嫌なことから逃げる子どもを、どうやって頑張らせればいいの??

 

「いやだーーー!!嫌だーーー!!」

嫌なことから逃げる子どもにイライラ。

 

やればできるのに。

やってみたら楽しいのに。

あなたもそんな考えが頭から離れませんね。

 

そうなんです!!

子どもってやればできるんですよね(*´ω`*)

本当に素晴らしい能力を持った子ばかり。

 

嫌なことでも逃げずに頑張ってほしいと思うのは

親として当たり前な感情です。

 

嫌なことから逃げる子ども…どうして逃げるの⁇

 

あなたのお子さんはどんな理由で

嫌なことから逃げているのでしょうか⁇

 

初めてやることだから怖い。

一度やったけど難しかったからやりたくない。

失敗したくない。

 

 

実は子どもたちって色々な感情を持っています。

 

嫌なことから逃げる子どもはたくさんいますが

それぞれ理由は違います。

 

まずはあなたのお子さんがどんな理由で

嫌なことから逃げてしまうのか観察したり

お話してみて下さいね!!

 

そこからの対応が親としての

見せどころです(‘ω’)

 

嫌なことから逃げずに挑戦してほしい!!

 

実際に私の子どもも嫌なことから逃げる子でした。

 

「子どもがやったら楽しそうだな」

「これできるようになったらいいな~」

と思い、いろいろなことをさせてきましたが

しょっちゅう逃げます(笑)

 

理由を聞いても「嫌だ」の一点張り。

やったら楽しいのに…

絶対できるのに…

と思う親心は全くと言っていいほど伝わりません(笑)

 

でも子供たちにだって嫌がる理由があるんですよねー。

 

そんな時はまず私からやってみます。

子どもが見ていても見ていなくても

大袈裟に楽しそうにやりましょう!!

 

最初は興味がなかった子どもも段々興味が湧いてくるようで

横から覗きに来るようになりますよ(*´ω`*)

 

そうしたらもうこっちのもんです!!

「楽しいよ~

一緒にやってみる⁇」

って声をかけるだけでやり始めます♪

 

最初は難しそうにしていれば横から手伝ってあげてもいいですし

もしかしたら「1人でやる!!」と言われるかもしれません。

 

ゆっくりと見守ってあげましょう。

 

一度やってできなかったからと嫌がる子どもにも

親がやっている姿を見せるのはすごく有効な手段です!!

 

子どもは失敗するのが怖い…しっかり声をかけてあげよう。

 

多くの子どもは失敗するのが嫌いです。

これは苦手・嫌い。と思ったら

失敗するのが怖くて新しいことに挑戦しようとしなくなります。

 

でもそんな子供こそ

色々なことに挑戦する必要があります。

 

今から大きくなるためには失敗はつきもの。

 

失敗ばかりを恐れていては

いつまでたっても何もできません。

 

 

あなたは子どもがどうして失敗を恐れるのだと思いますか⁇

 

私が思うのは

親が失敗したところを見せないから。

 

親になると子供の前でいいところを見せたいですよね!!

そのため子どもの前では全く失敗しないのです。

 

そんな親を見ている子どもは

「失敗してはいけないんだ。」

「完璧じゃないといけないんだ。」

と勘違いしてしまうのです。

 

 

もちろん大人だって失敗しますよね。

ぜひそんな姿も子どもに見せてあげてください!!

 

そうすることによって子どもの気持ちは徐々に変わっていきます。

 

失敗することも大切。

失敗したら新しいことを知るチャンスになる!!

失敗したら何度も挑戦すればいい。

 

 

失敗することで人は成長しますね。

失敗しないような選択ばかりしていては

何もできません。

 

子どもにはそのことを身をもって伝えてあげて下さい(*’ω’*)

失敗しないように最初は

「一緒にやろうね」

と声をかけてあげてもいいでしょう!!

 

完璧主義で育ててはいけない。

 

あなたは完璧主義で育てていませんか⁇

 

新しいことに挑戦したら

すぐにできるようにならないといけない。

私の子どもなんだから完璧じゃないといけない。

 

そんな気持ちは言葉に出していなくても

子どもには伝わってしまいます。

 

子どもは今の状態が100点満点です。

 

ここから成長してまた

新しい100点満点ができるのです!!

 

完璧主義ほど子どもたちにとって

負担になることはありません。

 

だって毎日親の顔色を伺いながら

生活していかないといけないんですよ。

あなたなら耐えられますか⁇

 

そんな生活嫌ですよね。

 

 

あなたの強い思いは子どもに

そんな環境を与えてしまっているかもしれないのです。

 

まずは、あなたの今の状態が素晴らしいこと。

あなたさえいてくれればいいことをしっかり言葉で

伝えてあげましょう。

 

そこから

「これもできるようになったらすごいと思わない⁇

一緒にやってみよっか!!」

と子供を誘導してあげてください。

 

子どもからは

「親がいてくれるから挑戦してみたい!!」

「応援してくれるから頑張ってみよう!!」

という気持ちが湧き出てきます(‘ω’)

 

子どもの世界って親が中心として

回っているってことを忘れないであげてください。

 

ちょっとずつでも

嫌なことから逃げる子どもではなく

嫌なことでも自分から挑戦できる子どもに

なってくれると嬉しいですね♪

 

あなたにおすすめの記事↓↓

脱消極的。子どもを積極的にさせる方法は⁇