幼児は貸してと言われたら必ずどうぞをしないといけないの??

 

幼児の子供たちが集まるところに行くと

おもちゃの取り合いになることがよくありますね。

 

私は子供が遊びたいというおもちゃの順番を待っていました。

 

 

「やっと遊べるね!!」

と思ったときに事件が起きたのです。

 

後から来た幼児の子が我が子が

持っているおもちゃで遊びたがりました。

 

 

「貸して~」

 

でも我が子もずっと待っていたので

貸したくないですよね。

 

ちょっと遊んでから貸してあげたら

いいかなと思っていたらその子のお母さんに

 

「何で貸してって言ってるのに

貸してくれないんですか⁇

子供のしつけができてないですよね。」

 

状況もわかっていないので仕方ないのかもしれませんが

子供も私もショックを受けて「どうぞ」と渡すしかありませんでした。

 

 

子供もかわいそうで…

こういう時って絶対貸さないといけなかったのでしょうか。

 

 

幼児に貸してと言われたら絶対貸さないといけないの⁇

 

 

子供に「どうぞ」「ありがとう」を教えることは

とっても大切なことですね(^^)

 

幼児教室でも最初に教えていることです。

 

 

でも言われたら必ずどうぞをしないといけないわけでは

無いと考えています。

 

先ほどの状況のような場合であれば

すぐにどうぞする必要はないです。

 

だって子どもも今までちゃんと待てたから

おもちゃを使うことができるんですよね。

 

 

それをすぐ渡してしまうのは

子供の頑張りを無下にすることにもつながります。

 

相手には事情を説明して時間を決めて遊ぶか

一緒に遊べるものであれば一緒に遊びましょう!!

 

 

「貸して・どうぞ」は必ず身につけさせておこう。

 

色々な場合があるとはいえ

親がいないところでも「貸して」「どうぞ」

ができるようにしておくことはとても大切です。

 

お友達と遊ぶ時もおもちゃの取り合いになってしまいますよね。

 

そうならないためにも

幼児の子どもたちは周りを見ることを

覚えさせておきましょう。

 

 

遊びに出かけた時には

「周りに待っている子はいない⁇」

「おもちゃを使いたそうな子はいない⁇」

と子供に声をかけてあげてください。

 

何度も何度も根気よく繰り返すことによって

子供は周りを見る習慣を身に着けます。

 

 

「どうぞ」をするときも両手で渡すことを教えてあげてくださいね♪

両手のほうが丁寧できれいに見えますし

将来人間関係を作るときもとても役に立ちます。

 

子供の気持ちを尊重しつつ

自分本位にならず周りを見れる子どもになってもらえたら

親としてもとてもうれしいですね!!

 

 

あなたにおすすめの記事↓↓

5歳の子供があまりにもうるさいので何とかしたい!!