先行きが超不安。1年生の子供が算数が全くできないのです。

 

 

小学校に入学をして、

一定の期間が経ってテストがありました。

 

 

そしてテストの返却日に、

自分の子供がどれくらいの成績かを確認してみると、

「あれ??算数だけ悲惨なことになっているんだけど」

とあなたは絶句をしたでしょう。

 

 

子供に何で算数の点数だけ低いの??

と確認をしてみると、

「だって意味が分からないんだもん」

という返答をもらってしまった。

 

 

私の子供も算数が大が付くほど苦手でして、

算数の苦手克服にはかなりの時間を要しました。

はっきり言ってめちゃくちゃ大変でしたよ。

 

 

あまりにも苦手な科目だったためか、

算数のお勉強だけは集中力が皆無になっているのですから。

このままでは永遠と算数の成績は伸びないでしょうね。

 

 

ですが今では私の子供はある程度まで、

算数のお勉強ができるようになったのです。

ここでは私が実際に子供の算数嫌いを克服するために

どんなことをやってきたのかについて

徹底的にまとめていきたいと思います!!

 

 

算数がとにかく苦手ならば公文式がおすすめ??

 

 

算数ができない1年生はどうすれば??手遅れではないよね??

 

 

 

 

まだまだ1年生なのに算数ができていないとなると、

親のあなたはたまったもんではありませんね…

1年生の内容って基礎中の基礎。

2年生になったら1年生の内容もバンバン使うので、

永遠と算数ができない子供になってしまうかもしれません。

 

 

今のうちに算数嫌いに終止符を打っておきたいんだけど。
このままでは算数の成績だけがマズイことになりそう…
算数だけリアルのび太君ができあがってしまいそうだよ~
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
さすがに算数嫌いに終止符は難しいかも。
算数の楽しさを根本的に教えないといけないからね~
そもそも子供は算数に苦手意識をもっているから、どうやってその苦手意識を付き合っていくかが重要じゃないかな??
まぁ、嫌いから好きになれば一番理想的だけどね。
そっか~
無理に算数を勉強させると、もっと算数が嫌いになってしまったら元も子もないからね。
ここは子供が算数が「嫌い」と親はしっかりと認識をして、勉強を進めていくことが大切になるんだね。
お悩みママ
お悩みママ

 

 

ですが嫌いなままで放置をしていると、

子供は自ら算数の勉強に取り掛からないでしょう。

ってことは算数のせいで足を引っ張ってしまって、

永遠と総合成績が伸び悩むことも容易に想像できますね。

 

 

じゃあ一体どうやって子供の算数の成績を

ある程度上げることができるのでしょうか??

 

 

算数を教えるには理屈を子供に理解させる!!

 

 

もしかしたらあなたも分かっているかもしれませんが、

算数は基本的に理屈で解いていく内容です。

算数で暗記をするのは公式くらいかなぁ~

無駄に暗記をさせてしまうと、

頭の中の容量を無駄にしてしまう可能性がありますからね。

 

 

さて、理屈を教えるにしても、

一体どうやって理屈を教えていくのでしょうか??

 

 

分かりやすい問題集を買うとか??

などの選択肢が浮かんできそうですね。

 

 

確かに算数が苦手な子供に理屈を教えるために、

簡単な問題集を使うというのも一つの手です。

 

 

ですが問題集を買うということは、

子供が算数を勉強する時間がどんどん増えますね。

算数の勉強時間が増えると、

子供が嫌いな算数を接する機会が増えるのです。

 

 

別にこれはいいことだとは思うのですが、

さらに算数が嫌いになってしまう可能性があります。

どんどん嫌いになれば伸びるはずだった点数が伸びない

ってことも十分に考えられるのです。

 

 

でもそんなことを言ってしまうと、

永遠と算数の勉強にあり付けない問題が…

 

 

ここで私がおすすめしたいのは、

新しい問題集を購入するのではなくて、

学校の教科書を徹底的に利用をすればいいのです!!

 

 

もしあなたに今お時間があるのでしたら、

学校の教科書を開いてみてください。

懇切丁寧に解説をしていて、

さらには「何でそうなるのか??」という理屈が

こと細かく書いてあるので非常に素晴らしいのです。

 

 

あなたがしっかりと問題の内容を把握して、

子供に分かりやすく噛み砕けばいいのですよ。

中には算数の公式の作り方の説明も書いてありますから。

 

 

実は国語も子供があまりできていない可能性があるのでは??

 

 

何で算数の話をしているのに、

国語の話になるの!?

っとあなたは違和感を持ったことでしょう。

確かにあなたの違和感は当然のことです。

 

 

でもよくよく考えてみると、

算数には文章問題

が当たり前のように出題をしています。

 

 

ここであなたに聞きたいことがあるのですが、

文章問題を解くコツって何だと思いますか??

 

 

計算力ですか??

いいえ、文章問題を解くためには、

確かに計算力が必要ですが、

これはとあることをしてから計算ですよね。

 

 

そうなんです。

文章の内容を完璧に把握をしているのか??

というのがかなり大きなポイントです。

 

 

文章の内容が全く分かっていないのに、

計算力を使うところまで導けませんよね??

 

 

だからこそ算数の文章問題を攻略するには、

国語の力が必要になる訳です。

 

 

計算力を徹底的に磨いていくのもいいのですが、

国語もしっかりと勉強をして、

文章問題を解けるようにするのも算数の大切なところですね。

 

 

国語と理屈をしっかりと重点を置いて勉強することで、

算数の力はメキメキと伸びるでしょう。