早期教育のせいでダブルリミテッドという問題を抱えるかも??

 

この記事を見ているあなたは、

「ダブルリミテッド」

という問題について気にしていることでしょう。

 

もしかしてこのダブルリミテッドについて、

何かしらの情報が欲しいと考えているかもしれません。

 

このダブルリミテッド問題って

今ではかなり問題視されているのです。

 

あなたも知っていることでしょうが、

ダブルリミテッドについて、

少しだけおさらいをしておきましょう。

 

ダブルリミテッドは

2カ国語以上話すことができるのですが、完璧に言葉を使うことができない問題。

とされています。

 

私はこれの意味を知ったことで、

「ん??一体どういうことなんだろうか??」

という疑問を真っ先に感じましたね。

 

だって2カ国語以上話せるのに話せない??

どういう解釈をしたらいいのだろうか??

と頭の上に疑問符が出てきましたから。

 

一応話すことはできるのですが、

何かしらの言葉が不足しているという

イメージを持てばいいでしょう。

 

それで何でこんな問題が起きてしまうのか??

私は不思議で不思議で仕方がありませんでした。

 

だって2カ国語も勉強しているのに、

完璧に話せないっていまいちピンとこないんですよ。

 

ダブルリミテッドについて調べまくっていると、

なんと幼少期から教育を受けていることが、

起因しているのではないのか??

という記載を見つけたのです。

 

え!?嘘でしょって私は思いましたよ。

少しお話が逸れるのですが、

私の身分を明かしますと、

実は幼児教室で先生をしているのです。

ちなみに英語の担当ではありませんが…

 

ですが幼少期からの教育が

起因しているという記述を見て、

ダブルリミテッドという問題について

非常に強い興味を抱いたのは事実です。

 

本当に幼児教育によって、

そんな問題が発生してしまうのか??

 

私は実際に英語の先生に聞いてみて、

お話をまとめたいと思います。

 

赤ちゃんの頃からちゃんとお勉強をすれば将来は心配いらない??

↓ ↓ ↓

赤ちゃんの知能を伸ばしたい!!でも難しいのですか??

 

ダブルリミテッドは幼少期の意図的な教育が原因となっている!?

 

 

私が働いている幼児教室の英語担当の先生に聞いてみたところ、

確かに早期教育によってダブルリミテッドは

関係しているかもしれないね。

というお話を聞くことができました。

 

何でこんな問題が発生したのか

さらに掘り下げて聞いてみますと、

「まだまだ成長途中で日本語を学んでいるのに、英語をさらに勉強させているから」

っとおっしゃっていたのです。

 

一体どういうことなのでしょうか??

要は、

日本語も英語も中途半端に学んでいるから、

使い方まで細かいところまで学べていないからです。

 

これは早期教育のデメリットにもなりそうですね…

やはりいろんなことを小さい内に一気に詰め込むので、

子供からすると脳がパンクしてしまうのでしょう。

 

勉強に関しては何もかも中途半端になるってことです。

これじゃあ勉強をしている意味がありませんよね。

っというか勉強をして損をしていると言っても過言ではありません(T_T)

塾の先生をしている私が言ってはいけないことですが…

 

じゃあこのダブルリミテッド問題について、

一体どうやって対応をしていけばいいのでしょうか??

問題はここですよね~

 

国語と英語の勉強をバランスよくすることが大切

 

日本で住んでいる以上は、

普通に日本語を覚えていくことでしょう。

 

なので日本語を重点的に勉強をしてもいいのです。

英語は学校のテスト用に勉強をするくらいの気持ちでね。

 

ですが英語をほとんど勉強をして、

日本語をあまり勉強しないとなると、

話は一気に変わってきます。

 

頭の中が英語と日本語でごっちゃになってしまい、

使い分けの境目が分からなくなる可能性があるからです。

そう、これがダブルリミテッドに繋がるのですよ…

 

とにかく英語もしっかりと勉強をして欲しいのであれば、

英語だけではなく、

日本語の方も同様にお勉強をする必要があるのです。

 

英語だけに時間を費やすという行為は、

リスクのある勉強方法と言えます。

 

幼少期からではなく、別に中学生になってからでも英語は遅くはありません

 

今の社会はグローバル化という言葉が

とっても注目されていますね。

簡単に言うと、英語がとっても重要視されているのです。

 

なので幼少期から必死になって、

英語をお勉強をさせる親御さんが目立っているのですが、

これがダブルリミテッドに繋がる可能性があります。

 

こんなリスクのある問題になるのでしたら、

別に中学生からでもいいとあなたは思いませんか??

 

だって中学生って日本語は普通に話せるので、

英語を本格的に勉強をしても、

日本語が不自由になることはありませんから。

 

中学生になってから英語の勉強に注力しても、

全然いいと私は感じているのです。

 

っというか幼児教室の英語担当の先生もおっしゃっていたので、

これが一番リスクのない方法と言えるでしょう。

 

あなたはどのようにお子様と英語とを

結び付けて行きたいですか??

きっといろんな思いがあって、

英語をさせようかどうか悩んでいるのでしょう。

 

なのでできるだけダブルリミテッドのようなリスクに

陥らないように子供にお勉強をさせていきたいですね♪

 

英語の勉強をしないと英語は上達しません。ですが勉強のしすぎはやばい??

↓ ↓ ↓

これだけは絶対にやめてください。勉強のしすぎはおすすめしません!!