小学生の子供に習い事をさせたいのですが、週何回がいいですか??

 

子供が小学生になったから、

習い事をやらせてもいいかな~

って考えている人は非常に多いです。

 

きっとあなたも小学生のお子さんに、

習い事をやらせようか

検討しているのでしょう。

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

小学生の生徒さんもたまに授業を行っています。

 

それで小学生の生徒さんは、

幼児教室に通ってきている場合なのですが、

けっこうな頻度で習い事をしているのです。

 

親御さんが、子供にいろんな経験をして欲しいから、

たくさんの習い事をさせているのですよ。

その中で子供にあった習い事に絞って、

どんどん質を高めていくという教育方法です。

 

でもこれってよくよく考えたら、

子供がめっちゃ忙しくなるんじゃないのか??

っとあなたは思いませんか??

 

子供のお仕事は基本的にお勉強と遊ぶこと。

習い事をたくさんしてしまっては、

子供がやるべきことができないんじゃないのか??

 

私はたくさんの習い事をさせている親御さんには、

もうちょっと子供のことを考えてほしいな~

っと心に秘めているのです。

 

まぁ、よそ様の家庭のことなので、

何一つ口を出すことはできないのですがね。

 

それでこの記事を見ているあなたは、

「子供の習い事と頻度」

について気にしているのでしょう。

 

せっかく習い事を検討しているので、

是非ともやらせたいですよね~

せっかくやらせるので、

できればしっかりと実につけて欲しい。

 

ですが習い事をするにしても、

いろんな問題を抱える可能性があります。

特に習い事の頻度についてですよね。

 

この記事では、

「小学生の子供の習い事と頻度」

について徹底的にまとめたいと思います!!

 

あなたにおすすめしたい記事はこちらです!!

↓ ↓ ↓

子供にたくさんの経験をさせるのって本当に大切なのですか??

 

子供の習い事は週に何回くらいがいいのでしょうか??

 

 

子供の習い事ってとっても大切ですよね~

習い事をしているおかげで、

知識を得ることができますし、

大人になっても応用が利きますから。

 

私も小学生の頃にやっていた習い事が、

意外なところで発揮することがありましたから。

なので私も習い事をやるのってとっても大切だと考えています。

 

小学生の時にあれをやっていたらどうだったんだろ~

みたいにたまに考えることもあるのです。

 

それくらい習い事って影響力があるのですよ。

 

それで親御さんも子供に習い事で経験をさせて、

将来立派な社会人になってもらうという目的があるのです。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたね。

申し訳ありません。

 

それでは子供にどれくらいの頻度で、

習い事をさせていけばいいのでしょうか??

 

まずは子供と相談をしっかりして習い事を検討する!!

 

もしかしたらあなたは、

「何を当たり前のことを言っているのだ!?」

っと感じるでしょう。

 

だって習い事をするのは子供です。

子供と習い事を相談するのは当たり前ですから。

改めて言う必要はないだろ!!

ってのが正直なところでしょう。

 

確かにあなたのおっしゃる通りです。

 

ですが子供と習い事の相談をすることは、

非常に大切なことなのであえて説明させてもらいます。

 

とある親御さんが子供に習い事を始めさせる時に、

こんなことを子供に聞いていたのですよ。

 

親「この習い事は将来役に立つからやりなさい。」

子供「うん、分かった!!」

 

ってな感じのやりとりです。

あなたはどう思いますか??

 

きっとこれでは子供と親の相談になっていないのでは??

って直感的に感じたことでしょう。

 

だって親が習い事の提案を子供にして、

子供は何も考えずに納得をしているからです。

 

基本的に習い事をさせる時って、

こんな感じに決めてしまう家庭が多いのですよ!!

私は上記のやりとりを何度も見ましたから。

 

これじゃあ全く子供と相談したことになりません。

 

こういうのは家に帰って、

しっかりと子供の目を見て、

提案をして子供の意見をしっかり聞くことがポイントです。

 

この記事を見ているあなたなら分かっているでしょうが。

 

子供の習い事と自我は深く密接している!?

↓ ↓ ↓

子供の自我をしっかりと育ててあげたい!!

 

子供の体力をしっかりと加味すること!!

 

さて、ここからが本題になります。

 

子供に習い事をやらせるにあたり、

どれくらいの頻度で行うのか??

 

私の幼児教室にきている親御さんから話を伺うと、

大体週に2回くらいの頻度習い事をさせているのです。

 

何で週に2回ほど習い事にしているのか??

それは子供の体力を考えた上で決めているからです。

 

子供って何気に忙しいんですよね。

学校で勉強して、家に帰って、

お友達と遊んでさらに宿題をする。

そしてご飯を食べてお風呂に入って寝るのです。

 

よくよく考えてみたら、

就職をしている人と同じ感じになっていると思います。

あなたも思いませんか??

 

子供って毎日が忙しいのですよ。

なので習い事をさせるには、

しっかりと子供の体力を検討するべきなのです。

 

体力を使い切った日に習い事の予定を入れてしまうと、

習い事に対する集中力が皆無になりますから。

 

これでは習い事をさせる意味が全くありませんよね。

無駄にお金を使っているのと一緒になります。

 

なので子供に習い事をさせるにしても、

子供の状態に合わせた習い事をさせるべきです。

 

この子供の状態に適した習い事というのは、

上記でも申しているように、

子供としっかりと話をして決めることが大切ですね。

 

習い事を始めたのであれば、逐一子供とコミュニケーションを取ることも意識する

 

 

せっかく習い事をするのですから、

できるだけ長い期間やって欲しいですよね。

 

長期的に習い事をすれば、

その分、専門的なこともできますし、

別のことにも応用することができますから。

 

習い事ってデメリットが圧倒的に少ないのですよ。

せっかく習い事をするので、

これをチャンスと考えて子供の知識を深めましょう!!

 

ですがこれはあくまで理想論です…

習い事を始めると、

そうそううまく物事が運ぶのが難しいのですね。

 

子供と習い事の相性がありますし、

習い事の先生との相性などもありますから。

こういう場合はやはり断念することで、

子供のストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

それで子供の習い事を継続させるためには、

習い事があった日に子供とお話すること!!

 

これを毎日継続することが大切なのです。

子供って学んだことを親に話したがります。

しっかりとお話を聞くことで、

子供は習い事に対してのやる気や興味が

どんどん深くなっていくのです。

 

あなたは子供の習い事を始めたら、

車などで送り迎えをするでしょう。

そんな時にちょっと話すだけでもいいですよ。