中学受験に向けて。低学年からおすすめできるドリルとは??

 

この記事を見ているあなたは、

小学生になってまだあまり時間が

経ってないお子様がいらっしゃるのでしょう。

 

小学生になって間もないので、

まだまだ幼い部分が非常にかわいいですよね~

まぁ、小学生自体幼いですが。

 

それであなたはきっと子供に中学受験をさせたい!!

っと考えていることでしょう。

 

いきなりあなたに聞きたいことがあるのですが、

あなたは何で子供に中学受験をさせたいのですか??

きっとたくさんの思いがこもっている事でしょう。

 

子供の将来のためと言えば納得できますが、

もっと具体的な目的があって、

小学生のお子様に中学受験をさせようとしていますよね。

 

私は幼児教室で先生として働いています。

幼児教室へ通っている親御さんたちは、

しっかりと子供の学力を向上させて、

立派な大人にしたいという思いを込めているのです。

 

あなたもきっと自分のお子様を

立派な大人にしたいと考えているのでしょう。

あなたは子供のためを思う立派な親です。

これはしっかりと胸を張りましょう。

(上から目線で申し訳ありません)

 

ちょっと前置きが長くなりましたね。

申し訳ありません。

 

それで小学生低学年のお子様のことを考えて、

中学受験を視野に入れている。

これは私の幼児教室に通っている親御さんも

同じようなことを考えているのです。

 

考えることなら誰でもできますよね…

問題はどうやって中学受験に向けたお勉強をしていくのか??

という点でしょう。

 

この記事では

「小学生低学年の子供が、どうやって中学受験に立ち向かうのか??」

についてまとめたいと思います。

 

こんな勉強をさせてしまったらダメです!!

↓ ↓ ↓

小学生の子供に勉強ばかりさせていたらとんでもないことに…

 

中学受験へ向けて低学年のうちにやっておきたいお勉強とは??

 

 

お勉強をするための教材って

本屋に行ってみるとめちゃくちゃあります。

 

教材を眺めていると、

一体どれを購入すればいいのだろうか??

という疑問が一気にわくことでしょう。

 

一刻も早くお勉強を開始したいのに、

教材選びですでにつまずいてしまっている…

きっとこんな状態に悩んでいることでしょう。

 

時間が非常にもったいないと考えながらも、

どれが一番いいのかで迷ってしまう。

これってよくある状況なんですよね。

 

やはり教材って非常に大切なものでして、

内容もそうなのですが、

なんといっても実際にお勉強を開始する

お子様との相性があるからです。

 

ここであなたには申し訳ないのですが、

一度教材選びをやめてもらいたいのですよ。

 

これにはちょっとした理由があるのです。

 

あなたに聞きたいことがあるのですが、

中学受験の範囲ってどこまでだと思いますか??

 

多分ですがあなたはピンときたことでしょう。

中学受験の範囲って小学生で習うところまでなのです。

 

ってことは別に教材なんていらないんですよ。

厳密にいいますと、中学受験の難易度によるのですが。

 

ですが一般的な中学受験は、

小学生の内容をしっかりと把握しておけば

めちゃくちゃ怖い思いをすることはないのです。

 

小学生の範囲ってことは、

小学校の教科書を一生懸命に勉強していてもOK!!

 

小学生の教科書をしっかりとお勉強していると、

きっとあまりにも内容が多い!!

ってあなたは感じることでしょう。

 

ここで学校で配布される「ドリル」がいいのですよ~

 

小学校のドリルってきれいにまとめられているのです!!

 

一番効率的なものは、

小学校で配布されるドリルです。

 

あなたにやって欲しいことがあるのですが、

子供からドリルを借りて、

ちょっと開いてみてください。

 

めっちゃシンプルにまとめられていると思いませんか??

 

お勉強をするにしても

一体何から手を付けていけばいいのか??

きっとあなたはそんな感じに悩んでいたと思います。

 

ドリルならば手っ取り早く始められますし、

さらに復習としても最適なんですよ~

 

何度も何度も繰り返して勉強することで、

あなたのお子様は学力をみるみる伸ばしていきます。

 

そしてドリルを開いたときに、

この問題はこうだ!!

というとんでもないスピードで解いていけば、

新しい教材を使ってみてもいいでしょう。

 

中学生受験の難問となっている

応用問題

を対策する手はずを整えていけばいいのです。

 

お子様のペースに合わせて、しっかりと勉強を進めていきましょう♪

 

 

お勉強の主役はあなたではなく、

あなたのお子様です!!

これだけは常に覚えておくようにしてください。

 

中学受験をさせることは、

子供に受験という名の戦争に出すことになります。

ってことは親がしっかりと

お勉強を手伝ってあげる必要があるのです。

あなたもこの点は分かっていることでしょう。

 

ですが勉強に対してあなたが熱を持ってしまうと、

子供が非常に辛い思いをする可能性があるのです…

 

やっぱり子供にはせっかく受験をさせるので、

是非とも合格という切符を手に入れて欲しいですよね。

その感情が高ぶってしまい、

子供に強い口調で勉強を教えてしまうのです。

 

これでは子供はあなたに対して恐怖心を抱くでしょう。

なのであなたが子供にお勉強をさせるさいには、

子供のことを思った以上に考えながら、

接して欲しいのです。

 

子供が勉強を心の底から嫌いになってしまったら、

中学受験どころの話ではありませんから。

 

子供が勉強を頑張っているのですが、学校で浮きこぼれ問題に遭遇してしまった…

↓ ↓ ↓

勉強を頑張っている小学生の子供が浮きこぼれに!?