5歳の男の子の子供があまりにもうるさいので何とかしたい。

 

 

この記事を開いているあなたは、

きっとかなりお疲れのはず…

だって子供が騒いで騒いで仕方がないですから。

 

 

多少のうるささならあなたも寛容するでしょうが、

あまりにもうるさいので、

あなたはきっとイライラが止まらないことでしょう。

 

 

真剣に考え事をしている時に、

子供が「わーわー」やっていたら、

ついつい耳についてしまい、

最終的にあなたはイライラしていまうのですね。

 

 

私は幼児教室で先生をしているものでして、

5歳の男の子はたくさんやってくるのです。

ですが実際のところ私はあなたと同じ状況になります。

 

 

男の子があまりにも元気すぎて、

同い年のお友達も一緒に授業を受けているので、

もう本当に「カオス」という状態が続いているのです。

 

 

親御さん全員も頭を抱えてしまい、

5歳の男の子が暴れる姿を見て、

泣きそうな顔になっているのですよ。

当然ですが私も泣きそうになっています。

 

 

だって全く授業にならないのですから…

 

 

でも大人である私や親御さんも黙ってはいません。

子供に対してしっかりと注意をして、

一旦子供たちは落ち着くのですが、

数分するとまたまた男の子たちの声の嵐…

 

 

さて、こんな状況一体どうやって打破したらいいのでしょうか…

私の永遠の課題でもあります。

 

 

ですがあなたの場合は一人の5歳の男の子に悩んでいるのですね。

私はたくさんの男の子を相手にしていて、

とある方法でしっかりと静かにさせる方法を

模索している途中でもあります。

 

 

いろんな方法を試してきた中で、

「これってけっこう効果があるなぁ~」

と感じた方法をあなたにアドバイスができたらな♪

と思いこの記事をしっかりとまとめてみたいと思います!!

 

 

子供に対してついついガミガミと叱ってしまうんですよね…

↓ ↓ ↓

ガミガミ叱ってしまう子育てはやはりあまりよろしくない!?

 

 

5歳の男の子のあまりにもうるさい場合の対処法はありますか??

 

 

 

 

あまりにもうるさいので、

親としても子供に対して

黙っている必要はありませんよね。

 

 

もしかしたら子供が小学生になって

親の見ていないところの学校で、

子供が授業妨害をしてしまったら嫌ですよね。

かわいい我が子が授業を妨害して、

他の子供たちに迷惑をかけるなんて想像したくありません。

 

 

なので今の内に子供にしっかりと、

うるさくしてはいけない理由を教えるのが大切です!!

 

 

ですが理由を説明しても、

なかなか受け入れてくれないのが男の子の子供。

なので親としても強制的に黙らせる方法を

しっかりと子供に実践をしないといけません。

 

 

さて、ここからは子供が黙った方法を

私なりに検証したものを説明したいと思います。

きっとあなたも雰囲気的に理解している方法が多いので、

もしかしたらあまり参考になるのかは分かりませんが…

ですがきっとあなたのヒントになるはずなので、

是非ともご覧ください!!

 

 

強制的にやるなら「ゲーム」がかなり手っ取り早い

 

 

ゲームって子供からすると、

非常に楽しい「遊び」に分類されるもの。

 

 

私は授業中にゲームを持ち込むことは禁止にしているので、

ゲーム感覚で遊ぶ授業を定期的に行っています。

 

 

でもこのゲーム感覚の遊びって、

ちょっとコツがいるものなので、

しっかりと楽しくなるように練習をしてから

子供にやらせるといいでしょう。

 

 

そしてこのゲーム感覚遊びがなかなか効果がない

お子様もいらっしゃるのです…

そんな場合はやはりゲーム機が子供を黙らせる方法になります。

ですがゲーム機はあまり教育にはよろしくないので、

できればこの方法は使いたくないので本音です。

 

 

またゲーム機で子供が静かになる方法を

子供が慣れてしまいますと、

うるさくすればゲーム機で遊ぶことができる!!

と認識してしまうのであなたは奥の手と思うことが大切です。

 

 

鬼がやってくる戦法

 

 

5歳の男の子はまだまだ子供。

鬼という生物を信じている年にもなるのです。

 

 

だったらこの鬼さんに協力をしてもらおうではありませんか!!

今ではスマホアプリに「鬼からの電話」

というアプリがあるのでこれを利用してもいいでしょう。

 

 

ですが一方で

鬼に関しては教育上、

あまりよろしくないという意見が

あるのももちろんです。

 

 

確かに子供に恐怖心を植え付けてしまう行為を変わりません。

ですが子供がうるさい方が圧倒的に迷惑なので、

やはりこの鬼という戦法は非常に効果的なんですよね。

 

 

もしあなたがあまり教育上によくないと

考えているのであれば、

頻繁にこの方法を使わなければいいのですから。

 

 

騒ぐ行為自体を子供に「恐ろしい行為」と認識させる

 

 

基本的に5歳の男の子はうるさいもの。

きっとあなたも他の5歳くらいの男の子を

見たことがあるでしょう。

 

 

他の男の子がうるさい行為をしているのであれば、

あなたはお子様に他の男の子の行為を説明して、

「悪いことをしている」

と子供に教えればいいのです。

 

 

子供がしっかりと

「騒いでいる行為は非常にいけないことなんだ」

と最終的に認識してくれるでしょう。

ですがこの方法はあなたが定期的に行っている必要があります。

 

 

なので日頃から試していくことが大切なポイントになるのです!!