小学1年生の子供が全く勉強についていけないから不安。

 

 

お勉強が本格的に始まるのは、

小学1年生になった段階からですね。

 

 

お勉強だけではなく、

生活習慣も一気に変わることでしょう。

 

 

さて、小学1年生になったお子様を持つ親御さんは、

不安を抱えている人がほとんどです。

 

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

小学1年生になったお子様を持つ親御さんに、

こんな質問を一定数頂いているのですよ。

 

 

親「うちの子供がお勉強についていけているのか非常に不安なのです…」

 

 

この記事を見ているあなたも、

きっとお子様の勉学面で非常に不安を覚えているでしょう。

 

 

なので子供が本当に勉強が出来ているのかチェックすると、

全く学校のお勉強が出来てないじゃないですか!!

 

 

その事実を知ったせいでさらに不安になってしまう…

あなたのお気持ちが痛いほど理解できます。

 

 

さてそんな小学1年生のお勉強が出来ないと

一体どうなってしまうのでしょうか??

あなたの不安をさらに煽ってしまう形になるのですが、

これから先の難しい勉強は何一つ出来ない可能性があるのです。

 

 

学校のお勉強って基本的に小学1年生からの基礎ができ、

さらに小学2年生の内容は、

小学1年生の内容を理解できないと、

基本的には解けないようになっているんですよ。

だから小学1年生の勉強が出来ていないと、

これから先の勉強は出来ない可能性が非常に高いのです…

 

 

この学歴社会の中、

あまりお勉強が出来ていないのは問題ですね。

子供が大人になって就職するための難易度が

一気に高くなりますから…

 

 

そして仮に運よく就職出来たとしても、

ブラック企業を選択している可能性もあるのです。

 

 

勉強があまり出来ていないだけで、

これだけの仕打ちを受けてしまうのですよ。

だからこそやはり勉強というのは大切です。

 

 

 

さて、前置きが長くなってしまったのですが、

小学1年生の段階で勉強についていけない場合は、

一体どんな対応をしたらいいのでしょうか??

この記事でしっかりとまとめたいと思います!!

 

 

勉強が出来ないならまずは持久力を強化するべき!?

↓ ↓ ↓

持久力をとことん伸ばすことで学力もとことん伸びる!?

 

 

小学1年生の勉強についていけない場合の簡単な対処法ってないのでしょうか??

 

 

 

 

焦ってしまうあなたのお気持ちは理解できます。

ですが焦っていても物事は解決しませんよね…

 

 

焦らせたいのはあなたではなく、

あなたのお子様になりますから。

 

 

さて小学1年生の子供は一体どうやって

お勉強についていくことができるようになるのでしょうか??

ここさえ踏ん張ることが出来れば、

後ほど同じようにつまづいても対処できるので、

これは「チャンスだ!!」と思うようにするといいでしょう。

 

 

子供の宿題を通して苦手な部分を明確化すること

 

 

小学1年生になったら、

まずは宿題が先生から出されますね。

宿題って非常に大切なのはあなたも知っているでしょう。

 

 

学校で習った内容を

宿題を通して復習をするのですから。

なのでまずはこの宿題を徹底的に利用するようにしましょう。

 

 

子供の宿題を確認をして、

一緒にあなたがお勉強をすることで、

子供が全く理解をしていない点を

あらかじめ明確化することができるのです。

 

 

壁などに小学1年生の勉強内容の表や図を貼っておく

 

 

あなたのお子様が宿題を通して理解していない点が分かったら、

その苦手な部分を表にして家の壁に貼るといいでしょう。

 

 

家の壁って何気なく視界に入る部分なので、

そういう部分を狙って子供の目に入るようにすれば、

知識を蓄えることができるようになります。

 

 

私の中では特にトイレがおすすめですね。

トイレって何気なくしていると思うのですが、

そこで目に入るよ何気なく読んでしまう傾向があるのです。

特に重要なポイントはトレイの壁に貼るといいでしょう。

 

 

出来ない科目の基礎を固めるためには教科書が手っ取り早い!!

 

 

子供が苦手な科目が分かったら、

すぐに参考書を買いに行くご家庭がいらっしゃいます。

確かに参考書も一つの教材なのですが、

学校のお勉強というのは教科書を基盤にしているのです。

 

 

教科書を基にして学校の授業は進んでいるので、

まずは教科書の問題を一通りこなすといいでしょう。

また基本的に学校のテストも教科書を基にしているのです。

 

 

教科書というのは基本的な部分がたくさん書いてあるので、

まずは教科書の内容をしっかりと把握して、

そしてレベルを上げたいのであれば参考書を利用するようにしてください。

 

 

何度も何度も教科書を読み込むことで、

子供は暗記して内容を理解する傾向がありますから。

 

 

子供を一人で勉強をさせないようにする

 

 

子供を一人で勉強をさせるのは危険です。

子供が勉強についていけてないということは、

何が分からないのか分かっていない

可能性がありますから。

 

 

何が原因でこの問題を解くことができないのか分かっていないので、

あなたはお子様に理屈を教える必要があります。

また分からないまま放っておくと、

とことん分からない状態になるので、

今後の勉強に悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

 

なので家ではあなたが先生となって、

お子様にお勉強を教えていくといいでしょう。

 

 

小学1年生の勉強にはこどもちゃれんがいい??本当に必要なの??

↓ ↓ ↓

こどもちゃれんじって本当に利用をする必要はあるのでしょうか??