろなことを教えてくれます。

 

絵や色。

文字・言葉・文章。

数やお話の作り方。

大きくなるために必要なことばかり!!

 

しかも1歳で絵本が好きな子供は

大きくなってからもたくさんの本を読みます。

 

昔から本は一番の勉強道具です。

全ての知識は本から。

 

現在はデジタル化が進んでいますが

多くの知識が活字の中にまとめられているのは

何年経とうが変わることのない事実です。

 

 

絵本にしか興味がないのであれば

こんな絶好の機会を逃してはいけません!!

 

折角なのでたくさん本を読んであげましょう♪

 

絵本は読むだけではもったいない!!中身を楽しんで。

 

あなたは絵本をどのように活用していますか??

 

絵本を読んだらおしまい。

それではもったいない!!

 

 

絵本には子どもとのお話を広げる

要素がたっぷりなのです!!

 

例えば

「絵本はここで終わっているけど

この後どうなったと思う??」

「絵本の中の絵にお花が咲いていたけど

何色があったかな??」など。

 

絵本を読んで終わりにせず

読んだ絵本のどんなところを子どもたちは見ていたのか。

この本を読んでどんな気持ちになったか。

 

などをお話しすることによって

子どもの今の気持ちや発想力を引き出すことが出来るのです。

実際に絵を描いてもらってもいいですね♪

 

 

もちろんまだしゃべれない子にも使えますよ!!

 

どこでもいいので1ページ開いて

「これは花だね。たくさん咲いていてきれいだね。」

と親が声をかけてあげることで物の名前を覚えたり

気持ちを教えることが出来るのです。

 

 

たまに文字も読めないのに絵本のお話を

すらすら話していたというのを聞いたことありませんか??

 

これは、同じ本を何度も読み聞かせたことによって

鍛えられた記憶や暗記の能力です。

 

子どもたちは親に同じ絵本を何度も読んでもらうことで

ほんの内容をすべて暗記していきます。

 

そうすることで文字を読まなくても

自分で本を読むことが出来るようになるのです。

 

 

しかもそれだけではありません。

お話を暗記したことによって子どもたちは

絵本に書いてある文字を見る余裕が出来ます。

 

文字を見ながら、覚えているお話を読むことで

耳から聞いた言葉と文字が同じものだと認識できるようになるのです。

 

お話をしゃべる→文字を見て読めるようになる

 

この流れができるのであなたの子どもは

いつの間にか親の力を借りなくても文字が読めるようになるかもしれません!!

 

 

そうなってくれると自分で遊んでくれるので

親も楽になりますよね!!

 

絵本を読んでとせがむのは今だけ!!この時間を大切にして。

 

1歳の子どもが絵本ばかりをせがむので

心配になる気持ちもわかりますが、

子どもたちは毎日どんどん成長しています。

 

もしかしたら絵本を読んで欲しいとせがむのも

今だけかもしれませんよ!!

 

自分でできることが増えると

今度は親に「自分でやるから、手を出さないで!!」

と注意されるようになるかも!?

 

子どもの成長を見れてうれしいですが

反面さみしい気持ちになってしまいます。

 

 

そしてどんどん新しいことに挑戦し始めます♪

この前は絵本が大好きだったのに

今度は積み木ばかりで遊ぶようになった。

 

またそのおもちゃのブームが過ぎると

今度は違うおもちゃへ。

 

子どもたちは自然と

いろいろなおもちゃで遊ぶようになります。

 

今は絵本ばかりで何もできなくなってしまい

辛い時間もあると思いますが子どもとの時間は一瞬です。

 

少しでも長く子どもといることのできる

時間を大切にしてあげてください!!

 

 

家事が出来ずに困ったときは

絵本の中身を子どもとお話ししながら家事をしたり

子どもに絵本の絵を描いてもらって、その間にすることも出来ます。

 

絵本をお題にすると

本を読まなくても反応してくれますよ(^^)

 

あなたにおすすめの記事↓↓

絵本の読み聞かせは5分がベスト??どんな絵本がいいの

フラッシュカードはいつまで効果あり??長く使えるものはないの??

 

幼児教室では必ずと言っていいほど

使われているフラッシュカード!!

 

フラッシュカード大好き♡♡

という子どものたくさんいますよね。

 

お教室で素早くくられるフラッシュカードをみるのは

大人でも圧巻です。

 

 

これだけ子どもが集中してみているから家でもやりたい!!

と購入した方も多いのではないでしょうか。

 

私も必ず家に置いて子どもがカードを

見たいときにすぐできるようにしています。

 

 

でも、フラッシュカードっていつまで見せてもいいの??

というかいつまで見せるべきなのでしょうか。

 

フラッシュカードってドンッとまとめて購入するから

結構高いし購入したからには思いっきり使っておきたいですよね。

 

そんな気になるフラッシュカード事情をまとめてみました。

 

フラッシュカードっていつまで使った方がいいの??

 

子どもたちが大きくなるにつれて

使いづらくなってくるフラッシュカード。

いつまで使った方がいいのでしょうか。

 

 

学年で言うと年長さんまでは

しっかり見せてあげた方が良いでしょう!!

 

確かに年長さんにもなると

動物カードや野菜・果物カードなど

簡単すぎて子どもたちがやらなくなってしまいます。

 

でもフラッシュカードって

語彙を増やすためだけのものではないです。

 

早く見せることでその絵をしっかりとらえられているのか

瞬時にこたえることが出来るのかという反射神経も鍛えられています。

 

大人でも

「速いスピードでくられているカードに合わせて答えて!!」

と言われたら結構難しいですよ。

 

そのため、もう完璧というカードはただ見せるのではなく

思いっきり早く見せてあげてください!!

 

子どもは大喜びで我先にと

フラッシュカードを答えようとしてきます。

 

私は子どもたちの迫力にいつも驚いて

笑いが止まりません(笑)

 

ひらがなとかカタカナを時間をかけて読むのではなく

一瞬で見えた文字から答えを連想させるのもいいですよ!!

 

これが出来れば

文字と絵がしっかりとインプット出来ている証拠です。

 

 

でもこれらはカードを早くめくる技術が必要になるので

結構練習しないといけませんが…

 

早くめくるのはコツさえつかめば

いくらでも早くくることが出来るようになりますよ♪

 

カードを見せるだけじゃない!?フラッシュカードの面白活用法。

 

他にもフラッシュカードを使った

楽しい遊びがあります。

 

名付けて『フラッシュカードかるた』

 

まぁ名前の通りなのですが

フラッシュカードを思いっきり床にばらまいて

かるたの要領で子どもたちに取らせる遊びです。

 

普通のかるたよりもカードが大きく

見つけたカードを取りに行くにも一苦労のため

子どもたちも大騒ぎ!!

 

問題も名前では簡単すぎるので

なぞなぞ形式で出題します。

 

例えばスリーヒントにすると良いですね!!

 

① 野菜です。

② 食べると甘いです。

③ 赤くて丸い形です。

 

答えは「トマト」

 

子どもたちは自分で予想をしながら

カードを探していくのでとても楽しそうです。

 

ヒントをちょっとアレンジして

今日のご飯に出ます!!

とか自宅ネタを仕込んでも面白そうですね(^^)

 

 

または子どもたちが自分の頭の上にあるカードを当てる

『頭の上にあるカードはな~んだ』などもおすすめです!!

 

これは少し上級者向けかなと思うのですが

答えが見えないように子供の頭の上にカードをもってもらい

他の人にヒントを出しながら持っているカードを当ててもらうゲームです。

 

答えのカードが予想できない分

自分の知識を駆使して答えを導き出さないといけません。

 

これは大人がやっても楽しいですね!!

 

このようにフラッシュカードに飽きたら

少し思考を変えてゲームにしちゃえばいいのです♪

 

フラッシュカードは大人のボケ防止にも使えるかも!?

 

フラッシュカードの中には

大人でも難しいカードもあります。

 

魚へんや反対語・難語など

急に問題を出されたら答える自信はありますか??

 

私はないです(笑)

 

反対語はまだできるとしても

魚へんの漢字ってめちゃくちゃ多いですし

難語もなんでこの漢字なんてものが使われていたりします。

 

 

本当に子どもたちの見ているカードって

結構難しいんですよ。

 

意外とパッと問題を出されたら

すぐに答えることが出来ません。

 

そういうカードを集めておけば

子どもが中学校や高校になっても使えますし

使っているときに脳が活性化されて

大人のボケ防止につながるかもしれませんよ(^^)

 

お教室に孫を連れてこられる

おじい様おばあ様にも結構好評なんです(*^^)v

 

フラッシュカードに決まったいつまではない!!

 

このようにフラッシュカードには

明確ないつまでというのはありません。

 

アイディア次第で

大人でも楽しめる道具になるのです!!

 

折角購入したのだから

出来るだけ長い間使ってほしいですね♪

 

 

フラッシュカードとして見せるのはもちろんですが

大人の脳の活性化に利用したりゲームに使ったり

意外と活用しやすいカードなのです。

 

絵心を鍛えるために

何秒か見た写真を紙に書き起こさせてみるの良いかもですね!!

誰が一番上手に書けるかやってみてください(^◇^)

 

おすすめの記事↓↓

本当にフラッシュカードに害はないの⁇

幼児教室で使われているフラッシュカードを100均の材料で作れる!?

 

 

私の働いている幼児教室では

必ずフラッシュカードを使っています。

 

この記事を見ているということは

あなたもフラッシュカードをご存知ですよね??

 

幼児教室に通う1番のメリットと言ったら

あのフラッシュカードを見ることができることでしょう。

 

200~300枚あるカードを

短時間に高速で見せてしまうあの技術は圧巻です。

 

初めてお教室に体験に来られた親御さんは必ず

フラッシュカードのスピードにびっくりされます!!

 

あなたも体験されたことがなければ

ぜひ1度幼児教室の体験に行っていただきたいものです(^^)

 

 

 

っと話がずれてしまいましたね(笑)

実は幼児教室で使っているフラッシュカードを自宅でも簡単に作ることが出来るのです。

 

しかも100均の材料だけで!!

ぜひ親子で楽しく作ってみてください。

 

フラッシュカードだけではない!!これも勉学としていいですよ♪

↓ ↓ ↓

漢字カードで幼児でも漢字を簡単に覚える!?

 

フラッシュカードをすると語彙力・集中力向上間違いなし!!

 

 

あなたはフラッシュカードをすることによって

どんな効果があるのかご存知ですか??

 

高速で大量に情報を入れるフラッシュカード。

実は語彙力や集中力の向上に効果があります!!

 

お教室では1回に200~300枚のフラッシュカードを

めくっていますがそのカードの内容は様々。

 

簡単にまとめると

「季節のカード」「動物カード」「食べ物カード」

「文字カード」「漢字カード」「乗り物カード」

などまだまだたくさんの種類があります。

 

それだけ社会にはいろいろな言葉があふれているのです。

 

大体の子どもは成長するにつれて新しい言葉を少しずつ覚えていきますが

フラッシュカードを見ている子は違います。

 

 

毎日同じカードを見ることによって

早い段階でたくさんの語彙を覚えることが出来るのです。

 

1か月間続けて同じカードを見せて頂きたいのですが

しゃべれる子であれば2週間もすれば

自分で全てのカードを答えることが出来るようになります。

 

 

それだけではありません。

フラッシュカードを見ることで子どもたちの

集中力がどんどん向上していきます。

 

あなたは子どもの集中力はどれぐらいあるか知っていますか??

 

実は年齢+1分と言われているのです。

2歳のお子さんであれば3分ぐらい

3歳のお子さんであれば4分もったらいいでしょう。

 

しかしフラッシュカードを見続けている子どもは

そんなもんじゃありません。

 

10分以上集中することも可能なのです。

 

理由は、短期間にカードが入れ替わるから。

例えば子どもが「野菜のカードに飽きてきたな…」

って思っていたころには乗り物カードに変わっているのです。

 

短期間にどんどん新しいものに変化することで

子どもたちはまた新たに集中し始めてくれます。

 

子どもたちはフラッシュカードから

どんどん目が離せなくなっていくのです♪

 

セリアのひらがなカードがもの凄く効果的!?

↓ ↓ ↓

セリアで売っているひらがなカードの質が高すぎ!!

 

しゃべれなかった子どももしゃべれるようになる!!

 

子どもが中々しゃべってくれないと

悩まれている親御さんが結構たくさんいらっしゃいます。

 

そんな悩みもフラッシュカードが解決してくれるかもしれません!!

 

 

私が受け持っていた生徒でこんなことがありました。

 

その生徒は言葉が始めるのが標準よりも遅かったんです。

悩まれたお母様はお教室に通ってみることにしました。

 

初めてのレッスンでは全くしゃべらずカードを

見ていただけだったのですが1週間後に会ってびっくり!!

 

流暢に2語文をしゃべっているではありませんか\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

しゃべれるようになった理由は、

フラッシュカードを見たことによって

その子どもに必要だった語彙が増えたからです。

 

 

子どもたちによってしゃべり始める早さって違いますよね。

覚えた言葉からどんどんしゃべる子どももいれば

語彙が脳いっぱいにならないとしゃべり始めない子もいます。

 

中々しゃべらないということは後者の可能性がとてつもなく高いのです。

しゃべりたいけど語彙が足りないだけなのです。

 

しゃべらないことで焦ってしまう親御さんもいますが

まずはフラッシュカードをやってみてくださいと言いたいですね(^^)

 

100均の材料でフラッシュカードを作ってみよう!!

 

 

それでは100均の材料を使ってフラッシュカードを

作ってみましょう!!

 

= 材料 =

カードにしたい写真または絵

できるだけ厚い厚紙(めくりやすい大きさ)

のり・ペン

 

私は無料で使える写真などをネットからとっていますよ。

他にも動物の写真があるカレンダーとかもある程度大きさがあるので

見せやすくてよかったです!!

 

厚紙の片面に写真を貼り付けて

裏面に名前を書けばカードの出来上がり♪

 

5~10枚ほど同じ分類のものを作れば

後は子どもの前でカードをくるだけ!!

 

 

とっても簡単ですよね(*^_^*)

裏面の名前も見せてあげれば1枚のカードで

名前と文字をインプットすることが出来ますよ。

 

写真だけではなく折り紙で作って貼り付けるのもいいですね。

 

 

他にも厚紙にシールを貼って数字の勉強をすることもできます。

これはドッツカードというものですね。

 

とにかくお母さんの発想次第で

どんなカードも作れちゃうというわけです!!

 

親子で一緒に手作りしたほうが子ども自身が

カードに愛着がわいてきて楽しく見てくれますよ(*^^)v

 

作る間も楽しい、作ってからも楽しめるフラッシュカードを

ぜひお家で使ってくださいね★★

 

1歳の子供の遊びに知育カードが欲しい!!どんなものがいいの⁇

 

1歳にもなると子どもたちって

大人が思っている以上に何でもできますよね!!

 

しゃべることは少ないですが、

親が言っていることは何でも理解して

行動してくれます。

 

本当にうちの子天才じゃね!?

と勘違いしちゃうのも無理ありません。

まぁ親バカ炸裂でもあります(笑)

 

そんなかわいい我が子にもっといろいろなことを

教えたいとは思いませんか⁇

思いますよね!!

 

最近はいろいろな知育カードが出ていますが

どんなものを使ったらいいのでしょうか⁇

 

知育カードって何⁇本当に知育に繋がるの⁇

 

知育カードとは

子どもたちに覚えておいてほしいものをカードにしたものです。

 

例えば野菜のカードや果物のカード、動物カード、乗り物カードなど

本当にいろいろな種類が販売されています。

 

またカードによっても絵合わせになっているものや

パズルになっているものなどもあり大人でもわくわくします。

 

 

知育カードと言われているぐらいなので

知育をするときに使うと便利です。

 

幼児教室でも多くの教室が使っていますよ!!

 

 

小さい時は乗り物は全部「車」でいいかもしれません。

 

でもさすがに小学生ぐらいの子が

救急車やパトカーをいつまでも車と言っていては

問題があるでしょう。

 

自分の子どもに早くいろいろなものを知ってもらうには

本当に使いやすい勉強道具です!!

 

知育カードは種類豊富!!1歳の子どもに使わせるならどこから⁇

 

1歳の子どもたちに渡すなら

まずは知育カードに興味を持ってもらう必要があります。

 

一瞬で飽きられてしまっては

買うのが無駄な気がしてしまいますよね。

 

 

1歳の子供たちが興味あるものであれば

最初はどのカードでもいいと思いますが

私のおすすめは動物カードです!!

 

動物が嫌いな子どもは少ないですし

そのカードの動物になりきって遊ぶこともできます♪

 

1つの知育カードを子どもが覚えるまで

しっかり使えるのが一番良い選び方だと思いますよ!!

 

 

そして1歳のころに覚えておいてほしいものもあります。

 

それは自分の身の回りにある言葉。

 

机やいすなどの道具はもちろん

食べているものなどは必ず覚えておきましょう!!

 

身近にあるものから覚えることで

語彙力UPにもつながります。

 

 

知育カードだけでは効果が薄い⁇陥りがちな勘違い。

 

知育カードに関しては

とてもいい勉強道具です。

 

そのためお家で遊ぶときに使っているよ!!

という方も大勢います。

 

しかしこんなこともありました。

 

子どもは知育カードがすごく好きで毎日やっています!!

どんな言葉もすぐに覚えてしまいました(*´▽`*)

 

それはすごいですね!!

ではこれは何でしょう⁇

(野菜のおもちゃをみせながら)

 

子ども

……(;´・ω・)

 

 

それ以降はあなたもなんとなく予想できると思いますが

お母様は焦って子供を叱ってしまいました。

 

実は子どもがこんな状況に陥ってしまうのには

知育カードだけで勉強していた問題点があるのです。

 

 

知育カードはしょせん絵や写真です。

本物ではありませんよね。

 

子どもたちは写真や絵の物の名前を覚えているのであって

本物とはイコールでつながっていない場合もあるのです。

 

親はそのことが分からないため

ショックを受けてイライラしてしまうのです。

 

知育カードで勉強はおしまいではない!!それ以降が大切です。

 

知育カードを使う問題点はありましたが

もちろんとても良い教材です。

 

親が問題点を理解し

上手く使ってあげればいいのです。

 

 

一番いい方法は

カードと本物の両方を見せてあげること!!

 

そして子どもに教えるだけではなく

質問をしてあげましょう(*´▽`*)

 

本物を見せながら

「これと同じものはどれ⁇」

とカードをとってもらってください。

 

逆バージョンもいいですね(^.^)

 

そうすることによって

同じものでもいろいろな表し方があるんだなと

1歳の子どもでもわかってくれるようになります。

 

 

絵と別の絵、写真と絵、リアルなおもちゃと絵など

とにかく同じものは何でも問題にしちゃいましょう!!

 

私の生徒さんでこんな方もいました。

 

 

チラシに乗っている写真を見せながら

カードをとってもらっています。

 

 

すごくいいアイディアだと思いませんか⁇

チラシならタダで手にはいりますし

季節の物も載っています。

 

時期によってチラシに載る季節の食べ物を

教えてあげることも可能ですね♪

 

知育カードで子どもの興味を引き付けちゃいましょう!!

 

 

どうしても勉強させたいという

親御さんがよくいらっしゃいますが

無理やりやらせても意味はありませんよ。

 

子どもたちは自分の意思が強いです。

特に1歳を過ぎた子どもは自我が出始めています。

 

そのため1度でも嫌だと感じたものは

やらないくなってしまいますよ。

 

 

うまーく子どもたちを誘導して

「遊び→勉強」につなげてあげるのが

一番大切なのです。

 

親もガミガミ言いたくはないですよね。

子どもも言われたくありません。

 

 

知育カードをやっているときは

一緒になって楽しく行って下さい!!

 

もちろん思いっきり褒めてあげることも忘れずに(*´ω`*)

 

 

あなたにおすすめの記事↓↓

セリアで売っているひらがなカードがめちゃくちゃいい!?

ダイソーの積み木が万能!?積み木を使ってお勉強しちゃいましょう。

 

子どもたちの大好きなおもちゃの1つに

『積み木』がありますよね。

 

いつも何気なく遊ばれている積み木ですが

実は幼児のお勉強に打ってつけなのを知っていましたか⁇

 

子どもたちが大好きなおもちゃの上

お勉強でも使えるなんてもう積み木から目が離せません!!

 

幼児教室でも使いたい!!ダイソーの積み木がやばい。

 

 

幼児教育に力を入れている親御さんが

とっても多い今日。

 

マジで幼児教室でも使いたいと思うのが

『ダイソーの積み木』です!!

 

ほんとすごいんですよ( *´艸`)

お家でお勉強している生徒にもお伝えしちゃうぐらいです!!

 

あなたはダイソーの積み木を見たことがありますか⁇

組み合わせて丸になる形が売っているだけでもすごいと思うのに

三角や四角まで!!

 

他にもいろいろな形を組み合わせて遊ぶものもあります♡♡

 

今まで「こんなのあったらなー」

と思っていたものが全てダイソーで手に入ってしまうんです!!

しかも100円で!!

 

もう高いおもちゃを集める必要もありません。

 

ダイソーも角材も使える!?そんなものまであるの⁇

 

ダイソーは積み木がすごいだけではないんです!!

手のひらサイズの角材もお得に購入できるため

手作りの積み木まで作れちゃうんです( *´艸`)

 

お教室では

面によって色を変えてある積み木を使っています。

ニキーチンの積み木と言ったら知っている方も多いかと思います。

 

ニキーチンがすごく面白いんですよね。

でも購入するとめちゃくちゃ高いです。

 

それがダイソーの角材さえあれば作れちゃいます!!

 

角材のためやすりや色塗りなどの手間はかかってしまいますが

お金には変えられない。

 

積み木ごとに色を変えても面白いですよねー

 

ダイソーの角材はある程度形もそろっていて

いろいろなものがあるので子どものおもちゃを作るのにおすすめです!!

 

積み木を使ってどんな勉強ができるの⁇

 

 

ダイソーの積み木がお勉強に使えるのは

なんとなくわかっていただけたかと思います。

 

でも、子どもたちに自由に遊ばせていては

勉強につなげることはできません。

 

そのため親の協力も必要になります。

 

積み木でできるお勉強は

「色」「形」「数」「立体」

など様々です!!

 

 

小さい頃は覚え始め。

「赤色はどれ⁇」と聞いても

なかなか正解の物を持ってきてくれません。

 

そのためまずは色から教えてあげてください。

 

「これは〇色だよ。じゃあ同じ色はどれ⁇」

など興味を引くような声掛けをすれば子どもたちは

どんどん自分からお勉強をするようになります。

 

同じ色を積んでタワーを作って遊んでもいいですね♪

 

 

形を教えてもいいです。

積み木って円柱や三角柱、橋の形など

様々なものがあります。

 

ダイソーの積み木も同じように

いろいろな形がそろっていますね。

 

それをいくつか集めて

丸・三角・四角のお勉強をすることもできます!!

 

 

色や形に慣れてきたら

「赤色で三角の積み木をちょうだい!!」

 

などと、どんどん難しくしていけば

何歳になってもお勉強として使うことができますよ♪

 

イメージ力にも!?積み木の可能性は無限大。

 

積み木って色々な形があるから

面白い形を作ることができますよね♪

 

本来子どもたちが楽しく遊んでいるのは

積み木を積んでいるときだと思います。

 

どんな形ができたかなど

一緒にお話ししてあげてください!!

 

お家や車

ロケット

滑り台

 

他にもお題を出して

子どもとどっちが上手にできたかなどを

競っても面白いですね♪

 

 

私のお教室ではよく積み木を使って

計算をしています。

 

〇+〇=?

 

などのお勉強をするときには

すごく使えるのですごく便利です!!

 

慣れてくれば積み木を使わなくても

算数の計算ができるようになりますしね( *´艸`)

 

幼児教育は高いものばかりではない!!

 

 

あなたは幼児教育と聞いてどのように思いますか⁇

大半の方がやらせたいけど高い!!と答えるでしょう。

 

でも幼児教育は高いだけではないんです。

 

ダイソーの積み木で勉強ができるように

親の発想次第で安くお勉強をさせることだって

できてしまうのです。

 

幼児教育をするなら親の助けが必要!!

子どもには将来勉強で苦労してほしくないですよね。

 

そのためには今の積み重ねです。

 

幼いころから楽しく勉強ができれば

自然と勉強が好きになる子だってたくさんいます!!

 

無理して高いものを買うのではなく

目の前のできることから始めてみましょう。

 

 

ダイソー以外にも100円ショップはたくさんあります。

 

どのお店にも子どもたちが使える楽しい道具が

たくさん売っています!!

 

遊ぶのは今だけ。

おもちゃにお金をかけるよりも

楽しく遊べてお勉強もできちゃうおもちゃを

購入してあげてください。

 

でも、勉強させたいからと

無理やり押し付けてはだめですよ××

 

何をやるにも

『親子で楽しく♪』を意識してあげてください(*’ω’*)

 

 

他にも、100円ショップのもので

お勉強に役立つ記事を公開していますよ!!

 

こちらをクリック↓↓

セリアで販売されているひらがなカードがお勉強にピッタリ!?