公文の国語はいつまでやるべき⁇自宅でもできそうな気がする…

 

あなたのお子さんは公文の国語を受けているのですね。

最近公文でやっている国語のプリントを見ても

自宅でできるのでは⁇と思い始めているのではないでしょうか。

 

確かにその問題が完璧にできるようになるまで同じようなプリントが

続くのでいつまでやるべきなのか。

続けて意味があるのかと不安になってしまうと思います。

 

 

公文の算数は続けて意味があるな!!
と感じているのですが国語はいつまでやるべき
なのでしょうか⁇
基本的な理解力などはしっかりついていると思います。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
公文は自分でこなしていくのがメインなので
国語を続けるべきか悩んでいる方がたくさんいらっしゃるようですね。
確かに自宅でもできるような内容かもしれません。
そうなんです。
子供の成績を見ていても
それほど問題はなく自宅で似たような問題を
させればいいのではと思い始めました。
お悩みママ
お悩みママ
ゆっきー
ゆっきー
国語力に全くの問題がなく
学校の授業だけで理解ができているようでしたら
やめても問題ないかもしれませんね。
でも公文の教育方針である
繰り返して定着するというのは基本的で
とても大切なやり方なので忘れないでいただきたいです!!

 

公文の国語はやめても問題ない!?いつまでやるかは見極めて!!

 

 

国語の問題って結局

どれだけ理解して読みとれているかなんですよね。

 

あなたのお子さんは

国語のテストなどをするときにしっかりと

適した回答をすることができていますか⁇

 

まだ難しいということでしたら

公文はやめないほうがいいでしょう。

 

だって今できないのに

やめたらもっとできなくなってしまいますよ…

 

そんなのもったいないですよね。

 

 

でもよく理解してできている!!

と胸を張って言えるのであれば

やめるのも1つの手かと思います。

 

成果が出ているのか分からない公文に通い続けるよりも

そのお金でたくさんの本を子供に買い与えたほうが

良いかもしれないからです。

 

 

本には私たちが言葉で伝えられないほどの

知識が入っています。

 

色々な種類の本を読むことで

理解力が向上し、自分の意見をまとめる力を

つけることだってできるのです!!

 

たくさんの国語の問題を解くよりも

たくさんの文字に触れろと言ってもいいでしょう。

そこから得られる知識は膨大で

将来必ず役に立つことばかりだと思いますよ(^^)

 

 

あなたは子供にどんな知識をつけてもらいたいですか⁇

公文の国語を続けるか悩んでいるのであれば

引き際をしっかりと見極めていくのがよさそうですね。

 

簡単にですが調べてみると

小学校2・3年生あたりでやめる子が多い感じでした。

 

あなたにおすすめの記事↓↓

公文に行っても全く伸びない…成果が見えないのはどうして⁇