英語教育って実際のところ必要ない!?これって本当のこと??

 

英語教育って必要ない??それとも必要??

この問題ってネットでも度々議論されているのです。

 

特にyahoo知恵袋とかでは、

質問されている方をよく見かけ、

その返答欄では意見が割れているのですね。

 

あなたは実際にどのように感じていますか??

英語教育は必要ない??

という疑問を少なからず抱えていることでしょう。

 

う~ん、これって実際のところは、

自分の考えを持って解釈していくことが大切だと思うのですよ。

こんなことを言ってしまっては、

記事を書く意味が全くないので、

私なりの意見を書いていこうと思います。

 

まず私の身分を明かしますと、

私は幼児教育で先生をしているものです。

なので「教育」という観点から見れば、

私はそれなりの経験があるという自信があります。

 

もしあなたが私のことをちょっとでも信じているのであれば、

この記事を気軽に読み進めてみてください。

きっとあなたの気分を悪くする考えではありませんから。

 

英語教育の賛成派と否定派のどちらも納得することができます。

 

 

私が働いている幼児教室では、

英語担当の先生がいらっしゃるのです。

 

また親御さんの中でも、

この英語についてかなり期待をして、

入塾している人が多いのですよ。

 

なので私の幼児教室では、

英語教育に賛成している人が非常にあふれています。

 

まぁ、英語教室を目的にしてやってきているので当たり前ですが。

せっかくなので英語教育に賛成している人の意見を

実際に親御さんに聞いてみてまとめてみました。

 

英語教育に賛成している親御さんの意見

 

日本の企業がどんどん海外へ進出しているから
テレビとかよく見ているのですが、グローバル化という言葉が目立っています。

子供が成長をした時には、きっと日本のたくさんの企業が海外へ進出している可能性があるので、今の内に英語教育をさせようと思ったのです。

また仮に子供が外国へ進出していない企業に就職をしても、英語はどこかで絶対に役に立つ部分があるので、英語教育は意味のあるものだと考えています。

 

就職をする際に、かなりの好印象を与えられるから

私が学生の時に一番辛かったのは就職活動です。

面接の時に、面接官から「あなたは英語を自信を持って話すことができますか??」という質問が毎回のごとくあったのですよ…

原因は分からないのですが、「英語は話せません」と答えた企業さんからは不採用の通知が届くのです。

これほど辛い思いをしたことがなかったので、子供には幼少期から英語教室に通ってもらって私のように辛い思いをして欲しくないので、英語教育には賛成しています。

 

外国人のお友達ができた時のために
私は小さい頃から外国人のお友達がいたのです。

小学校、中学校、高校と年齢を重ねても、同じクラスに数人は絶対にいたのですよ。

ですがその外国人の子たちはなかなか日本語を話すことができません。

時間を重ねて行くうちにその外国人の子達は日本語を見に付けて、最終的に2ヶ国語を話すようになったのです。

これを私は間近で見ていて、素直にすごいと感服したのですよ。

なので自分の子供にもしっかりと英語を学んでもらって、外国人のお友達ができても、会話が楽しくできるようになって欲しいのです。

そしてどんどん外国人のお友達の輪を作ってもらって、立派な大人になったらいいなと思い、英語教育に力を入れ始めました。

 

私はいろんな親御さんに聞いてみると、

上記の3つが基本的に多かったです。

 

また、深い理由はないのですが、

何となく英語は話せたらいいでしょう、

的な考えて子供に英語教育をさせている人もいらっしゃいました。

 

ですが基本的に幼児教室に通っている生徒さんの親御さんは、

その先を細かく考えている印象がありましたね。

 

一方で英語教育が必要ないという意見はどんな理由があるのか??

 

さて、今度は英語教育が必要ない

という意見についてまとめたいと思います。

 

悲しいことに私の幼児教室では

反対派がいなかったので、

私の考えをまとめてみますね。

 

英語を本格的に勉強をするよりも、日本語の方が大事なのでは??

 

英語って結局は基本的に、

英語圏で使うことが圧倒的に多いと思います。

 

まぁ、日本にも英語しか話せない人も住んでいるので、

もしかしたら英語を使う可能性がありますが…

 

ですが日本に住んでいる以上、

英語にふれる機会は少ないと判断できますね。

 

だったら英語よりも母国語をしっかりと極めた方がいいんじゃないのか??

 

将来英語を使うような仕事を目指しているのであれば、

英語教育に力を入れてもいいでしょう。

ですが何となく英語教室に通うのであれば、

そこまで重要視しなくもで問題はありません。

 

幼少期からの英語教育は実はリスクを伴う可能性があった!?

 

実は早期の英語教育ってリスクがあるのですよ。

もしかしたらあなたは「え!?嘘でしょ!?」って感じると思います。

 

何でリスクを伴うことに繋がるのか??

幼少期に英語を学ぶってことは英語のお勉強をしますよね。

さらに普段から日本語を話すので日本語を話さないといけません。

ってことは2ヶ国語の勉強をすることになるのです。

 

そう、この2ヶ国語を勉強することに

リスクを伴う危険性があるのですよ…

 

英語教育はリスクを伴ってしまう!?気になる人は以下の記事をご覧ください。

↓ ↓ ↓

英語教育を早い段階でやると、ダブルリミテッドという問題を抱えてしまう!?