困りました。反抗期を迎えた小学生が全く勉強しないのです…

 

 

小学生になった子供は、

反抗期という親からすると

非常に迷惑な時期に突入することでしょう。

 

 

私は幼児教室で先生をしているものでして、

小学生で反抗期を迎えた子供は、

私は星の数ほど見てきた記憶があります。

 

 

それでこの反抗期ってあなたも分かっていることですが、

本当に「面倒くさい」という意味を体感することができます…

 

 

私が「ここやっててね~」って言っても、

子供は余裕の表情で「やらない」んですよね。

全くもって授業が進みません…

 

 

私は怒りたいところなのですが、

本能に従って怒ってしまっても、

子供に恐怖心を植え付けてしまうので、

そういうことは全くできないのです。

 

 

頭ごなしに叱ることは一見いいように見えるのですが、

子供からしたら末恐ろしいように感じますから。

 

 

さて、親の言うことあまり聞かないことは、

百歩譲って許すとしても、

勉強をしないことについてはいかがなものか??

 

 

反抗期を迎えたからと言って、

勉強をしないのはいいことなのでしょうか??

きっとそんなことはありませんよね。

この記事を見ているあなたであれば、

お勉強の大切さについては重々承知しているでしょう。

 

 

ですが子供が全くもってお勉強をしてくれない…

一体どうやって子供に勉強をさせればいいのでしょうか??

しかも超生意気に口答えをしてくるので、

親からしてもイライラがピークに達していることでしょう。

 

 

この記事では、

小学生の子供が反抗期を迎えてしまって勉強しない

という点についてしっかりとまとめていきたいと思います。

 

 

勉強をしないのもいけませんが、さらに反抗期のせいでご飯を食べません。

↓ ↓ ↓

まさかの反抗期のせいで子供がご飯を食べない!?

 

 

反抗期の理由を理解することで、小学生が勉強を始める!?

 

 

 

 

そもそも何で反抗期を迎えてしまったのか??

この反抗期が起きてしまう原因が謎です。

 

 

きっと小学生で反抗期が起きてしまう原因として、

「親に甘えることに嫌悪している」

ことが上げられます。

 

 

できるだけ親と関わらないようにして、

子供が自立をしようと努力しているイメージです。

ですがまだまだ子供なので自立なんてできませんが。

 

 

さて、そんなイライラしてしまう反抗期なのですが、

反抗期って子供がしっかりと成長している証拠です。

深く言えば脳がどんどん成長しているとも言えます。

 

 

それで成長に伴う反抗期についてなのですが、

親であるあなたがしっかりと理解をして、

子供のペースに合わすことが一番いいのですよ。

 

 

子供についてさらに深く理解することをイメージして、

お子様とまずは接してみることをおすすめします。

これがまずは前提条件としてできないと、

子供はあなたの「勉強をして欲しい」という願いが、

何一つ届かない結果で終わってしまう可能性がありますから。

 

 

そんなことになってしまったらあなたは悲しいと思います。

なのでまずは何度も言いますが、

子供のことをさらに注意深く観察することが大切です。

 

 

さてここからはあなたが前提条件を実行して、

さらに気をつけて欲しい点についてまとめたものになります。

反抗期は別に改善する訳ではないので、

この点だけはしっかりと承知して頂けると嬉しいです!!

 

 

気をつけて!!「勉強」というワードは超NG!!

 

 

まずやってはいけないことは、

子供へ「勉強しなさい!!」という言葉。

これをやってしまったらもうアウトです。

野球で言いますと三者凡退。

 

 

なのであなたに気をつけて欲しいことは、

子供に勉強という命令を出さないことになります。

まずはこれをしっかりと意識して欲しいのです。

 

 

でも子供を放置してたら、

勉強をしないのもまた事実…

もう手が詰まっている感じがしますよね。

ですがここで焦っていても仕方がありません。

 

 

簡単な答えになるのですが、

まずは子供に勉強をしてもらうよりも、

勉強をするメリットを与える方法を探すことが大切になるのです!!

あなたもきっとこの点は分かっていると思いますが。

 

 

子供が必死になって勉強をすることで、

一体どんな希望が沸いてくるのか??

あなたはどのようにお考えでしょうか??

あなたの考えを子供に教えることが非常に大切になるのです。

反抗期うんぬんは抜きにしてですね。

 

 

いくら反抗期でもあなたのお話には

耳を傾けてくれるはずですから。

 

 

理想は強制的にやらせるのではなく、促すようにすることが大切!!

 

 

勉強を強制的にやらせたいところですが、

仮にやらせたところで意味がありません。

 

 

自分からやっていくことで、

子供はどんどん集中をして知識をつけていきますから。

 

 

あなたがすべきことは子供に勉強を無理にさせるよりも、

子供が気持ちよく勉強をしてもらう方法を模索することです。

 

 

そのためには勉強をするように、

自然と促すことが子供にとってはいいのですよ。

これも上記の内容と被ってしまうのですが、

 

 

子供が、

「何で勉強をしないといけないのか??」

という疑問を抱えているので、

この点をあなたがしっかりと説明をすればいいのです。

 

 

勉強をすることでどんな未来が子供を待っているのか??

この部分を子供に想像させることが、

勉強への引き金となるのは間違いありませんから。

 

 

反抗期の子供に強要だけはダメ!!じゃあどうすればいいのか??

↓ ↓ ↓

子供に無理に勉強をさせるのではなく、「駆け引き」を持ちかけてみる!!