子どもの記憶力は良すぎるぐらいすごい!!能力を開花させれば百人力。

 

子どもたちって記憶力が良すぎませんか!?!?

 

例えばお歌など簡単なものは2・3回聞けば

すぐ歌えるようになっているってことありますよね。

 

もしかして自分の子どもは天才なのでは!?!?

と勘違いしてしまうほど親ばかです。

 

あなたも同じ経験があるのではないでしょうか??

その気持ち良くわかります。

 

幼少期の記憶力は良すぎる!!素晴らしい能力です。

 

子どもたちの記憶力が良すぎてびっくりしてしまいますよね。

 

今まではいくらやっても出来なかったことが急にできるようになっていたり

数えるぐらいしか歌っていなかった歌を急に歌いだしたり。

 

子どもと一緒にいると毎日驚くことばかりです!!

 

『もしかしたら自分の子どもは天才なのでは!?!?』

と勘違いしそうになってしまいます。

 

 

でもこの能力って特別でもなんでもないんですよね。

 

子どもたちの持っている良すぎるぐらいの記憶力は

大人である私たちも幼少期には持っていた能力なのです。

 

でも、あなたが信じられないのも良くわかります。

残念なことですが、大人になった今では全くと言っていいほど

能力を使うことはできませんよね…

 

子どもたちは親でも気づかないほど

能力は無限の可能性を秘めているのです!!

 

記憶力ってとても大切。子どもたちの能力を高めよう!!

 

子どもたちには、大人が思っている以上に無限の可能性があります。

記憶力もその1つです。

 

大人になった方なら記憶力の大切さは誰もが感じているでしょう。

あなたも記憶力で苦労した経験がありますよね??

 

現在の日本の学校の勉強は

どれもが記憶力を必要とするものばかります。

 

社会科なんて丸暗記。

数学は公式暗記、英語は単語暗記。

 

どの勉強をとっても暗記が基本です。

 

記憶できなければテストなんてできたもんじゃありません…

 

 

将来、子どもたちが就職活動をするにあたっても

記憶力は必須の能力でしょう。

これだけ日本に記憶力を必要としているのです。

 

 

折角幼少期に持っている天才的な記憶力が

大人になるにつれて使えなくなるなんてもったいないと思いませんか??

 

幼少期のうちに鍛えて

良すぎるぐらいの記憶力を手に入れておきましょう!!

 

良すぎるほどの記憶力は右脳の能力!!

 

幼少期の子どもたちの脳は発達途中ですよね。

大人と子どもの脳は根本的に働いている部分が違います。

 

3歳ぐらいまでは、右脳が優位に働いている時期なのです。

この右脳こそが素晴らしい記憶力を発揮している場所なのです!!

 

右脳優位の時期は天才って聞くけど

どういうことなの??

 

右脳というのはたくさんの能力を持っています。

その能力は、記憶力・直観力・判断力などたくさんあります。

しかもどの能力でも一瞬で使うことが出来るのです!!

 

でもそれって大人でも使えていますよね??

普通のことじゃないんですか??

 

本当にそうでしょうか⁇

では考えてみてください。

 

あなたの目の前に原稿が用意されています。

どのように記憶していますか??

 

うーん…

まず読んでから内容を理解して

かみ砕いてちょっとずつ覚えていきますかね??

 

大体の大人がこの流れですよね。

これはすべて左脳が働いて記憶しているのです。

左脳の動きはゆっくりしているため何度も読み

内容を理解しなければなかなか記憶することができません。

 

また、時間をかけてもすぐに忘れてしまうという問題点もあります…

 

なるほど。

私は頑張って覚えても2・3日で忘れてしまいますね(笑)

 

しかし、子どもたちの記憶は違います。

読んで理解しているのではありません。

感覚(流れやリズム)ですべてを覚えてしまうのです!!

 

そのため理解するという過程もいらず

短時間に覚えることができるのです。

 

これが右脳記憶なのです。

 

大人と子どもの脳は全く違うのですね…

たまにすぐに覚えてしまう方がいますが

右脳を使っているからなのですね!!

 

 

子どもたちは聞いたことをなんとなく

丸覚えするということができます。

 

あなたは右脳記憶と左脳記憶のどちらを使いたいと思いましたか⁇

 

当然右脳記憶の方がいいでしょう。

短期間に記憶することができるので

その分たくさんのことを覚えることができるのですから!!

 

右脳記憶を使えるようにしたい!!どうやって開花させればいいの⁇

 

右脳記憶を開花させるには

毎日の訓練が必要です。

 

2~3歳あたりまでの脳は

右脳が優位に使われている時期です。

 

そのため何をしなくてもある程度の

能力を発揮しています。

 

しかし、右脳から左脳優位に変わってくると

その能力はなかなか使うことがなくなってしまいます。

 

右脳の能力は使うことがなくなると

どんどん退化して使いたいと思っても使えなくなってしまうのです。

 

 

でも諦めないでください(^.^)

その能力をもう1度引き出すことも可能です!!

 

一番おすすめの訓練は『暗唱』です。

毎日同じ詩や本を覚えるまで読み込みます。

 

内容を理解しようとしないでください。

その時点で左脳が働いてしまいます。

 

ただ単にテンポよく何度も何度も読むだけでいいのです。

1つ覚えたら次は少し難しいものを…

と何個も行うことによっていつの間にか

 

「2・3回しか読んでないのに、記憶できている!!」

と気づく時期がきますよ( *´艸`)

 

あなたにおすすめの記事↓↓

右脳教育ってそんなにいいの⁇その後どうなった⁇