もしかしてやばい??4歳になってもひらがなが読めないのです。

 

 

今では幼少期からの早期教育が、

かなり流行っている印象ですね。

 

 

もしかしたらあなたの周りのお子様も、

しっかりとお勉強をしていて、

学力的に賢いお子様が多いのかもしれません。

 

 

ですが自分の子供は4歳になっても、

ひらがなを読むことができないのです。

このままでは本当にやばいのでは??

とあなたはかなり悲観的になっているのではないですか??

 

 

ゆっきー
ゆっきー
私の子供も4歳の段階ではひらがなが読めなかったんだ。
でもママ友の子供は大体ひらがなをスラスラと読んでいたので、私はもう不安で仕方がなかったね。
そうなんだ、それなら確かに不安になっちゃうよね。
子供が将来成長した段階で、学力的にダメだったらと想像すると今からでもお勉強を開始しないと!!
っと無意識に感じちゃうもん。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
そうなんだよね~
周りの子供たちはすでにひらがなを読めるようになっているから、自分の子供は勉強では置いていかれるのではないのかな??
と毎日不安になっていたのを今でも鮮明に覚えているよ。

 

 

周りの子供たちは難なくひらがなを読んでいるのに、

自分の子供はひらがなが全く読めていない。

確かにこの状況は不安になってしまいますよね。

 

 

なので周りの子供たちのペースに合わすために、

今すぐにでもひらがなを教えたいと

あなたは考えているのではないでしょうか??

私も過去にはそのような思いをしたので、

あなたのお気持ちは痛いほど理解できます。

 

 

ですがここであなたに言いたい事があります。

あなたのお子様はひらがなに興味を持っていますか??

これは非常に重要なので、

今すぐにでもお子様に確認をしてみてください。

 

 

どうやって確認をするのか??

「ひらがなを読んでみたい??」

的な感じでもいいので聞いて欲しいのです。

 

 

何で私はこんなことをあなたに聞いているのか??

子供がひらがなに興味を持っていないと、

勉強をしてもあまりいい意味にはなりませんから。

 

 

嫌いなものを無理やりやらせても、

子供からするととにかく苦痛で仕方がありません。

しかも勉学というものに対して、

最終的に嫌悪感を抱いてしまう恐れがありますから。

 

 

確かにあなたの焦る気持ちは分かります。

ですがここで博打みたいに子供に無理やりやらせて、

将来勉強が嫌いな子供になっては、

ひらがなが今の段階で読めないことより、

圧倒的に怖いと思いませんか??

 

 

ゆっきー
ゆっきー
子供に無理やりひらがなを教えて勉強が嫌いになるのは親からしてみると嫌だよね。
子供のペースをとにかく最優先することがとっても大切なことだけは忘れないで欲しいな♪
なるほどね。
子供がやりたいと言ったらやらせる方が、子供からしてみるといいもんね~
お悩みママ
お悩みママ

 

 

もしあなたのお子様がひらがなに

少しでも興味を持っているのであれば、

この記事を是非とも読み進めてください!!

 

 

またもしあなたが子供が勉強をしないから

イライラしているのであれば、

以下の記事を見て欲しいです

 

 

年長になった子供があまりにも勉強をしないのでイライラが爆発しました。

 

 

ひらがなに興味を持っている子供にどうやって教えていけばいいのですか??

 

 

 

 

せっかく子供がひらがなに興味を持っているので、

効果的&効率的に進めていきたいですよね。

 

 

勉強の方法はいろいろあるのですが、

間違った方法でお勉強をしてしまうと、

子供が勉強を嫌いになってしまう可能性があります。

これだけは絶対に避けていきたい方法ですね。

 

 

また間違った方法で、子供に変な勘違いをして欲しくはないからね~
子供の解釈と親の解釈は異なるので、意思疎通を意識した勉強が大切になるのかな??
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
確かにそれもそうだね。
一番意識をして欲しいのは、子供のペースで進めていくことかな。
親はひらがなに付いて全部知っているから、ついつい親のペースで進めてしまう可能性もあるからこれは避けていきたい方法でもあるよ。

 

 

じゃあ一体どんな方法で、

子供にひらがなを教えていけばいいのでしょうか??

 

 

1つ1つ丁寧に教えることを何よりも心がける!!

 

 

ひらがなって読めて書けてができたら、

ひらがなを把握していると言えますね。

 

 

なのでひらがなを勉強するにあたり、

読む練習と書く練習を

同時並行で行っていくのが、

一番効率的だと思いませんか??

 

 

確かに効率面では一番いいとは感じるのですが、

これでは子供が混乱してしまう恐れがあるのです。

というか子供の負担がかなり大きくなってしまいます。

 

 

子供からするとひらがなの勉強は初めてのこと。

なので読みと書くを同時に勉強をしてしまうと、

子供からすると何が何だか訳が分からない状態に陥ります。

 

 

ってことでまずは読む練習から始めましょう。

ひらがなを読むことができないと、

書くことはかなり困難を極めてしまいますから。

 

 

ここでコツがあるのですが、

1語ずつ教えるのは当然なのですが、

その覚えたひらがなで使うものを

一緒に覚えると子供の頭の中で紐付けができます。

 

 

例えばですが「い」というひらがなを覚えたら、

「いす」「いくら」などの言葉を

例題として教えてみるのです。

 

 

子供の頭はかなり柔軟なので、

一緒に覚えることでさらに勉強の楽しさを

覚えていくことでしょう。

 

 

セリアのひらがなカードはかなり効果的な勉強だった!?