年長になった子供が勉強しないのでイライラが爆発します!!

 

 

あなたには年長のお子様がいるってことですよね。

さていきなり質問をしたいのですが、

あなたのお子様は来年からは小学生です。

小学生になったらどのように生活は変化するでしょうか??

 

 

多分ですがいろいろと変化する点はあることでしょう。

ですがその中でも「勉強」が一番変化する点ではないでしょうか??

 

 

小学生にもなれば、

勉強が本格化しますよね。

このお勉強についていけなかったら、

子供の将来が本当に不安になります。

だって今の社会では学力社会と言われていて、

学歴を見て雇うか雇わないかを判断しているのです。

長い目で見れば勉強というのは非常に大切ですよね。

 

 

例えばあなたのお子様が大人になった際に、

絶対に必要な資格がいるとなって、

勉強を始めたとしましょう。

 

 

子供の内から一生懸命しておけば、

勉強のやり方は効率化などの方法を考えるので、

資格取得の難易度は落ちるのです。

ですが子供の頃から一生懸命勉強ができていなかったら、

勉強の方法をあまり理解していないので、

資格取得にかなり悩むことでしょう。

 

 

お話が逸れてしまい申し訳ありません。

ですが勉強ができることって非常にいいことだと

私は改めてあなたに説明をしたかったのです。

まぁ、この記事を開いているあなたなら知っていることでしょうが。

余計なお世話でしたね。

 

 

さてあなたには年長さんのお子様がいらっしゃることでしょう。

小学生になった時のことを見据えて、

今のうちにお勉強をしっかりとさせておきたい!!

 

 

あなたのお考えは痛いほど理解できます。

だって小学生になって勉強についていけなかったら、

一体あなたのお子様はどうなってしまうのでしょうか??

こんなことを言ってしまうとあなたはかなり不安になりますが、

小学校内で落ちこぼれとして有名になるかもしれません。

 

 

これは絶対に嫌ですよね…

せっかく愛情を注いで大切に子供を育んできたのに、

落ちこぼれなんて言われたら非常に悲しいではありませんか!!

 

 

それであなたは年長の子供に一生懸命に

勉強をさせようとするのですが、

あなたのお気持ちを子供が理解をしていなく、

勉強をやりたがってないのではないでしょうか??

 

 

「勉強」という言葉を耳にするだけで、

子供がしかめっ面をして、

あなたから遠ざかろうとしている。

これほどイライラすることはないでしょう。

 

 

さて、そんな年長の子供に対してですが、

一体どうやって勉強をさせればいいのでしょうか??

これって非常に難しい問題になりますよね。

 

 

ですがこの記事でしっかりと説明をしていきますので、

是非ともご覧ください!!

 

 

子供があまりにも勉強をしないので、ストレスがやばい…

↓ ↓ ↓

ストレスが本当にやばいことに。だって子供が勉強をしないのですから…

 

 

年長の子供にどうやってすんなりと勉強をしてもらえればいいのでしょうか??

 

 

 

 

「さっさと勉強しなさい!!」

これをすれば子供は勉強をすると思いますか??

 

 

子供の性格によるのですが、

する子としない子の両方に別れるかもしれませんね。

 

 

ですが勉強を本当にさせたいのでしたら、

「勉強をしなさい!!」

という命令形のセリフは絶対にNGです。

 

 

簡単に言いますと、子供が勉強を嫌いになってしまいますから。

これでは子供の将来は真っ暗になってしまう可能性があります。

勉強が嫌いになると成績も最下位なんてことも考えられますから。

 

 

さて、一体どうやって年長の子供に

しっかりと勉強をしてもらえればいいのでしょうか??

 

 

前提条件として、子供とのコミュニケーションはしっかりと取れていますか??

 

 

あなたは子供としっかりとお話し合いをしてことはありますか??

きっと何かしらの話題で話し合いをしたことはあるでしょう。

 

 

だったら勉強という話題で子供と話し合うといいですよ。

子供は勉強というものに関して

どのような認識をしているのか??

こういう点をしっかりと根掘り葉掘り聞くのが大切です。

 

 

子供の考えに沿ってお勉強計画を開始したら、

子供だって勉強を始めるとあなたは思いませんか??

 

 

子供って基本的に強要されるのが嫌いです。

だって自分の自由な行動が制限されますから。

 

 

ってことは子供が勉強をすることと自由をイコールで結べば、

子供も嫌々せずに勉強を始めることでしょう。

ですがこれに関しては理想論となります。

だって子供は基本的に勉強というのが嫌いですから。

 

 

年長の子供が勉強を好きになれば何も問題はないのです。

 

 

これはまずは子供とコミュニケーションをとっている事が前提です。

その話し合いをしてから、

どうやって子供が勉強をする

という行動を取るのかあなたが考えるのですよ。

 

 

言葉は悪いのですが、

あなたの子供を洗脳する方法について

あなたは考えていけばいいのです。

 

 

子供をどうやったらいい方向へ進めることができるのか??

いろいろ考えることはありますが、

あなたが考えたことは最終的に

立派な時間投資へと繋がるので、

子供のことを毎日考えて、

いい方法を探るといいでしょう。

 

 

ちょっと最後は投げやりになってしまったのですが、

私が言っていることについては、

最終的にあなたのお子様に性格によって

方法が一気に変わってくるので、

今回は例を挙げるのをやめました。

時間があったら別記事でまとめたいと思うので、

その時はこの記事でしっかりと紹介しますね♪

 

 

子供の内から勉強についての考えを立派にするためには??

↓ ↓ ↓

子供のうちから勉強が好きと思える洗脳をしておくと??