中学受験を視野に入れた5年生の夏休みの勉強時間はどれくらい??

 

 

この記事を開いたあなたは、

きっとお子様の中学受験に対しての覚悟が、

しっかりと固まっていることでしょう。

 

 

中学受験を行って合格をさせるためには、

一体どれくらいの時間が必要なのか??

また自分の周囲の子供も中学受験をする予定で、

その子たちとの差を広げたくない!!

そんな気持ちをあなたは抱いていることでしょう。

 

 

さて、あなたのお子様は小学5年生で、

中学受験を始めたばかりかもしれません。

 

 

中学受験って基本的に小学5年生で始める傾向があるのです。

私は幼児教室で先生をしているものでして、

中学受験を検討しているご家庭は、

毎年のようにいらっしゃっているのですよ。

 

 

そこで大体本格的に中学受験を始めるのが

小学5年生となっているのです。

 

 

それでここからがあなたには疑問があるんですよね…

小学5年生で中学受験の覚悟を決めたのはいいのですが、

一体どれくらいの勉強時間が必要なのか??

 

 

やはり勉強時間って無意識に意識してしまいますよね。

ちょっと私が話している日本語の意味が分かりにくいのですが、

きっとあなたなら分かってくれるはずです!!

 

 

また勉強をする時間の目安も欲しいですよね。

中学受験を成功させるためには、

計画をしっかりと立てて遂行すること

が成功の秘訣となっているからです。

 

 

でもその計画を立てるためにも、

必要な勉強時間をあらかじめ決めている必要があります。

 

 

子供が起きている時間を全て勉強をするという計画もできるのですが、

そんなことをしていては子供の精神は崩壊してしまうでしょう。

なので計画を立てる上で勉強をメインとしたいのです。

ですが必要勉強時間が分からないので計画を立てるのが困難。

 

 

きっとあなたにはいろんな悩みがあることでしょう。

中学受験というのは生半可な気持ちでやっても成功しません。

他人の子供たちは血眼になって勉強をしていますから。

勉強をしっかりとできていないと淘汰されるのが受験というもの。

あなたもこの点は重々と承知しているでしょう。

 

 

さて、前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

小学5年生の夏休みは非常に大切な時期です。

そんな時期に一体どれくらいの勉強をしたらいいのか??

についてしっかりとこの記事でまとめたいと思います!!

 

 

子供に中学受験をさせるのですが、実は親は受験未経験者で心配なのです。

↓ ↓ ↓

親が中学受験未経験者なので、子供に勉強をさせるにしても一体どうすれば??

 

 

小学5年生の夏休みに、中学受験の勉強をするのですが勉強時間はどれくらいすれば??

 

 

 

 

夏休みの間に勉強をしっかりとするのは当然のことです。

だからと言って、中学受験をすると決めた段階で、

子供にいきなり勉強をとにかくやらすのは、

ちょっと勉強方法としてはおすすめできません…

 

 

じゃあ一体どうしたらいいのでしょうか??

あなたにまず考えて欲しいのは、

勉強時間うんぬんのお話ではなく、

子供がどんな環境で勉強をしてくれるのか??

というお話になるのです。

 

 

そして環境がしっかりと整ってから、

勉強時間などの細かいことを設定したらいいのですよ。

 

 

この記事をせっかく開いたあなたをないがしろにしてしまうのですが、

勉強時間を意識するよりもまずは以下の3つを

しっかりとあなたなりに考えて子供に提供して欲しいのです!!

 

 

子供が中学受験をやる理由について納得をしているのでしょうか??

 

 

なんで子供は中学受験をしないといけないのか??

あなたのお子様は納得をしているのでしょうか??

 

 

もしあなたのお子様が中学受験に

少しでも違和感を覚えているのであれば、

まずはこの点をしっかりと納得できるようにしてください。

 

 

やはり長い時間をかけて勉強をするので、

やる気のムラが100%発生してしまうのですよ…

 

 

やる気にムラがあるということは、

日によっては勉強を全くしない日が出てしまうことになります。

さすがにこれはもったいないですよね。

 

 

なのでまずは中学受験をする意味を子供に納得をさせて、

やる気を常に高い状態にすることが、

受験を制するための大切なポイントになります。

 

 

いきなり勉強時間を大量に確保しても子供がかなりきつい。

 

 

そして子供の勉強をする意味について理解したら、

勉強をする時間を設けてもいいでしょう。

ある程度の時間なら勉強をしっかりとこなすと思います。

 

 

ですがだからと言って勉強時間を大量に確保をしてしまうと、

子供が壊れてしまう恐れがあるのです…

 

 

今までの遊ぶ生活に慣れているので、

とにかく勉強時間を増やす行為をしてしまうと、

子供がおかしくなってしまう可能性があります。

 

 

なのでまずは勉強に慣れることが非常に重要になるのです。

勉強の習慣を付けるための勉強をするという意識を持ってくださいね。

 

 

勉強時間も大切ですけど、勉強の「質」を上げる方法を考える!!

 

 

そして最後に勉強時間のお話です。

子供によって勉強ができる時間というのは限られるのですよ。

勉強ができる時間に個人差が存在してしまいます。

 

 

もし仮に自分の子供が

勉強をする時間が短い子だったらどうすればいいのか??

中学受験を成功させる可能性は低くなるのでしょうか??

 

 

いえいえ、そんなことはないので安心してください。

だったら勉強時間を考えるよりも、

勉強の質の向上を考えれば万事解決することができるのです!!

 

 

勉強時間がそんなに長くないのであれば、

質を徹底的に上げることで、

勉強時間が確保できないデメリットを解消すればいいのですよ。

 

 

中学受験はとにかく復習が大切??低学年から復習したいのですが。

↓ ↓ ↓

中学受験をするのですが、復讐をしたいので低学年用の教材を知りたいです!!