子供の言葉が遅いので不安。幼児教室でなんとかなりますか??

 

 

「えっっ!?

同い年の子どもたちってこんなにおしゃべりできるの!?」

 

我が子の言葉が遅いのに気付いたのは

幼稚園のプレ教室に参加したときでした。

 

周りの子どもたちは

たくさん言葉をしゃべっているのに対し

我が子だけが全く話そうとはしません。

 

今まで周りに同じぐらいの年齢の子どもたちが

いなかったため言葉の遅れに全く気付くこともなく

その時にショックを受けました…

 

 

でも言葉の遅れに気付いたのは

私だけではありませんでした。

 

通おうと思っている幼稚園の先生も

他の子どもとは差がある我が子に気づいたのです。

 

私は後日幼稚園の先生から連絡を受け

衝撃的なことを告げられたのです。

 

「このまま言葉が遅いようなら我が幼稚園への

入園を認められません。」

 

 

その一言で、我が子を認めてもらえないのだとわかり

愕然としたのを今でも鮮明に覚えています。

 

 

幼稚園から告げられた理由はこうでした。

 

おしゃべりができないと他の子どもたちとの

コミュニケーションを取ることができず

なにかあった時に手を出してしまう恐れがあるから。

 

分からなくもないですが

言葉が遅いだけでそんな疑いを向けられるなんて

思ってもいませんでした。

 

ショックなのと同時に

これは言葉の練習をしなければいけないな…

と感じたのですが

そんな時に幼児教室の看板が目に入ったのです。

 

 

そういえばお友達の子どもが

幼児教室に通っていてよくおしゃべりしていたな。

と気づきました。

 

 

幼児教室に通えば

もしかしたら言葉が出るのでは!?

と希望がみえ始めたのです。

 

本当に幼児教室に通ったら

言葉の遅れを取り戻すことが出来るのでしょうか??

 

幼児教室に通うことで、言葉が遅い問題は解決できるのか??

 

 

 

 

結論から言うと幼児教室に通ったことで

言葉の遅れを取り戻すことは十分にできるでしょう。

 

私のお教室にも言葉が遅かったから

と来られる方はすごく多いです!!

 

 

実際に私の働いているお教室でも療育に通っていました。

という方もいらっしゃいますが

療育に行くよりも幼児教室に通った方がよかった!!

という声も聞きます。

 

もちろん子供との相性がありますので

幼児教室が良くて療育がダメという話ではありません。

 

悩んでいるのであれば

幼児教室も1つの方法としてはあり。

だということです。

 

 

どうして言葉が遅れてしまうの??どんなことをしてあげたらいいの。

 

子供の言葉が遅いのには

いろいろな原因が考えられますよね。

 

でも共通して言えることは

子供の脳がまだおしゃべりができるほど

刺激されていないということ!!

 

子供たちの脳だって

それぞれ個性があります。

 

覚えた言葉をすぐに使い始められる子もいれば

たくさんの言葉を覚えてから

急におしゃべりが上手になる子だっています。

 

 

言葉が遅れているのであれば

子供のしゃべりたい欲を刺激してあげればいいのです。

 

幼児教室には

その刺激となるものがたくさんあります!!

 

フラッシュカードやリトミックなどは

特に効果がありますよ♪

 

 

幼児教室を体験した後から

急におしゃべりが出来るようになった子供が

いたのはよく覚えています(^^)

 

私が担当したお子さんだったのですが

1週間後にもう一度会ったらたくさん話しかけてくれて

うれしかったのは今でも忘れません。

 

幼児教室の体験は

無料で出来るところも多いので

1度体験に行ってみてもいいですね。

 

 

最後に。

あなたが子供の言葉が遅れることに対し

心配しすぎると子供たちにはその思いが伝わってしまいます。

 

もしかしたらあなたの思いが強すぎて

しゃべりたいけどしゃべれないという環境を

作り出してしまっている可能性だってありますよ。

 

それではいつまでたっても

子供はしゃべることが出来ません…

 

 

我が子はゆっくりなだけ。

今は言葉を蓄えている最中なんだ!!

 

と軽い気持ちで向き合ってあげてくださいね♪

 

 

あなたにおすすめの記事↓↓

幼児教室で人気の七田式を自宅でやりたい!!でもそんな方法ってあるの??