1年生で勉強ができないのは致命的!?何とかしたいのですが。

 

あなたが小学1年生の時のテストを思い出してください。

どうですか??

満点に近い点数、もしくは満点を取っていたのでは??

 

小学1年生のテストって、

かなり簡単だった記憶があったことでしょう。

あまりにも簡単だったので、

今ではテストの内容を覚えていない感じですかな。

 

それで小学1年生のテストは簡単なのですが、

中にはあまりいい具合に点数が取れていない子がいます。

 

きっとこの記事を見ているあなたは、

その子のことを知っているでしょう。

 

ちなみに私は幼児教室の先生をしていて、

たまに小学生のグループを教えているのです。

1年生も多いのですが、

悲しいことに中にはテストであまりいい点数を取れない子がいるのです…

 

親御さんがとっても心配しているのですよ。

親御さん「私の子はやはりもうダメなのですか??」

っとこれまでにないくらい悲観的になっているのです。

 

小学1年生のテストはやはりかなり簡単ですね。

そのテストで点数を取れていないと、

親御さんがやばいくらい心配するのも納得できます。

 

でも何で簡単なテストでお子さんは点数を取れないのでしょうか??

この部分はかなり気になりませんか??

 

テストで点数が取れないのか以下が原因かも!?

↓ ↓ ↓

勉強だけじゃないですよ!!親子の信頼関係を今一度確認を!!

 

小学1年生の子供がテストで点数を取れないのは何が原因ですか??

 

 

子供がただ単におバカさんだから??

いえいえ、子供をそんな風に見ないでください。

きっと何かしらの原因がありますから。

 

でも原因が分かったところで、

小学1年生の子供が満点を

取れるのかどうかは分かりません。

 

なのでその原因をしっかりと対処して、

他の子と同じようにお勉強についていけるようにしましょう。

 

子供がテスト問題の意味自体を理解していない可能性があります

 

私はたくさんの小学1年生を見てきたのですが、

テストで点数を取れない子は

問題の意味を理解していない場合があります。

 

一体これはどういうことなのでしょうか??

ちょっと例を挙げますね。

 

1+1=2ですよね。

これは子供でもしっかりと理解しています。

 

ですがこういう問題になると、

一気に訳が分からない状態になるのですよ。

 

「ここにリンゴが1個あります。別のところにもリンゴが1個あります。合わせて何個でしょう??」

こんな問題になると訳が分からないのです。

 

子供に何で分からないのかな??

って聞いてみると、

「そもそも何で合わせる必要があるの??」

と言っている子がいたのです。

 

なるほど!!そこからか!!

そんな問題を出す理由が分からないのですね。

 

これってどうやって教えていけばいいのか難しいです。

私もどうやって教えればいいのか悩みましたから。

 

なので私は単純にこう教えているのです。

「君が理解しているのか確認しているんだよ~」

っと苦し紛れの回答をしています。

 

そしたら子供って面白いことに納得するんですよ。

「あ!!そうなんだ~、じゃあ頑張ろう♪」

みたいな感じにですね。

 

ここで私が言いたい事は、

何で子供が理解していないのか

確認をしっかりして欲しいのです。

 

じゃないといつまで経ってもテストの点数は伸びませんから。

 

頭の回転量も勉強の質に影響している!?

↓ ↓ ↓

頭の回転率を上げて勉強の効率も上げましょう!!

 

すごく大変!!何が分からないのか分からない場合があります…

 

ちょっとややこしい表現をしてしまって

申し訳ありません。

 

それで私は子供にこんなことを聞いたことがあります。

「この問題の何が分からなかったの??」

 

そしたら子供はこう答えたのです。

子供「分からないの!!」

私「一体どういうことなのだろうか??」

 

私もあまり子供が言っている意味が理解できませんでした。

分からないから分からない…う~ん、どういうことだろう。

 

そしたら私はひらめいたのですよ。

「自分が分かっていないところ自体が分かっていない!!」

これなら子供ができない理由に合点がいきます。

 

この場合は一体どうすればいいのでしょうか??

言葉で答えるのは簡単です。

子供が理解していないところをとにかくあぶりだして、何度も復習をさせるのですよ。

これを実際にやると、

やっている自分も心が折れそうになりました。

 

理由としては莫大な時間を費やすことになりますから。

私は一人の生徒を教えている訳ではありません。

たくさんの生徒を教えているから、

一人の生徒だけに力を全力で注ぐことができないのですよ。

 

この場合の改善方法としては、

子供が分かっていないところを予想して、

とにかく問題をやらせて解決させる

という作業をずっと続けることが大切です。

 

あなたの心がとっても折れそうになるのですが、

精神的&体力的に子供と付き合う覚悟を決めてください。

 

毎日子供と一緒にお勉強をする時間を習慣付けておくことが一番いいですよ♪

 

 

テストの点数できっとあなたは焦っているでしょう。

だって小学1年生のテストって簡単じゃないですか。

なのでこれまでにないくらい慌てているでしょう。

 

ですがいきなり慌てて子供に勉強をやらせても、

子供にとってはかなりのストレス。

 

なのでこれからそんなことがおきないように、

子供と一緒にお勉強をする時間を設けるのです!!

 

あなたがお子様と一緒にお勉強をしていたら、

あなたのお子様が分かっていない問題を

すぐに見出すことができるから。

これほど最高な方法はないでしょう。

 

ですがあなたも忙しいでしょうから、

なかなか時間を作るのも難しいですよね。

 

なのであなたとお子様が絶対に一緒にいる時間に、

ちょっとでもいいので確認の意味を込めて、

一緒にお勉強をしてみるといいでしょう。

 

ちょっとの時間だけでもお子様とお勉強をするだけで、

なかなか見えてこなかったトンネルの出口が、

少しずつ見えてくると私は考えています。

 

あまり焦って子供にお勉強を催促するようなことは

できるだけ避けてくださいね。