実は恐ろしい!?七田式のフラッシュカードって弊害があるのですか??

 

私は幼児教室で先生をしているものです。

いろんな授業を受け持っているのですが、

その中でもフラッシュカードは

子供たちや親御さんからも大人気なのですよ。

 

何で人気なのは分かりませんが、

多分カードのテンポがいいのかなぁ~

っと勝手な解釈を行っています。

 

それで私にはちょっと気になることがあるのです。

 

七田式のフラッシュカードの授業って弊害が存在するのでは??

という懸念を抱いています。

 

七田式という名前を勝手に上げるのは申し訳ありません。

というかフラッシュカードってどこの幼児教室も

似たようなものなので限定的に名前を出すのは、

少しだけ気が引けてしまいます…

 

それで何でフラッシュカードには弊害があると

私は感じてしまったのか??

この点についてちょっとお話をしないといけません。

 

そもそもフラッシュカードの役割ってあなたは何だと思いますか??

きっといろんな答えが出てくることでしょう。

 

ちょっと効果の例を挙げてみますね。

 

  • 右脳を鍛えるために行っている
  • テンポよくやるので記憶力が上がる
  • 記憶力と同時にイメージ力も付いてくる
  • 名詞の丸覚えに活用できる

 

などの効果があると私は解釈しています。

どれも将来役に立つ効果なんですよね~

 

っというかフラッシュカードには、

悪い点なんて存在しないのではないのか??

筆者がただ単に気にしすぎていると感じるかもしれませんね。

 

ですが私はたくさんの生徒さんを相手にして、

フラッシュカードを行っています。

そのたくさんの生徒さんの中で、

思っていた効果とちょっと違う結果が出た子もいるのですよ…

この違う効果ってのが意外と厄介なのですね(T_T)

 

弊害という表現はちょっといかがなものなのか??

と私は感じてしまうのですが、

感じ方は人それぞれなので、

このまま弊害という言葉を使わせて頂きます。

 

フラッシュカードの弊害については以下の記事でも徹底的にまとめています!!

↓ ↓ ↓

フラッシュカードは本当に害というものが存在するのでしょうか??

 

子供からしたらフラッシュカードが超楽しみ!!でもこれがいけないと私は思います…

 

 

子供からしたらフラッシュカードって楽しいのですよ。

テンポがいいので乗りやすいし、

カードの内容の言葉も言いやすい。

 

子供からしたらこんなに楽しいことはないでしょう。

楽しすぎて仕方がないのかな??

しかも親御さんも体を揺らしているので、

大人からしてみてもきっと楽しいのでしょうね。

 

別に楽しいというのは悪いことではありません。

むしろめっちゃいいことです。

 

ですがそれでも楽しすぎるというのは、

逆効果になる可能性があるのですよ…

 

きっとあなたは

「筆者は矛盾していることを言っている」

と感じていることでしょう。

 

この楽しすぎるという問題について説明しますね。

 

フラッシュカードが楽しみすぎて別のことを全くもってしない!!

 

フラッシュカードを楽しむことは確かに大切です。

ですが楽しみすぎるのも問題なのですよ。

 

私の授業を受けている子供の中で、

フラッシュカードをやりにくるだけ的な

子供もいるんですよね~

 

じゃあフラッシュカード以外のお勉強はどうなのか??

悲しいことに全く集中をしていないのですよ!!

 

これじゃあマジでダメです。

フラッシュカードはあくまで効果は限定的なもの。

フラッシュカードをやっているだけで、

例えばですが受験は成功しません。

 

なので私の中ではフラッシュカードは

一つの弊害としてカウントをしているのです。

 

子供がフラッシュカードのせいで呪文を唱えている!?

 

申し訳ありません。

いきなり訳の分からないことを言ってしまって…

 

フラッシュカードがあまりにも楽しいものなので、

子供が家に帰っても、

本日やっていたフラッシュカードの内容を

呪文のように唱えているのですよ。

 

これは親御さんが私に報告をしてきたので

実際にあったことなのです。

 

フラッシュカードには、

特定の子供には興味があり過ぎてしまって、

洗脳されてしまう恐れがあります。

 

悲しいことにそのお子様には、

しばらくフラッシュカードから放れてもらうことにしました。

 

もうそのお子様はビービー泣きまくって、

フラッシュカードの魔の手から開放するのが、

かなり大変でしたよ…

私の中では怖いものを感じましたね。

 

少しばかり言い過ぎになってしまうのですが、

子供の生活を蝕んでいる感じが、

フラッシュカードにはあるのではないのか??

と私は率直に感じたのです。

 

フラッシュカードというのはとってもいい勉強方法なのですが、

思いもよらないところに落とし穴があるのですね。

しかもその落とし穴は別のお勉強に

弊害を与えてしまう可能性があるのです。

 

特定の子供にとっては、

フラッシュカードというのは弊害になると言っても

全く過言になるとは言えないのですよ。

 

しっかりとフラッシュカードに適した子供なのか??

という点を把握して授業を行っていきたいところです。

 

七田式に区切りを付けるタイミングってありますか??

↓ ↓ ↓

七田式をためたいのですが、やめどきが分かりません…