子供には本気で勉強して欲しい!!強制してでもやらすべき??

 

勉強というのは、

基本的にどんな子供も嫌いなものになりますね。

 

私も子供の頃を思い出してみると、

「勉強??何それ~」

みたいに思って、

基本的にずっと遊んでいた記憶があります。

 

そして親からこんな言葉を毎日のように言われていました。

「勉強しなさい!!」

 

その勉強という言葉が親の口から出た際には、

私と親はよく喧嘩をしていた覚えがあります。

 

それはそれはもう凄まじいもので、

母親の怒りがあまりにもすごくかつ私も猛反発するので、

父親の腰が引けていたのも覚えていますね(笑)

お父さん、ごめんなさい…

 

ですが私は今になって、

子供の頃からしっかりとお勉強をしておけばよかった…

という後悔の念に駆られているところです。

 

もしかしたらあなたも、

勉強をもっとしておくべきだった…

という後悔をしているのではないでしょうか??

 

だからこそ子供にはしっかりとお勉強をして欲しい!!

そんな願いが親であるあなたにはあることでしょう。

 

ちなみに私は幼児教室で先生をしている身であり、

たくさんの親御さんが、

子供を勉強させるためにきているのです。

 

幼児教室にきている親御さんたちも、

子供には本気でお勉強をして欲しい!!

という願いを込めてやってきています。

 

そこでとある親御さんからこんな質問を頂きました。

 

親御さん「子供が勉強をしないのです…もう強制的にやらせてもいいのでしょうか??」

と泣きそうな表情で私に質問をしてきたのです。

 

せっかく高い月謝を払って幼児教室へきているので、

子供にはしっかりと勉強に励んで欲しいのですよね。

 

ですが子供がなかなか勉強を意欲的にしないので、

親としてはとっても気持ちが複雑なのでしょう。

 

ここでお勉強をさせないと、

自分と同じように後悔をしてしまう可能性が

あるかもしれませんからね。

まぁ、親御さんの本音がいまいち分からないのも事実ですが。

それでも勉強をして欲しいという気持ちは本物でしょう。

 

そこでここからが本題ですね。

子供にお勉強をさせる際に、強制的にやらせてもいいのか??

という点についてこの記事でまとめたいと思います。

 

幼児の子供にはどれくらいの勉強時間が最適なのでしょうか??

↓ ↓ ↓

実際のところはどうなの??幼児に適した勉強時間ってどれくらいがいいのだろうか??

 

実際のところ、子供に強制をしてまでお勉強をさせてもよろしいのですか??

 

 

子供が全く勉強をしない!!イライライライラ…

きっとあなたはそんな気持ちになっているでしょう。

 

子供が少したりとも勉強をしないので、

あなたのイライラが限界まで到達寸前でしょうね。

 

私はあなたのお気持ちが痛いほど理解できます。

さらにあなたのような気持ちを抱いている親御さんは、

星の数ほどいらっしゃいますから、

どうか今一度気持ちを落ち着けてくださいね。

 

さて全くお勉強をしないお子様に対して、

一体どんな対処をしていけばいいのでしょうか??

 

一番効果的な方法としては、

子供に強制的にお勉強を始めてもらう

ことが一番いいと誰しもが考えているのです。

 

この「強制的」という言葉に注目してください。

子供にとってはお勉強というのはかなり苦痛です。

子供って本音を言えばもっともっと遊びたいのですから。

 

その大好きな遊びがキャンセルされ、

お勉強を逆にいっぱいしないといけないので、

子供からするとかなりストレスにならうのです。

 

さらに親御さんから強制的にやらされるから、

子供の精神はより磨り減ることでしょう。

 

子供に勉強を強制的にやらせるのはやはりやめるべき!?

 

幼児教室の先生の意見としては、

子供に強制してまでお勉強をさせるのは、

やめるべきだと私は考えています。

 

理由はちゃんとありますよ。

 

まず親から口を酸っぱくして

勉強を強制的にやらされると、

子供は親であるあなたを心の底から嫌ってしまう可能性があるからです。

 

これって相当のリスクになるので、

絶対に避けたいですよね。

 

子供が親を嫌うってことは、

家庭環境にかなりのダメージになるからです。

 

家庭環境が悪くなってしまうと、

子供は家族のことを心配してしまって、

勉強を集中してできなくなるのですよ。

 

逆にお勉強から遠ざかってしまう可能性があるのです。

 

勉強の意味、目的を子供にしっかりと把握させることが大切

 

あなたに聞きたいことがあるのですが、

あなたは何で勉強が大切だと感じたのですか??

 

きっと千差万別の意見があることでしょう。

だからこそあなたにはもう一度、

勉強の大切さについて考えて頂きたいのです。

 

それであなたが出した答えを子供に教えます。

そしたら子供は勉強に対しての考えが、

きっと変わってくることでしょう。

 

もしかしたらあなたは

「そんな方法で子供が勉強をするのであれば苦労はしないよ…」

と感じるかもしれません。

 

あなたは真剣に子供とお話をしましたか??

お勉強の大切さについて意見を言いましたか??

 

もしその点が少しでも疑わしいと感じたのであれば、

今一度子供と向き合って欲しいのです。

あなたの真剣さを伝えることが一番大切になります。

 

子供のお勉強をあまり見たくない。一人でやって欲しいのです。

↓ ↓ ↓

子供のお勉強を確実に教えることができる自信がありません。