天才の育て方とは??幼少期からの接し方が大切!?

 

あなたは天才児を見たことがありますか??

もしかしたら見たことあるかもしれませんが、

基本的になかなかお目にかかれないのが普通です。

 

私は幼児教室で先生をしています。

それでたくさんの幼児を見てきているのです。

 

その幼児さんの中で「天才」と呼べる子はまだ見たことがありません。

「頭がよさそう」という子はよくいるのですが、

天才と言えるような子は見ないですね。

 

私の中での天才という定義の違いがあると思いますが。

 

それであなたは天才と呼べる人は、

一体どんな人でしょうか??

テレビで見ている芸能人ですか??

きっといろんな定義があなたの中にあると思います。

 

あなたの中の天才とは一体なんでしょうか??

 

この記事では、

「頭がとってもいい天才」

についてまとめたいと思います。

 

あなたが学校へまだ行っていた頃を思い出して欲しいです。

あなたの学年には絶対に頭のいい人がいたでしょう。

毎回テストの成績が1位って場合もありますし、

たまに1位ではない時がある。

そんな優秀な人があなたの知り合いにいたことでしょう。

 

あなたはそんな人をどう感じましたか??

私は

「この人は本当に天才かもしれない…」

と常に感じていましたね。

 

だってほとんどのテストが、

学年で1位を取っていたのですよ!!

ただの頭がいいという言葉で収めていいと思いますか??

私は明らかにこの人は天才だと感じましたね。

天才という言葉が圧倒的に相応しい人間と認識しました。

 

その人は私はたまたま仲がよかったので、

よくお勉強を教えてもらっていたのです。

「ここは十中八九テストに出るから覚えた方がいいぞ~」

っと教えてもらいなんとテストに出たのですよ~

 

さらにその人の天才具合を身にしみて感じました。

 

もし自分の子供がこんな子だったらどんなに鼻が高いのだろうか??

というか将来が楽しみすぎて未来へ飛びたい気持ちになりますね。

 

天才を育てるためには習い事は欠かせない!?

↓ ↓ ↓

頭がどんどん賢くなる習い事とは何がありますか??

 

天才を育てるためには、幼少期がとっても大切!?

 

 

できれば天才的な子供が欲しい!!

とあなたは感じていることでしょう。

 

じゃないとこの記事を開きませんからね~

 

私は上記でも申しましたが、

幼児教室で先生をしています。

 

その幼児教室に通ってくる生徒さんの親御さんは、

子供の頭をよくしたい!!

という願いを込めてやってくるのです。

っというか天才を育てて欲しいと考えて、

幼児教室へやってくる人もいるのですね。

 

さらに親御さんは本当に熱心で、

お子様と真摯に向き合うことができる人が多いです。

これって天才児を育てるためには、

本当に欠かせないファクターとなっています。

 

子供の接し方が子供をどんどん育てることに繋がる!?

 

子供が天才型になるためには何が大切なのか??

 

幼児教室に通っている親御さんに聞いたことがあるのですが、

みなさんは口を揃えてこう答えるのです。

「子供に一生懸命勉強をしてもらいこと!!」っと…

 

確かにお勉強をしてもらわないと、

子供は天才になるのもなれません。

あなたもこの点は分かっていることでしょう。

ですがこの勉強を一生懸命させる前に、

絶対にやって欲しいことがあるのですよ。

 

むしろこれができないと、

子供が天才になるなんて不可能だと私は思っています。

 

子供と親が仲良く一緒に過ごしていることが大切なのです!!

 

お互い不満があったら、

遠慮なく言える関係性を築くことが

非常に大切になるんですよ~

まぁ、あなたのお子様は幼児さんなので、

なかなか文句を言ってくることはないですがね。

 

あなたのお子様が非常に楽しそうに、

毎日を過ごしているのかどうか??

があなたに気にして欲しい点なのです。

 

子供があなたに対して、

少しでも不信感を抱いているのであれば、

子供はあなたの言うことを聞かないでしょう。

これでは勉強を始めるとしてもなかなか進みません…

 

子供にとにかくいろんな経験を積ませていく方法が手っ取り早い??

 

子供って大体何か尖った才能を

秘めていることが多いのです。

 

ですがこの秘めた才能って

なかなか見つけにくいんですよね~

 

ちょっとあなたに聞きたいのですが、

天才ってお勉強だけではないと感じていますか??

きっといろんな天才と呼べるジャンルがあると思います。

 

野球だったらそろばんだったり…

など学校の授業以外でも

天才と呼べる人はいらっしゃいますね。

 

だったら子供にいろんな経験をさせたらいいのですよ!!

そしたら子供の秘めた才能が、

発見できるかもしれません。

 

ですがここで注意点があります。

子供に習い事をさせる際には、

しっかりと子供と相談をすること。

 

これがしっかりと出来ていないと、

子供はいやいやながら習い事をするでしょう。

 

もし子供にその習い事の才能があったとしても、

いやいややっていたら、

伸びる才能も永遠と伸びませんから…

 

なので子供としっかりと向き合って、

習い事の有無を確実に決めていくといいでしょう。

まぁ、習い事の説得をするのが大変ですが…

 

天才を作るための早期教育はやるべきなのでしょうか??

↓ ↓ ↓

天才を育てるための早期教育って本当は無駄なのですか??