困った!!幼児に勉強を教えているのですが物覚えが悪いのです…

 

 

幼児からお勉強を教えているご家庭は、

どんどん増えていますね。

この記事を見ているあなたも、

自分の小さなお子様に

しっかりとお勉強を教えていることでしょう。

 

 

幼児というとっても早い段階からお勉強を教えて、

子供の学力の向上を狙っているのは、

非常にいい事です。

 

 

子供が小学生に上がった頃から、

きっと成績がいいという結果を持ち帰ってくるでしょう。

 

 

そして勉強を継続的に行って、いい大学に入学して、立派なお仕事に就いて欲しい!!

そんな思いをあなたは込めているのかもしれませんね。

 

 

私は幼児教室で先生をしているものなのですが、

たくさんの小さなお子様が、

お勉強のためにどんどん入塾をするのです。

 

 

親御さんもしっかりとお勉強をしてもらいたい!!

という真剣な願いを込めてやってきます。

 

 

ですが幼児教室に入ったからと言って、

子供の成績が伸びる保証はできません…

 

 

幼児教室に通っている親御さんで、

こんな悩みを抱えてやってきている人もいるのです。

 

 

親「子供の物覚えがあまりにも悪いので入塾を希望しました」

 

 

子供の物覚えをかなり心配をしてしまって、

幼児教室へ通っている人もいらっしゃるのです。

確かに悩んでいる内容としては、

とっても的を射ているとあなたも感じているでしょう。

 

 

ですが何度も申しますが、

幼児教室では子供の勉強を手助けをするところになります。

だからと言って子供の物覚え問題が解決するとは限りません。

子供が本気でやる気を出している場合にのみ、

子供の成績を上げる可能性が大幅に広がるのです!!

 

 

話が逸れてしまい申し訳ありません…

子供の物覚えが悪いのって一体何が原因なのでしょうか??

悩んでいる親御さんもかなり多いと思うので、

しっかりとまとめてみたいと思います。

 

 

子供には本気で勉強をして欲しい!!

↓ ↓ ↓

本気で子供がお勉強をするためには一体どうすればいいのですか??

 

 

幼児の物覚えが悪いのって何か大きな問題があるのでしょうか??

 

 

 

 

他人の幼児さんはどんどん物覚えが良くなっているのに、

自分の子供は全く成長している感じがしない…

きっとそんな心配をあなたは抱えているのでしょう。

 

 

確かにあなたが心配するのも納得できます。

ですがそんな悩みを抱えているのは、

あなただけではありません!!

たくさんの親御さんがそのような悩みをしているので、

この点だけはしっかりと認識をして欲しいのです。

 

 

それで何で子供に勉強を教えているのに、

物覚えが悪いのでしょうか??

この問題さえ解決できれば悩みなんて無くなるのに…

 

 

幼児は何も悪くない!?とある原因が子供の物覚えの悪さが目立っている!?

 

 

少しだけお話が逸れてしまうのですが、

まず子供ってそもそもの理解力が少ないのですよ…

これだけは覚えておいてくださいね。

 

 

例え覚えたとしてもすぐに忘れてしまう可能性があるのです。

まぁ、これは大人も同じことが言えるのですがね。

 

 

だったらこの理解力の少なさを考慮した

お勉強の方法をすればいいのですよ!!

そしたら物覚えの悪さという問題はある程度マシになるはず。

 

 

幼児が絶対に分かる簡単な言葉で説明をすることが前提条件!!

 

 

幼児の理解力が低いって事は、

ボキャブラリーがまだまだ少ないってことになりますね。

 

 

なので勉強を教えるにしても、

簡単な言葉で説明をしないと、

幼児からしたらチンプンカンプン…

 

 

親が何を言っているのか訳が分からないのです。

 

 

なので子供に勉強を教えるのって

非常に難しいのですよ。

しかも相手は幼児なので、

さらに簡単な言葉がどんどん制限されてしまう…

 

 

これだけは何度も試行錯誤をして、

幼児が分かりやすいように、

お勉強の説明をするしかないでしょう。

 

 

子供のペースを考えながら、

お勉強を進めることが、

学力を上げるきっかけになるのは間違いありませんからね。

 

 

「怒る」これだけは絶対にNGな教え方になるのは間違いありません

 

 

あなたも耳にしたことがあるでしょうが、

「褒めて伸ばす」

という行為をどう感じますか??

 

 

もしかしたら理想的な勉強だと感じているでしょう。

なのであまり信用できないというか…

とイメージしている人も少なくありません。

 

 

だったら幼児が分からないことがあったら、

しっかりと厳しく勉強を教えるべき

とあなたは感じていることでしょう。

 

 

ですかこれって逆効果になる可能性が非常に高いのです。

厳しく勉強をさせるくらいなら、

徹底的に楽しんだ方が子供からしたらいいのですよ。

まぁ、子供からしたら当たり前のことになりますが。

 

 

しっかりとお勉強ができる子供って、

そこまで勉強を嫌ってはいないのですよ。

ってことは勉強を楽しくする方法を

何度も試していけば幼児の学力も伸びると思いませんか??

 

 

でも楽しいって一体なんでしょうか??

まぁ、これにはいろんな定義があるのですが、

子供が楽しそうにしている雰囲気を出せばいいのです。

 

 

私は幼児教室で先生をしている身なので、

授業中はとにかく楽しそうにしている雰囲気を

絶対に出す努力だけはしています。

そのおかげか子供もノリノリで勉強をしているので、

意外と成績もいいのが私の自慢です!!

 

 

とにかく難しいことは後から考えて、

先に実践してみることをおすすめしますよ。

 

 

勉強の時間だけは絶対にコントロールをするように!!

↓ ↓ ↓

本当に危ない!?子供に勉強ばかりさせるのはいけない!!