子供が一年生になったのですが、勉強の遅れが非常に目立ちます。

 

 

子供が小学生になって、

生活の内容は一気に変わったことでしょう。

 

 

子供も非常に生活内容が変わってしまったので、

きっと大変な思いをしていることでしょうね。

でも大変なのは子供だけではなく、

親であるあなたも非常に忙しいです。

 

 

それで小学生になった子供がいろいろと慣れてくる頃には、

あなたも今の生活に慣れてきて、

余裕が出てくることでしょう。

 

 

そして親としてまず気になるのが子供の学力

子供は本当にお勉強が出来ているのだろうか??

この点についてはほぼ100%に近い数値で

たくさんの親御さんが気にしている点になるのです。

 

 

それであなたは子供の学力を確認してみるのですよ。

そしたら子供があまり勉強が出来ていないことを知ったのですよね??

 

 

小学1年生の段階で勉強に遅れが出ている。

これって非常に不安になってしまいますよね。

 

 

だって小学1年生の勉強内容って、

基礎中の基礎中の基礎。

1年生の勉強が出来ていないと、

はっきり言ってこれ以降の学年での勉強についていけません。

 

 

ってことは全く勉強が出来ないまま、

大人になってしまう危険性があるのですよ。

 

 

あなたはこの点をしっかりと理解をしているから、

勉強についていけてない子供があまりにも不安なんですよね。

 

 

さて、1年生の勉強に遅れが出ている場合、

親として一体何をしてあげればいいのでしょうか??

確かに非常に焦ってしまう展開なのですが、

ここは今一度落ち着いて対策法を考えるべきです。

 

 

でも対策法と言ってもなかなか思いつきません。

なのでこの記事でしっかりとまとめたいと思います!!

 

 

低学年でお勉強がについていけないならこれがおすすめ!?

↓ ↓ ↓

1年生の段階で勉強に遅れが出ているならポピーがおすすめ!?

 

 

何を言ってもまずは勉強をしないと遅れは広がります。

 

 

 

 

 

あなたにとっては非常に酷なのですが、

まずは焦るよりも落ち着くことを優先して欲しいのです。

ここで焦ってしまって対応方法を間違えてしまうと、

子供の勉強具合が逆に衰退してしまう恐れがありますから。

 

 

それでまずは対応法についての結論になるのですが、

しっかりと子供には勉強をしてもらわないと、

子供の勉強遅れは一向に改善しないのは確か。

 

 

前提として確実に子供には勉強をしてもらわないといけないのですよ。

 

 

じゃあ子供が勉強するためには、

一体どんなことをしていけばいいのか??

これって本当に苦労してしまうんですよね…

だって子供って基本的に勉強が大嫌いなのですから。

 

 

ですがここは子供に一肌脱いでもらって、

勉強を必死になってもらわないと

あなたの悩みの種は永遠と払拭できません。

 

 

習慣をつけた子供こそ、学力の伸びは著しい!!

 

 

学力がある子供って、

日頃から勉強をしている習慣が整っているのです。

 

 

今一度確認をしたいのですが、

あなたのお子様は習慣を付けているのでしょうか??

ある日だけ必死に勉強をして、

次の日には勉強を全くしない…

そんな生活を送っている可能性があるのでは??

 

 

ここで子供の勉強習慣を付ける為には、

あなたもピンときていることでしょうが、

学校の宿題

を徹底的に利用をしたらいいのです!!

 

 

本屋に言って教材を揃えることもありませんし、

通信教育で教材を手に入れる必要もありません。

学校の宿題を毎日こなしていると、

自然と勉強の習慣が出来上がっているものなのです。

 

 

なのでまずはあなたがすべきことは、

子供の宿題チェックを行うことになります。

確認をする際には子供に対して、

しっかりと言葉を選んでチェックするようにしましょう。

 

 

親が勉強に加わるのもいいのですが、注意点があります。

 

 

そして子供の学力を徹底的に上げるためには、

勉強が出来ていない点を露出すること。

そのためには親が勉強をチェックすることが大切になるのです。

 

 

ですがここでは親の干渉はほどほどにするのがコツ。

子供が分からない点が出ていると、

親からしてみると即効教えたくなりますから。

でもその教えたい思いを今一度封印をしてもらって、

子供が勉強をしている様子を見ることに専念してください。

 

 

もし子供が分からない問題に直面して、

あなたに聞いてきた場合に、

しっかりとお勉強を見てあげるとなおいいでしょう。

 

 

勉強ってとっても大切なことは親が理解しているので、

ついついヒートアップしてしまうのです。

子供と勉強をしている間に言い合いになってしまったら、

子供は極端に勉強を嫌いになってしまう可能性があります。

なのでこの点だけはしっかりと注意して欲しいのです。

 

 

切羽詰った雰囲気ほど怖いものはありません…

 

 

小学1年生の勉強で子供がつまづいていたら、

あなたはきっと切羽詰ってしまうことでしょう。

確かにあなたのお気持ちは痛いほど理解できます。

 

 

ですが焦ってしまっても仕方がありません。

切羽詰っても物事が好転する訳ではありませんから。

 

 

あなたが切羽詰っている様子を子供の前でやってしまったら、

きっとあなたのお子様も別の意味で焦るでしょう。

 

 

子供の中では

「自分が全く勉強が出来ていないからパパ&ママが不安になっている」

と解釈してしまう恐れがあるのです。

 

 

子供の中では非常に強いプレッシャーを感じるので、

できるだけ余裕の表情で子供と接するといいでしょう。

 

 

とにかく不安すぎて仕方がない場合は以下の記事をご覧ください!!

↓ ↓ ↓

あまりにも致命的!?小学1年生の子供が勉強できないのですから。