賢い子にするには幼児からのタイムスケジュールが大切だった!?

 

 

タイムスケジュールとは一体なんでしょうか??

いきなり質問をしてしまい申し訳ありません。

 

 

あなたも分かっていることでしょうが、

タイムスケジュールとは計画を立てるということです。

○時からはあれをするこれをする、

などの計画をあらかじめ立てていることになりますね♪

 

 

さて、この記事を開いたあなたは、

幼児のお子様がいらっしゃって、

タイムスケジュールを立てようとしているのでしょう。

 

 

タイムスケジュールを計画しているあなたは

めちゃくちゃ素晴らしいです!!

 

 

そもそもあなたは何でタイムスケジュールを検討しているのでしょうか??

これにはきっといろんな訳がありますよね~

 

 

例えばですが

  • 子供が寝て欲しい時間に寝てくれない
  • 勉強をして欲しいのになかなかしてくれない
  • 遊んでばっかりいるので先行きが不安になる

などの理由がてんこ盛りとなっているのでしょう。

 

 

うんうん、あなたの辛いお気持ちが痛いほど理解できます。

私は幼児教室で先生をしているものでして、

親御さんからは子供の行動の相談についての質問が

毎日のように多数頂くのですよ。

 

 

親「子供に勉強をしておいてね!!って言っておいてもなかなかしないので、ずっと見ておかないといけないのですよ。そのせいで私が本来やるべき家事などがかなり疎かになっています(T_T)」

 

 

このようにたくさんの親御さんが悩んでいるのです。

子供がちゃんと指示したことがやってくれないので、

親としての仕事にも支障が出てしまっている状態。

これでは日々の生活にかなり嫌気を差してしまいます。

 

 

さて、こういう問題を改善するにはどうしたらいいのでしょうか??

そうなんです!!タイムスケジュールがかなり効果的なんですよ!!

 

 

タイムスケジュールを組み込むことで、

子供もやることがかなりイメージが出来て、

さらにうまくいけば時間ピッタリに、

子供が行動をしてくれる可能性があるのです!!

ここまでくればタイムスケジュールを組み込むのが、

かなり楽しみになりますよね♪

 

 

幼児からの学力を飛躍的に伸ばすためには??

↓ ↓ ↓

幼少期からワークブックをしっかりとこなすことで学力が無限大に広がる!?

 

 

タイムスケジュールを組み込む際の守って欲しい点があります!!

 

 

 

 

タイムスケジュールを組み込むとなると、

いろいろとあなたは考えてしまうことでしょう。

できるだけ効率的な生活をしたいと感じているので、

逆に無理なスケジュールを作ってしまう傾向があるのです。

 

 

やはり子供には賢い子になって欲しいので、

ついついかなりハードはスケジュールを組み込んでしまうのですね。

ですがこれはあなたも分かっていることですが、

やってはいけないことです。

 

 

無理なスケジュールを組み込んでしまうと、

子供がそのタスクを消化できませんし、

さらにはどんどん時間に圧迫される生活になりますから。

はっきり言ってタイムスケジュールを組み込んだ意味がありません!!

 

 

さて、タイムスケジュールを作る際の前置きはここまでにして、

ここからがタイムスケジュールを作成する際の

絶対に組み込んで欲しい点について説明します!!

 

 

子供とゲーム感覚で一緒にやるのが本当にベスト!!

 

 

「タイムスケジュールはゲームではないんだけど…」

確かにあなたのおっしゃる通りです。

 

 

遊び感覚でやっていては、

タイムスケジュールというのは、

確かに意味のないような感じがしてしまいますね。

 

 

ですがよくよく考えてみてください。

子供ってゲーム感覚というのがとっても大好きなのですよ!!

 

 

実際にタイムスケジュールを組み込んだとして、

ただ淡々と行っていては、

はっきり言って面白みがありませんよね…

 

 

タイムスケジュールに面白みを組み込むこと自体

ちょっと違和感を覚えてしまうのですが、

やはり面白みがないと子供は継続をしないのです。

 

 

いかにして楽しくするのか??

こういう点をしっかりと追求することで、

タイムスケジュールを確実に継続できる環境を整えることが、

一番の成功道に近いことになるのは間違いありません。

 

 

勉強をする時間を組み込む際の注意点とは??

 

 

タイムスケジュールを導入するってことは、

きっとあなたはお子様に勉強をさせる機会を

しっかりと与えようとしていることでしょう。

 

 

この勉強なのですが、

子供からしたらかなりの曲者なんですよね~

できるだけ勉強から遠ざかる方法を何かしら考えて、

言い訳をして逃げる方法を考えてしまうのです。

 

 

ですがタイムスケジュールを子供と組み込むことで、

この問題点については、

回避できる可能性があります。

 

 

でもここで勉強ばかりをするスケジュールを組み込むと、

子供がかえって勉強嫌いになる可能性があるのです。

こうなってしまってはもう勉強については取り返しが付きません。

 

 

ここでおすすめしたい点は、

できるだけ勉強をさせる時間を短くすることです!!

 

 

「え??勉強時間を短くしたら学力が心配…」

という不安を抱えるのもごもっとも。

ですが無理に勉強をさせて嫌いにさせるよりはマジでしょう。

 

 

なのでできるだけ勉強時間を短くして、

その短い時間の中で効率的な方法を検討するのがいいですよ。

 

 

じゃあ効率的に勉強をする方法って一体何なのか??

それは子供が就寝する前に勉強時間を組み込むことです!!

 

 

寝る前に勉強をさせることで、

子供が就寝したら寝ている時間に、

記憶が整理される作用があるのですよ。

これを徹底的に利用することで、

お勉強時間を短縮して効果的にすることができるのです。

 

 

後は子供が勉強に慣れてきたら、

ちょっとずつタイムスケジュールを変更していって、

勉強時間を増やしていくといいでしょう。

 

 

勉強ばかりの生活をしていると後ほどとんでもないことに??

↓ ↓ ↓

小学生に勉強ばかりさせているとどうなってしまうのか??