積み木でたくさん遊ばせよう!!数や立体・空間認識までばっちり。

 

子どもたちはみんな大好きな積み木♡♡

私の中では自宅に置いておきたいおもちゃ

不動のナンバー1です!!

 

 

あなたは積み木ってどのように使うイメージがありますか⁇

 

積むぐらいしか思いつかないのではないでしょうか。

実際に私も最初はそうでした。

 

 

でも本当はあなたが思っている以上のことが

積み木でできるのです。

 

それはなんと幼児のお勉強(*´ω`)

 

使い方によって子どもの勉強道具として

無限の可能性を秘めているのが積み木なのです。

 

 

私の働いている幼児教室では

毎回積み木を使って学習しています。

 

自宅学習でも使ってほしいので

購入を促進しているぐらいです!!

 

 

積み木はたくさん持っておいても

損することはありませんよ(^^)

 

たくさんの積み木で遊ぶと一体どんな効果が子供に表れるのですか??

 

 

積み木を使ってどんな学習ができると思いますか⁇

 

もちろん積み木は積んで遊ぶものなので

「積む力」「バランス感覚」「手先の器用さ」

を身に着けることができます。

 

他にも色のある積み木を使えば「色の種類」

色々な形があるものであれば「立体」を教えることができるのです!!

 

 

まだまだありますよ!!

 

たくさんの数を用意して

「数唱」「数」「足し算」「引き算」

 

上下左右において「空間認識」

積み木を紙の上に置いてなぞっていけば

展開図を作ったりすることもできます♪

 

 

最近は算数などが苦手な子どもたちが増えているので

苦手対策としても積み木はたくさん持っておきましょう!!

 

自宅で積み木をたくさん触っているか

触っていないかで数学や算数の理解度は大きく変わってくるのです。

 

 

あなたは我が子にどんな能力を

身に着けてほしいと思っていますか⁇

 

積み木を使うことで

身につく能力をまとめていきたいと思います。

 

 

積み木を上手に積もうとする「手先が器用になる」

 

積み木を詰めるようになるには

手先の器用さが必要になります。

 

ということは手先をたくさん使いますね!!

 

指先と脳は密接に関係があります。

指先を「第二の脳」と呼んでいるのを

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

積み木を積むために手先をたくさん使うことで

手先が器用になるだけではなく

脳も刺激されて活性化させることが出来るのです!!

 

積み木で遊んでいるだけなんですよ。

すごいと思いませんか??

 

これは子供にたくさんの積み木を与えないと

将来損してしまうでしょうね。

 

 

子どもが積み木を積めるようになるのは

1歳半~2歳ごろです。

 

積み木を積むって子どもたちにとっては

とても難しいことなので

お母様がたくさん見本を見せてあげて下さいね♪

 

 

最初は親が積んでいるのを見るだけでいいです。

親が積んで壊すのを子どもにやらせてあげると

積み木の楽しさを知ってくれます(^^)

 

最初はできなくても

親がやっていることを真似するようになりますよ。

 

積み木を積む最終目標は

親指と人差し指を自由自在に操れるようになること!!

 

これが出来るようになれば

他の細かい遊びもできるようになり

子供の手先がどんどん発達していきます。

 

どうやって積み木を積んでいけばいいのか??「思考力を鍛えることができる」

 

積み木を積むのって実は単純作業ではないのです。

 

積み木をどういう風に持って

どの角度にすれば上手にのせられるのか。

積み木をどこに置いたら形が出来るのか。

 

積み木を積みながら子どもたちは

いろいろな試行錯誤をしているのです。

 

 

6ヶ月頃は積み木をギュッと手のひらでつかんで

その場で離して落とすのがやっとです。

 

それがだんだんと自分の意志で

離すことが出来るようになります。

 

そして今度はどのように持てば

思うように積むことが出来るのかを

考え始めるようになるのです。

 

 

私は6ヶ月の子どもたちを担当していますが

毎回積み木の持ち方やのせ方が変わっていきます。

毎週成長しているんです(^^)

 

先週は3指(親指・人差し指・中指)で積み木を持っていたのに

今週は2指(親指・人差し指)で持てるようになってる。

 

 

たくさんある積み木の中で

同じ色や同じ形の積み木の上に積むことが出来るようになる。

 

倒れないようにバランスを取りながら

優しく置くことが出来るようになる。

 

 

たくさんの形がある積み木で

自分の知っている形が作れるようになる。

(例えば家とかビル・横に積んで蛇とか)

 

これはあれに似ているな♪

じゃあ今度はこの積み木を使って

見るとどんな形が出来るのかな??

 

子供たちは頭の中でたくさん

考えているのです。

 

 

積み木でこんなものを作りたい!!「創造力を高めることができる」

 

子供たちの創造力って本当に豊かです。

親や先生が「これ作って!!」

って言わなくても今ある積み木で

自分の知っている物を作る天才☆☆

 

「何作っているんだろう??」

って積み木で作っているところを観察していても

なかなか答えが分からないことありませんか??

 

実際に子供に聞いてみると

「これをこんな視点から!?」

「確かにこんな形あるよねー!!」

と驚かされる発想がたくさんあります。

 

実際にたくさんの積み木を使って

自分の住んでいる家の形を作ってみたり。

 

子供たちが創造して作っているときって

本当に楽しそうですよね♪

 

 

他にも平面で書かれた積み木の積んだ絵を

再現することが出来るようにもなります。

 

ここの上に積み木があって

ここはないから積んではいけない…

 

親自身が「難しい~(・・;)」

と思う図形の問題も積み木さえたくさん触っていれば

説明すればすぐできるようになった!!

 

という話も良く耳にします。

 

 

身近にある積み木ですが

たくさんの発想力でお勉強道具としても

使えますよ♪

 

ぜひたくさん触らせてあげてくださいね(*^_^*)

 

 

あなたにおすすめの記事↓↓

幼児教育で「考える力」を育てることはできるの??