困った!せっかく幼児教室へ通わせているのに落ち着きがないのです。

 

 

今の時代は非常に幼児教室への関心が高いです。

幼少期からしっかりと勉強をすることで、

いわゆる天才児になる可能性が高いと言われているから。

 

 

なので幼児教室への関心が

どんどん高まっているのは身にしみて感じているのです。

私は幼児教室で先生をしているものでして、

毎月のように新しいご家庭が入塾をしているのですよ。

 

 

もう毎回の授業が大変です。

いろんなお子様がいらっしゃるので、

新しいお友達ができる感覚に子供はなっているのでしょう。

子供同士の仲がいいのは非常にいいことなのですが、

ここで大きな問題が発生してしまうのです…

 

 

この問題に関しては親御さん同士のトラブルにもなっているので

私的にも最適解を知りたいと常に感じていた問題になります。

 

 

どんな問題かと言いますと、

子供が幼児教室へ通っているのに全く集中をしない、落ち着きが無いのですよ(T_T)

 

 

これでは幼児教室へ行っている意味がないとは思いませんか??

だって落ち着きがないってことは、

その分、お勉強に集中をしていない。

落ち着きがない原因に関して、

忠実に従っている感じになりますからね。

 

 

例えばですが新しいお友達が同じクラスにいると、

その子について目を向けたり、

ちょっとちょっかいをかけたりして、

授業に全く集中をしないことになります。

 

 

はい、はっきり言って授業の意味がありませんね…

さらに他のお友達にちょっかいをかけているので、

他のお友達は非常に迷惑をしていることでしょう。

というか他のお友達も調子に乗って、

一緒に遊んでしまう可能性もありますから、

迷惑なんてレベルが生易しく感じてしまうでしょうね。

 

 

さて、そんな落ち着きのない子供と

親としてどうやって接していけばいいのでしょうか??

この問題ってかなり痛いのですが、

やり方次第では改善できる問題でもあるので、

しっかりとこの記事をあなたには読み進めて欲しいです!!

 

 

親のやり方によっては素直な子供になる可能性がある??

↓ ↓ ↓

子供が素直な人になるためには親の努力が必須だった!?

 

 

落ち着きのない子供に対して、一体どうやって改善策を練ればいいのでしょうか??

 

 

 

 

落ち着きのない子供には一体どうやって

説明をして対処をしていけばいいのか??

問題は方法になりますよね~

 

 

親として見ればやはり子供には誰にも迷惑をかけずに、

しっかりとお勉強をしてもらいたいというのが本音。

まぁ、迷惑をかけて欲しくないというのは当たり前ですが。

 

 

でもあなたのお子様は現に、

落ち着きがないせいで、

もしかしたら迷惑をかけている可能性がありますよね…

 

 

その落ち着きのない子供に対して、

頭ごなしに

「落ち着きなさい!!」

っと叱ってみる方法は、

あなたにとってどのような感じがしましたか??

 

 

多分ですがあなたは頭ごなしに注意していると思うのですよ。

ですがあまり大きな効果を得ることはできなかったのでは??

 

 

やはり頭ごなしに叱ってしまうと、

あなたのお子様はあなたに対して

恐怖心を抱いてしまいますから。

よって頭ごなしに叱ってもあまりよろしくはないのですね。

 

 

子供に諭すようにお話をすることがまずは大切になります!!

 

 

子供が落ち着かない理由として、

子供が落ち着いていないといけない理由を知らないから…

というのが挙げられます。

確かどこかの本に書いてあったはずなのですが。

 

 

だったら子供に落ち着いておかないといけない理由を

あなたなりに説明を子供にしたらいいのですよ。

 

 

しっかりとお子様の目を見ながら、

何で授業中は落ち着かないといけないのか??

この点を子供が納得するまで説明をしてくださいね。

あなたの真剣さが伝わったら大抵の場合は改善しますから。

 

 

何で落ち着いておかないといけないのか??分かりやすく具体例を!!

 

 

でも子供に

「落ち着いて授業を受けるようにね♪」

と説明をしておいても、

なかなかイメージが湧きにくいお子様もいらっしゃります。

 

 

別にこれは悪いことではありませんよ。

子供が落ち着かないといけない理由について

あまり納得をしていない場合に見られますから。

だったら子供が納得する具体例を挙げたらいいのです。

 

 

ただただ「ダメだよ。」と言っても子供からしたら難しいのですよ。

なので何で落ち着いておかないといけないのか??

この点を子供としっかりと目を合わせながら、

具体例を挙げて説明をするとより効果的となっているのです。

 

 

子供にお話をしたら、子供に復唱させるのも一つの手です。

 

 

子供に落ち着かないといけない理由を説明したら、

復唱させてみるといいでしょう。

復唱ができるってことは理解をしているということ。

 

 

子供に何で落ち着いて授業を受けないといけないのか??

の理由を何度も説明をしながら、

理解をしたら積極的に復唱させるといいですよ。

これをする場合は、容赦なくしっかりとしてくださいね。

子供がイヤイヤをしても復唱をさせてください。

 

 

じゃないと甘えたしつけになってしまう可能性がありますから…

中途半端な説明をしてしまったら、

子供も中途半端な行動をしてしまうのは

親としてやはり懸念している点になりますからね。

 

 

あまりにも厳しいしつけをしてしまったらやばいことに…!?

↓ ↓ ↓

しつけをやり過ぎてしまうと子供が噓つきに!?