将来のことを考えて、子供に色々な経験をさせることは本当に大切??

 

あなたが子供の頃は、

どれくらいの習い事をしていましたか??

ちょっと思い出して見てください。

 

全くしていない人もいれば、

たくさんの習い事をしていた人も

いらっしゃると思います。

 

それで何であなたの習い事を聞いたのか??

この記事を読んでいるあなたは、

子供がいらっしゃることでしょう。

 

その子供に対して、

たくさんの習い事をさせるのか、

迷っているのではないでしょうか??

 

あなたが子供だった時と、

あなたの今の子供を比較してみてください。

 

どのような違いがありましたか??

きっと何かしらの違いがあったことでしょう。

 

例えばですが、昔と今を比較してみると、

今の子供はたくさんの習い事をしている

という点が見えてくるのでは??

 

今って少子高齢化の社会なので、

圧倒的に子供の数が少ないです。

しかも1世帯に子供が1人ってのが当たり前なのかな??

 

子供が1人しかいないってことは、

ある程度の貯蓄ができると思うのですよ。

 

ってことは子供にたくさんのお金をかけることができる

↓ ↓ ↓

子供にたくさんの習い事をさせることができる

 

こんな感じになるでしょう。

もしあなたに時間があれば、

ママ友さん達に聞いてみてください。

 

きっと子供に習い事をさせている家庭が多いですから。

 

ちなみに私は幼児教育の先生をしていて、

たくさんの親御さんと会話をする機会があります。

 

私「お子様はどれくらいの習い事をさせていますか??」

親御さん「4つくらいさせていますよ~」

 

たくさんの親御さんは、

子供たちにいろんな習い事をさせているのです。

 

そう、これも全ては子供にいろんなことを経験させるためにやらせているのですね!!

 

間違いありません!!子供にたくさんの経験をさせることは本当に大切です!!

 

 

子供にたくさんの経験をさせることは、

とってもいいことなんですよ。

悪いことがかすんで見えるくらいに。

 

それで子供に経験をさせるのはいいとして、

適した方法が見当たらないから

習い事をさせているのです。

これも今の社会の風潮になります。

 

それで子供にたくさんの未知なる経験をさせることで、

一体どんないいことがあるのでしょうか??

 

私が働いている教室の親御さんに聞いてみました♪

 

習い事をさせることで、子供との会話が充実している!!

 

子供に経験をさせることで、

経験したことの会話を、

子供が一生懸命話すようになるのです。

 

この「子供との会話」については、

どの親御さんも口を揃えて

満足そうにメリットとして伝えてくれました♪

 

子供がしっかりと話をすることで、

親御さんとお子様の絆をより一層、

深くすることができます。

 

夕食時に会話のない暗黒に満ちた時間より、

わいわいがやがやと子供が

マシンガントークで話している

食卓の方が圧倒的にいいと思いませんか??

 

マシンガントークはちょっと面倒くさそうですが(笑)

 

それで子供が楽しく話すのはとってもいいことですが、

これによってさらに子供のいい点について

あなたは気づくことでしょう!!

 

子供のコミュニケーション力に驚きを隠せませんでした!!

 

子供が一生懸命経験したことを話します。

きっとあなたはここで気付くことでしょう。

 

子供のボキャブラリーがうなぎ上りになっていることを!!

 

子供のボキャブラリーについても

親御さんが口を揃えて話しています。

 

親御さん「習い事はたくさんさせるものですね♪」

 

親御さんは満面の笑みで、

お話をされていました。

 

親御さんもお子様もとっても幸せそうに、

手を繋いで会話をしていたのです。

私の目の中はあまりにも強い光が入り込んで、

目が機能しなくなりそうでした(笑)

 

「幸せ」って本当にこういう状況を指しているんだなぁ~

って体で実感することもできたのです。

 

習い事っていうのは、

子供と親を硬い硬い絆で結ぶのは、

否定することができません。

 

子供が目先のことだけではなく、さらに遠い未来を想像している!!

 

大人もそうですが子供もたくさんの経験をすることで、

様々な想像をすることができるようになります。

 

子供って基本的にわがままなのですが、

このわがまま具合が緩和するようになるのです。

 

一体どういうことなのか??

ちょっと簡単な例えを上げますね。

 

あなたはお子様とスーパーに行ったとします。

それであなたのお子様は多分ですが、

お菓子コーナーに一直線に走ることでしょう。

 

それで

子供「ママ~、カルパス買ってよ~」

お母さん「ダメよ!!帰ったらご飯を食べるから。」

ってこういうやりとりをすることでしょう。

 

でも経験を積んでいる子供は一味違うんですよね~

 

子供「帰ったらいっぱいお勉強をするから、カルパス買ってよ~」

お母さん「じゃあお勉強をする約束は絶対に守ってね!!」

 

してやられてしまいましたね~

あなたのお子様は一つ上手のようでした。

 

子供は一体どうやったら買ってもらえるのか??

いろいろと思考して、

お母さんに作戦勝ちをしたパターンです。

 

お母さんは後になって、

「あれ??何故かお菓子を買ってしまった…」

って微々たる後悔をするのでした(笑)

 

優しいを通り越して、まるで天使のような気遣いをする!?

 

ある親御さんがおっしゃっていたのです。

 

子供「ママ、最近疲れているんでしょ??肩揉んであげるよ~♪」

 

これは素直にすごい…

ここまで大人の心配をする子供がいるとは、

一体どんな教育をしているのでしょうか??

もしかして何かキャラを作っているのでは??

 

いえいえ、決してそんなことはありません。

むしろ「キャラを作る」という高等テクニックは、

お菓子が喉から手が出るほど欲しい年齢では難しいですから。

 

ですがこれは子供にたくさんの経験をさせることで、

他人の心配をしっかりとできるようになったのです!!

 

子供はわがままな生き物ですが、

他人を心配することができるようになるのって、

本当にすごいとあなたは思いませんか??

 

子供は本能に従ってありのままに行動しますが、

経験を積むことで理性を醸し出すことができるのです。

 

ここまでの成長を目の当たりにすると、

あまりの驚きで開いた口がふさがりません!!

 

子供「先生の肩を揉んであげるよ~」

私「天使すぎて気絶しちゃいそう」

 

私は疲れなんて知らない体になりました(笑)

 

子供に経験させるのはいいことですが、子供としっかりと相談するように!!

 

 

子供にしっかりと経験をさせることで、

現実的なメリットは説明できたと思います。

 

ですが子供に無理強いさせるのだけは本当にいけません!!

上記で説明したのはあくまで成功したパターンです。

 

もし経験という名の習い事を無理にさせると、

子供から反感を買う可能性がグンと伸びることに…

 

親子関係の崩壊という表現が正しいと思います。

 

常に眠たそうな子供って悪いイメージを持たれる可能性が…

 

私が授業をしていると、

常にとっても眠たそうな生徒さんがいらっしゃるのです。

 

私は

「う~ん、やる気があるのかなぁ~」

って感じてしまってちょっと怒ってしまったのですよ。

 

でも生徒さんは

「だって水泳の後なんだから疲れているもん!!」

って反発をしてきたのです。

 

確かに水泳は体力的に疲れてしまいますよね…

 

それで親御さんに相談をしてみると、

「あ、そうですか、すみません、習い事が多くて…」

っとそんな感じに理由を教えてくれました。

 

あなたはこの点についてどうお考えですか??

きっと

「集中力が欠けているのに、習い事をさせるのは時間の無駄」

って感じるのではないでしょうか??

 

あなたの言っていることはド正論です!!

そうなんですよ、本当にもったいないですよね~

 

しかも子供が疲れきっているのに、

さらに習い事のオンパレード…

 

5kmのマラソンを力尽きるまで走ったのに、

もう一回走って来いって言われているのと一緒。

 

なので子供の体力面をしっかりと相談することが大切です。

 

子供とは直接関係ないのですが、資金的な部分を考えないと…

 

習い事をさせるのって、

とってもお金がかかってしまうんですよね…

 

ある親御さんは

「食費を割いてまで習い事をさせています」

っと言っている人がいたのです。

 

え??嘘でしょ??

そこまでして子供に習い事をさせているのですよ。

 

私は反射的に

「育ち盛りの子供がいるのに、食費の節約はちょっと本末転倒なのでは??」

っと言ったのです。

 

そしたら親御さんは

「人の家庭にあまり口を突っ込まないで頂きたいです」

と話の本質をずらした返事が返ってきたのです。

 

これって下手したら虐待に近い行為。

そこまでして子供に経験値を積ませたいのか??

子供はシミュレーションゲームの駒ではありませんよ。

 

この記事を見ているあなたは分かっているでしょう。

 

まぁ、ここで言いたいことは、

子供に経験を積ませるためには、ある程度の資金は必要

ってことを話したかったのです。

 

またとある激安グッズを使って、

子供の教育に役立てることが可能なのですよ。

もしあなたが資金的な面を考えて、

教育を断念したいと思っているのであれば、

以下の記事を参考にしてください。

 

まさかのダイソーの積み木でお勉強ができるのですよ!!

セリアで売っている激安ひらがなカードでさらにお子様の知識を蓄えよう♪

 

子供は十分に可能性を秘めた存在!!これは間違いありません!!

 

 

子供って覚えるスピードが尋常ではありません。

わが子って天才なのでは??

っと感じる家庭も少なくないのですよ。

 

私も授業をしていて子供の可能性を

ひしひしと目にすることがたくさんありますから。

 

それでその可能性を一気に高くするために、

たくさんの経験を積ませている。

とっても理に適った行動ですね。

 

ですがその行動には絶対に限度が必要です!!

 

子供の体力、精神、これらをしっかりと把握することが、

親のやるべきことナンバーワンですよ。

 

とにかく習い事を時間いっぱいまでやらせる

という経験という名のあり地獄だけでは避けてくださいね。