効果あり!?週に100時間ほど勉強すれば嫌でも賢くなる??

 

勉強をすればするほど、

どんどん頭がよくなる。

あなたはこれについてはどう思いますか??

 

しっかりと毎日たくさんの時間を使って勉強をすれば

学力もみるみる上がると思うことでしょう。

私もしっかりと集中をして勉強をすることで、

確かに成績が嫌でも上がると考えています。

 

何で自分が子供だったときにしっかりと勉強をしてこなかったのか??

などの後悔をいまでもしています…

 

なので自分の子供が生まれたら、

しっかりと勉強をさせよう!!

と考える親御さんはとっても多いのです。

 

これは別にいいことですよ??

だって勉強をすることで悪いことなんてありませんから。

 

だからこそ自分の子供にはしっかりと勉強をして欲しい。

あなたのお気持ちが痛いほど理解できます。

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

教育熱心な親御さんがたくさんいらっしゃるのです。

 

とくかく子供の学力を上げたい!!

という一つだけの思いを込めて

幼児教室へやってくるのですね。

 

それでとある親御さんがこんなことを言っていました。

親御さん「週に100時間勉強をすれば賢くなるのでは??」

と私に質問をしてきたのです。

 

あなたもこの点については疑問を抱いているのでしょう。

週に100時間も勉強すれば、

嫌でも賢くなるのではないのか??

っとあなたは感じていると思います。

 

ですが週に100時間って…

さすがに厳しい感じもするのですが。

 

勉強ばかりの生活って一体どんなやばいことがあるのでしょうか??

↓ ↓ ↓

小学生になった子供に勉強ばかりをさせているとどうなる??

 

週に100時間勉強をするのって一体どういうことになるのか??

 

 

あなたはどう思いますか??

週に100時間についてちょっと考えてみましょう。

 

1日にどれくらい勉強をすればいいと思いますか??

ざっと計算した感じですと、

1日に14時間~15時間くらい勉強をしないといけません!!

 

1日にこんなに勉強時間を費やさないといけないのです。

これって現実的だと思いますか??

 

子供が起きている間は、

ずっと勉強をしている感じですね…

食事とかお風呂とかを即効に済ませて、

睡眠時間はきっとそこまで多くないでしょう。

 

子供からしたら超地獄的な生活になるに違いありません。

そして仮に週に100時間も勉強をしていたら、

子供は一体どうなると思いますか??

 

私は実際にやっている子供を見たことがないので、

はっきりしたことは言えないのですが、

ストレスがマジでやばいほど溜まっていることでしょう。

 

そして勉強ばかりの生活をしているので、

子供は親のことが心底嫌いになる可能性だってあります。

最終的には家庭が崩壊する恐れも考えられますね…

 

勉強だけじゃない!!遊びも立派な勉強になるのです。

 

子供が心の底から勉強が好きならば、

どんどんやらしてみるといいでしょう。

 

ですが世の中の子供は、

基本的にお勉強は大嫌いです…

 

そんな嫌いな勉強を週に100時間もしていると、

想像を超えるくらい子供が荒れてしまうでしょう。

 

しかも子供の集中力はたかがしれています。

大人であるあなたもきっと

14時間も集中できないでしょう。

 

仮に14時間も勉強をしているとすると、

集中力が皆無になり、

勉強の効率が著しく悪くなります。

 

だからこそ勉強以外のことをやらせて、

勉強の集中力を回復させるのです。

そうすれば勉強の効率も一気に上がることでしょう。

 

週に100時間もやらなくていいのです。

仮に週に20時間勉強+80時間遊ぶ方が、

圧倒的に学力向上に繋がります。

 

仮に学力があまりにも高すぎたら以下のような問題が発生するかも!?

↓ ↓ ↓

逆に頭がよすぎると、浮きこぼれという問題が発生する!?

子供の才能は3歳まで!?もしかして焦らないといけない??

 

この記事を開いたあなたは、

「子供の才能は3歳まで!?」

という疑問を抱えていることでしょう。

 

ちょっとあなたに伺いたいことがあるのですが、

あなたは何で子供の才能は3歳までだと思いますか??

 

きっといろんな理由があるから、

そのような具体的な年齢を決めて、

検索をしていたのでしょう。

 

さて、ここからが本題です。

子供の才能は本当に3歳までなのでしょうか??

あなたは一体どう感じているのですか??

 

いまいち分からないから、

あなたはネットで検索をしていたことでしょう。

 

少し話が逸れるのですが、

私は幼児教室で先生として働いています。

たくさんの子供を私は見てきたのです。

 

なので幼児教育の先生として回答すると、

この子供の才能は3歳までというのは、私の中では確実ではないと考えているのです。

 

ちょっとした経験があるので、

ここで話をさせて頂きますね。

 

生後半年から続けている幼児さんが3歳になりました。

それで同い年の3歳の別の子が入塾してきたのです。

あなたはどちらが優秀だと思いますか??

 

きっと生後半年から幼児教室に通っている生徒さんが、

一番優秀だとあなたは感じていることでしょう。

 

ですが悲しいことに実はそうではないのですよ。

途中から入塾した3歳の子供の方が、

しっかりと知識が付いている場合もがあるのです。

 

なので子供の才能が3歳までというのは、

少し言い過ぎではないのかな??

と私はどうしても感じてしまうのですよ。

 

別に何歳からでも才能は開花できるんじゃないのか!?

とめちゃくちゃな考えにまで発展しています。

 

もちろん大人になってからではなくて、

子供と呼べる内にでの話ですがね。

 

才能は遊びをとことん行っていることで開花する!?

↓ ↓ ↓

よく遊ぶ子供なのに、成績が優秀なのですが…

 

別に焦らなくてもいい??子供の才能の開花は年なんて関係ない!?

 

 

子供って基本的に何をやらせても、

大体そつなくこなす子が多いです。

 

まぁ、苦手な分野に限っては、

とことん苦手な場合もあるのですが…

 

それで私は実際に幼児教室で働いてみて感じたのですが、

子供の才能の開花ってかな~りの差があるんですよ。

 

3歳でとんでもない才能を開花させる場合もありますし、

8歳の子供が実はとあるもので才能を発揮した。

などの報告をちょこちょこ耳にするのです。

 

中には何も開花しなかった場合の子供もいますよ。

子供って誰でも彼でも同じ人物ではありません。

 

何を当たり前のことを言っているのか??

とあなたは感じていることでしょう。

 

私がここで言いたいことは、

子供の才能は開花する時はしますし、

しない時はとことんしません。

これを言いたいのです。

 

別に才能がないからダメな子供ではありませんよね。

ですができれば才能のある子供になって欲しい!!

と感じてあなたはこの記事を見ていることでしょう。

 

なのでできるだけあなたのお子様が才能を開花させるために、

どのようなことをやっていけばいいのか??

についてここからは徹底的にまとめたいと思います。

 

たくさんの経験を積ませることで、子供の才能が分かるかもしれない!!

 

才能といってもたくさんのものがありますよね~

 

サッカーとか柔道とか、

例を挙げてみたらキリがありません。

一体子供にどんな才能があるのか気になる!!

 

そんな場合はやはりいろんな経験をさせることが大切です。

 

その中でもたくさんの習い事をさせるのは有効ですね。

今の時代は細かい習い事があるので、

あなたが気になる習い事をさせてみるといいでしょう。

 

ですが習い事をさせるにしても、

大きな条件があります。

この条件を守れないと意味がありません。

 

子供とあなたの意見が合致した場合のみ、習い事をさせる!!

 

習い事をするのはあなたではありません。

あなたのお子様が習い事をするのです。

 

なのであなたのお子様が、

あなたが決めた習い事をしたいと

決めた場合のみ、習い事をさせるようにしましょう。

 

習い事ってやはり子供の興味がないと

やらせても一向に伸びません…

それじゃあ時間があまりにももったいないです。

 

そんな時間があるのであれば、

子供を目いっぱい遊ばせる方が圧倒的にいいでしょう。

 

あなたがやるべきことは、

子供の興味があることをしっかりと聞き出すこと。

 

子供の興味があることを知らないと、

習い事なんてできませんから。

まるでパチンコでギャンブルをするのと一緒になります…

 

子供としっかりとコミュニケーションを取っておくことでいい結果になる!?

 

あなたはお子様としっかりとお話が出来ていますか??

もしかして自分の話を子供にしているのでは??

 

別に自分のお話を子供にするのはいいのですが、

子供のお話もしっかりと聞くようにしてください。

 

子供って実際に何を考えているか分かりません…

親なのに分からないってのは当たり前なのですよ。

だったら子供からしっかりと自分のことを聞けばいいのです。

 

子供が一体何を考えているのか知ることで、

あなたのお子様の才能のヒントを得ることができますから。

 

今のあなたにおすすめしたい記事

↓ ↓ ↓

子供にいろんな経験をさせる方法として習い事はありですか??

子供に習い事をさせるのは親のエゴである!?

よく遊ぶ子は賢くなる!?あなたは信じますか??

 

子供が遊んでばっかり…

あなたは子供の遊ぶ姿を見て、

うんざいしたことはありますか??

 

私は子供の頃、よく遊んでいたのですが、

親からはいつもこんなことを言われていました。

 

「何で勉強をしないの!?遊んでばかりだとバカになるよ!!」

ときつく叱られたことが幾度となくあります…

 

私はそれを無視してでも遊んでしましたが。

だって遊ぶのって最高の楽しいんですから。

そんな楽しい遊びを邪魔する勉強という言葉が、

私にとっては悪魔的なささやきと感じましたね。

 

あなたはどう思いますか??

勉強が大切ですか??それとも遊ぶことが大切ですか??

 

多分ですが勉強の方が圧倒的に大切!!

っとあなたは答えることでしょう。

 

だっていくら遊んでいたって勉強をしていないと、

学校のテストでは最悪な点数を取ってしまいますから…

あなたの考えはごもっともです。

 

ですが大切なのは勉強だけではありません。

じゃあ一体勉強以外に何が大切なのだろうか??

親の愛情??友達をたくさん作ること??

きっといろんな大切なことが頭に思い浮かぶでしょう。

どれも大切なことには変わりません。

 

それでここからが本題なのですが、

勉強をしっかり出来ている子供って、

実はこんな共通点があるんですよ~

 

勉強がとにかく出来る子供は、

しっかりと遊んでいるという共通点があるのです!!

 

もしかしたらあなたは、

嘘付いているんじゃないのか??

という圧倒的な疑問を抱えるでしょう。

ですがこれって本当のことなのです。

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

頭がいい子供と悪い子供の2つのタイプを相手にして、

授業を毎日行っています。

 

それで気づいてしまったのですよ。

頭がいい子供はとにかく遊びまくっているという事実を!!

 

これは頭のいい子供の親御さんに実際に聞いたので、

間違いはないことでしょう。

 

何で遊びまくっている子供が、

賢い頭脳を持ち合わせているのか??

 

この記事で徹底的にまとめたいと思います。

 

賢い子供はとにかく赤ちゃんの頃から指遊びをしていた??

↓ ↓ ↓

赤ちゃんの指遊びをしっかりと行うことで頭がよくなる!?

 

賢い子供は遊びも重要視していた??勉強面はどうなのか??

 

 

あまりにも矛盾していますよね~

だって遊んでいるのに頭がいいってのは、

世間的におかしいではありませんか。

 

ですがこの私の表現はちょっとした間違いがあるのです。

 

勉強も遊びも全力でやっている子供に限り賢い子が非常に多いのですよ!!

 

勉強と遊びのバランスが絶妙なのです。

料理に似た何かを感じますね。

 

徹底的に遊んでいる子供は集中力が本当に半端ない!?

 

子供が勉強があまり出来ない原因って、

一体なんだと思いますか??

 

きっといろんな理由があなたの頭の中に浮かぶでしょう。

ですが大きな原因が1つだけあるのです。

 

集中力が圧倒的に少ないので、お勉強がなかなかできない…

 

集中力がないと勉強をする意味があまりないのですよ。

勉強って基本的に覚える作業が多いですよね。

 

覚える作業があるってことは、

しっかりと集中をしないと、

覚えることができないですから。

 

ってことは集中力が欠けているのに勉強をしていると、

あまり勉強が出来ていない。

すなわち酷い言い方になるのですが、

時間をドブに捨てているのと一緒になるのです…

 

じゃあその集中力を上昇させるためにはどうすればいいのか??

 

もしかしたらあなたはピンときたことでしょう。

子供の好きな遊びを目いっぱいさせればいいのです!!

 

ちなみにスマホで遊ばすとかではありませんよ。

外でスポーツなりなんなりやらせることで、

集中力が格段に増す可能性があるのです。

 

やはり外で友達と目いっぱい遊ぶことって、

実はもの凄い集中力がいるのですよ。

その集中力を何度も遊ばせることで、

どんどん上昇させていくのです。

 

とっても簡単だと思いませんか??

もしあなたのお子様が外で遊ぶのが苦手ならば、

家で何かしらの遊びをさせるといいでしょう。

 

きっと最終的には勉強に対する集中力も伸びてきますから。

 

メリハリのつけ方が極端に上手な子供が勉強の成績が伸びる

 

遊ぶときは遊ぶ。

勉強するときは勉強をする。

このメリハリがあなたのお子様の成績を伸ばすのです!!

 

例えばですが子供がずっと遊んでいるとどうなると思いますか??

きっと疲れ果てて言えに帰って即寝ることでしょう。

これでは勉強の「べ」の字すらしませんよね…

 

ですが先にお勉強をすることで、

きっとあなたのお子様にストレスが溜まるでしょう。

そのストレスが溜まったものを遊びで発散する。

そしてまたお勉強をして遊ぶ…

 

このサイクルが最強のお勉強方法になるのですよ。

アメとムチ的な教育方法に分類されるでしょうね。

 

それで私の幼児教室に通っている頭のいいお子様は、

このサイクルがしっかりと出来上がっているのです。

 

いいサイクルをつくるためには、

勉強と遊びのメリハリを作ることがもっとも重要になります。

 

あなたのお子様の成績の向上を心から祈っています♪

 

子供の成績を伸ばすためにはガミガミしからないことが大切!!

↓ ↓ ↓

これはマジでNG!?ついつい子供にガミガミを言ってしまいます…

1歳のお子様におすすめしたい外遊びにいいおもちゃってありますか??

 

1歳になると、

子供が生まれた瞬間というのが、

非常に懐かしく感じますよね~

 

「もうお外で元気よく遊んでいるな~」

っと子供の成長を嬉しく思っている親御さんが、

たくさんいらっしゃるのです。

 

私は幼児教室で先生をしているのですが、

子供が外で遊べるようになったことを

心の底から喜んでいる人が多いのですよ~

 

お外で必死に遊ぶことってとってもいいことなのです。

 

親御さんにとっては、

体力的に非常にきついので、

できれば外で遊ぶのもほどほどにして欲しい。

という本音を語っている人も少なくありません。

 

それであなたのお子様は、

一体どんな感じでお外で遊んでいますか??

 

きっとですがあなたが遊び相手となって、

鬼ごっことかかくれんぼをしているのかな??

もしかしたら公園の遊具で目いっぱい遊んでいるかもしれませんね~

 

どんな遊びでもいいですよ!!

子供が楽しければ、

どんな遊びをしてもいいので、

極限まで楽しんでいけばいいと思います。

 

ちょっとお話が逸れてしまいましたね。

上記でも申したのですが、

子供が外で目いっぱい遊ぶのはいいことなのです。

なんで子供が外で遊ぶのがいいことなのか??

あなたはどのように感じていますか??

 

きっとたくさんの理由が浮かんでしまって、

いまいち頭の中で整理が出来ていない状態でしょう。

ちなみにあなたがイメージした答えはすべて正解です。

 

子供が外で遊ぶことはたくさんのいいことがあるからです。

まずはこの外で遊ぶことがいいことについてお話をしましょう!!

これを理解することで、

きっと1歳のお子様に適したおもちゃが

大体イメージができるようになりますから。

 

外遊びもいいことなのですが、絵本の読み聞かせも効果的ですよ♪

↓ ↓ ↓

子供に知識をつけてもらいたいので、絵本を読むことにしました。どれくらい読めばいいのですか??

 

子供が外遊びするメリットって一体なんでしょうか??

 

 

子供が外遊びをするくらいに成長したのは、

本当に心の底から喜ばしいこと。

だって成長しているのを実感できますから。

 

ですが親がずっと見ていないといけないのが、

逆に辛い部分でもあります…

 

親であるあなたはきっととっても忙しい毎日を送っていますし、

家でやらないといけないことがたくさんあるので、

できるだけ子供の外遊びで体力を消費したくない。

 

それでも子供の外遊びはとっても大切なことなのです!!

 

子供がみるみる体力を付けてくるのです。

 

外遊びを毎日のように行っていると、

単純に体力が多くなるでしょう。

あなたもこの点は理解していると思います。

 

それで体力が付くことで一体どんなことがあるのか??

 

体力が多いと元気な体を手に入れることができます。

風邪がなかなか引きにくい体を作ることもできると

言われていますね~

 

しっかりと丈夫な体を作ることで、

元気な子供をあなたは毎日拝見することができるのです。

これだけでも非常に幸せなことではありませんか!!

 

集中力が格段に上がると言われています!!

 

外で遊びながらどんどん集中力が付く。

これってめっちゃいいことだと思いませんか??

 

だって子供はいずれ学校に行って、

お勉強という辛い出来事があります。

そしてテストという悪魔的な行事もやらないといけません…

 

それであなたのお子様は勉強をすると思います。

この勉強をするにあたりあなたは何が大切だと思いますか??

 

私が働いている幼児教室では、

集中力で勉強を制することができる

と研修で耳にタコができるほど言われているのです。

 

勉強で一番大切な「集中力」が

子供が楽しみながら手に入れることができるのですよ。

とっても最高のことではありませんか。

 

子供にとっては基本的に嫌いな勉強が

集中力でカバーすることができるのですから。

 

しっかりと外遊びをすることで、

勉強を何とかやっていける可能性があるってことです。

もしかしたら集中力のおかげで学年1位も夢ではない!?

 

1歳のお子様に適した外遊び用のおもちゃって一体なんですか??

 

 

さて、前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

外遊びを行うメリットをあなたに説明することで、

おもちゃの重要性も理解できると思ったので、

あえて長い説明をさせて頂きました。

 

それで1歳のお子様におすすめできる

外遊び用のおもちゃって一体どんなのがいいのでしょうか??

あなたもこの点はかなり疑問を抱えていると思います。

 

だっておもちゃってネットで調べてみると、

ヤバイほど存在しているのですから。

 

それで私があなたにおすすめしたいおもちゃは

たったの1つだけです。

それは「ボール」になります!!

 

何でボール遊びがいいのでしょうか??

ボールってかなり応用が効いた遊びができるからです。

 

子供がボールで一体どのように遊んでいけばいいのか??

について一生懸命考えることでしょう。

 

そしてボール遊びに飽きたら

ボールを使って別の遊びに変更すると思います。

このボールで遊ぶ方法を考えるという作業が、

子供の脳にとって超有用なんですよ~

 

脳みそをしっかりと使って、

体を動かして体力を付ける。

そして集中力も格段に増す可能性があるのです。

 

だからこそ外遊びは是非ともおすすめしたいのですね。

またさらにその外遊びをボールによって、

もっともっと効果的にするのです。

 

私は1歳のお子様を持つあなたに、

外遊びとしてのおもちゃをボールをおすすめしたいですね。

 

親の願望!!天才児を育てたい!!

↓ ↓ ↓

天才児を育てるのはもしかして簡単!?親の接し方次第??

天才の育て方とは??幼少期からの接し方が大切!?

 

あなたは天才児を見たことがありますか??

もしかしたら見たことあるかもしれませんが、

基本的になかなかお目にかかれないのが普通です。

 

私は幼児教室で先生をしています。

それでたくさんの幼児を見てきているのです。

 

その幼児さんの中で「天才」と呼べる子はまだ見たことがありません。

「頭がよさそう」という子はよくいるのですが、

天才と言えるような子は見ないですね。

 

私の中での天才という定義の違いがあると思いますが。

 

それであなたは天才と呼べる人は、

一体どんな人でしょうか??

テレビで見ている芸能人ですか??

きっといろんな定義があなたの中にあると思います。

 

あなたの中の天才とは一体なんでしょうか??

 

この記事では、

「頭がとってもいい天才」

についてまとめたいと思います。

 

あなたが学校へまだ行っていた頃を思い出して欲しいです。

あなたの学年には絶対に頭のいい人がいたでしょう。

毎回テストの成績が1位って場合もありますし、

たまに1位ではない時がある。

そんな優秀な人があなたの知り合いにいたことでしょう。

 

あなたはそんな人をどう感じましたか??

私は

「この人は本当に天才かもしれない…」

と常に感じていましたね。

 

だってほとんどのテストが、

学年で1位を取っていたのですよ!!

ただの頭がいいという言葉で収めていいと思いますか??

私は明らかにこの人は天才だと感じましたね。

天才という言葉が圧倒的に相応しい人間と認識しました。

 

その人は私はたまたま仲がよかったので、

よくお勉強を教えてもらっていたのです。

「ここは十中八九テストに出るから覚えた方がいいぞ~」

っと教えてもらいなんとテストに出たのですよ~

 

さらにその人の天才具合を身にしみて感じました。

 

もし自分の子供がこんな子だったらどんなに鼻が高いのだろうか??

というか将来が楽しみすぎて未来へ飛びたい気持ちになりますね。

 

天才を育てるためには習い事は欠かせない!?

↓ ↓ ↓

頭がどんどん賢くなる習い事とは何がありますか??

 

天才を育てるためには、幼少期がとっても大切!?

 

 

できれば天才的な子供が欲しい!!

とあなたは感じていることでしょう。

 

じゃないとこの記事を開きませんからね~

 

私は上記でも申しましたが、

幼児教室で先生をしています。

 

その幼児教室に通ってくる生徒さんの親御さんは、

子供の頭をよくしたい!!

という願いを込めてやってくるのです。

っというか天才を育てて欲しいと考えて、

幼児教室へやってくる人もいるのですね。

 

さらに親御さんは本当に熱心で、

お子様と真摯に向き合うことができる人が多いです。

これって天才児を育てるためには、

本当に欠かせないファクターとなっています。

 

子供の接し方が子供をどんどん育てることに繋がる!?

 

子供が天才型になるためには何が大切なのか??

 

幼児教室に通っている親御さんに聞いたことがあるのですが、

みなさんは口を揃えてこう答えるのです。

「子供に一生懸命勉強をしてもらいこと!!」っと…

 

確かにお勉強をしてもらわないと、

子供は天才になるのもなれません。

あなたもこの点は分かっていることでしょう。

ですがこの勉強を一生懸命させる前に、

絶対にやって欲しいことがあるのですよ。

 

むしろこれができないと、

子供が天才になるなんて不可能だと私は思っています。

 

子供と親が仲良く一緒に過ごしていることが大切なのです!!

 

お互い不満があったら、

遠慮なく言える関係性を築くことが

非常に大切になるんですよ~

まぁ、あなたのお子様は幼児さんなので、

なかなか文句を言ってくることはないですがね。

 

あなたのお子様が非常に楽しそうに、

毎日を過ごしているのかどうか??

があなたに気にして欲しい点なのです。

 

子供があなたに対して、

少しでも不信感を抱いているのであれば、

子供はあなたの言うことを聞かないでしょう。

これでは勉強を始めるとしてもなかなか進みません…

 

子供にとにかくいろんな経験を積ませていく方法が手っ取り早い??

 

子供って大体何か尖った才能を

秘めていることが多いのです。

 

ですがこの秘めた才能って

なかなか見つけにくいんですよね~

 

ちょっとあなたに聞きたいのですが、

天才ってお勉強だけではないと感じていますか??

きっといろんな天才と呼べるジャンルがあると思います。

 

野球だったらそろばんだったり…

など学校の授業以外でも

天才と呼べる人はいらっしゃいますね。

 

だったら子供にいろんな経験をさせたらいいのですよ!!

そしたら子供の秘めた才能が、

発見できるかもしれません。

 

ですがここで注意点があります。

子供に習い事をさせる際には、

しっかりと子供と相談をすること。

 

これがしっかりと出来ていないと、

子供はいやいやながら習い事をするでしょう。

 

もし子供にその習い事の才能があったとしても、

いやいややっていたら、

伸びる才能も永遠と伸びませんから…

 

なので子供としっかりと向き合って、

習い事の有無を確実に決めていくといいでしょう。

まぁ、習い事の説得をするのが大変ですが…

 

天才を作るための早期教育はやるべきなのでしょうか??

↓ ↓ ↓

天才を育てるための早期教育って本当は無駄なのですか??

赤ちゃんの指遊びをさらに効果的にするおもちゃとは??

 

赤ちゃんって何をしてもかわいいですよね~

特に指をちょこちょこ動かしているのが、

言葉にできないほどかわいいと私は感じます。

 

私は幼児教室で先生をしているのです。

それでたくさんの赤ちゃんの授業を行っています。

 

あのかわいい赤ちゃんたちに囲まれて

授業ができるなんて

私は幸せ過ぎてついつい顔がほころぶのです(笑)

まるで幼児教室で働くのが私にとって天職だと思っています。

 

少し話がそれてしまいましたね…

申し訳ありません。

 

それでこの記事では

「赤ちゃんの指遊び」

についてまとめたいと思います。

 

あなたは赤ちゃんが指を動かす行動を見て、

どのような感想を持ちましたか??

多分ですがかわいいなぁ~と感じていることでしょう。

 

ですがこの指遊びって非常に大切な行動なんですよ!!

 

こんなことを言ってはなんですが、

あなたが思っている以上に、

赤ちゃんの指遊びはすごいのです。

 

一体赤ちゃんの指遊びの何がすごいのか??

赤ちゃんの脳に刺激を与える行動になるのですよ。

 

筆者は一体何を言っているのか??

もっと単純に言いますと、

赤ちゃんが指を動かしていることで、

お勉強をしていると言っていいでしょう。

 

指を動かしてお勉強!?

とあなたは疑問を抱えると思います。

 

幼児が算数ができるようになる裏技とは!?

↓ ↓ ↓

幼児に算数を教える際におすすめするおもちゃとは!?

 

指遊びをすることで赤ちゃんが勉強をしていることになる理由とは??

 

 

これには深い訳があるんですよ~

赤ちゃんの指もそうなのですが、

大人の指にも同じことが言えるのですね。

 

特に赤ちゃんに関しては、

指というものは大人以上に大切な情報源になるのですよ。

 

なんで特に「赤ちゃんが」なのでしょうか??

 

赤ちゃんってまだまだ視力が発達していません。

なので指などから脳へ向けて情報を送るのですね。

だからこそ赤ちゃんにとって指というのは大切なのです。

 

さらに指にはたくさんの神経が詰まっています。

ってことは指遊びをすることで、

たくさんの神経が赤ちゃんの脳へ、

情報をどんどん伝達していくのです!!

 

なので赤ちゃんの指遊びって、

思った以上に大切なんですよ~

 

私は赤ちゃんの授業を行っているのですが、

授業の一環として指遊びもしているのです。

 

専用のおもちゃを用意して、

赤ちゃんに持たせて様子を見ています。

 

赤ちゃんが必死におもちゃを持って、

振り回したりくわえたりして、

赤ちゃんがどんどん学習しているのが、

目に見えて分かるので楽しいですね。

 

それでおもちゃと言っても、

一体どんなおもちゃがいいのでしょうか??

 

赤ちゃん専用のおもちゃって

たくさんの種類があるので、

いろいろと迷ってしまいますよね~

 

赤ちゃんの脳を育てるためのおもちゃってどんなのがいいのですか??

 

実際のところ、

どんなおもちゃでもかまいません。

 

強いて言えばちょっとした条件があります。

多分あなたも分かっていると思うのですが、

大切なことなのであえて言わせて頂きますね。

 

赤ちゃんの一つの行動として、

おもちゃを口に入れる行動があります。

あなたは何度も見ていることなので、

きっと分かっていることでしょう。

 

なので赤ちゃんの口に入ってもいいようなおもちゃを

あなたはしっかりと確認することが重要です。

 

一番怖いのはやはり誤飲

 

喉に詰まらせて大きな問題が発生するような

おもちゃだけは絶対に選ばないようにしてください。

 

あとは雰囲気的にでもいいので、

赤ちゃんができるだけ掴みやすそうなものもいいですね。

掴みやすいってことは、

赤ちゃんの指が非常に遊ぶことに繋がるからです。

 

ってことは脳への刺激もすごいことになるでしょう。

赤ちゃんの脳の発達にかなり役立つのです。

 

  • 口に入っても安心できるもの
  • できるだけ赤ちゃんが掴みやすいもの

 

この2点だけをしっかりと把握しておけば、

おもちゃに関しては問題はありません。

 

ダイソーの積み木がすごい!?赤ちゃんの脳をさらに刺激する!?

↓ ↓ ↓

ダイソーの積み木で赤ちゃんから勉強をする!?

 

赤ちゃんの集中力を考慮するとかなり効率がいい??

 

あなたは知っていますか??

赤ちゃんの集中力ってとっても少ないのですよ~

あなたも何となく分かっていたことでしょう。

 

数字にすると大体数分程度が、

赤ちゃんの集中力の限界です…

非常に短いですな。

 

この集中できる時間帯だけ、

おもちゃを与えて遊ばせるといいでしょう。

 

逆に長くおもちゃに触れさせてしまうと、

赤ちゃんがなかなか休めないので、

かなり効率が落ちてしまう可能性があります。

 

なので赤ちゃんのペースをあなたが観察しながら、

おもちゃ遊びをしっかりとさせるといいでしょう。

 

このように意図的に赤ちゃんの指遊びをさせることで、

赤ちゃんの脳はバリバリ発達していくと思います。

 

毎日ちょっとずつでもいいので、

あなたが時間の取れる時に、

指遊びのお手伝いをしていくと、

赤ちゃんもきっと大喜びでしょう♪

 

赤ちゃんの時にどんどん習い事をさせるのはあり??

↓ ↓ ↓

子供にいろんな習い事をさせて経験させるのはいいことなのでしょうか??

子供がしっかりと賢くなるには親としてどう接すべきか??

 

この記事は、

「どうやったら子供は賢くなるのか??」

についてまとめたものになります。

 

この記事を見ているあなたは、

きっと自分のお子様を

賢くしたいと考えていますよね~

 

少し話が逸れるのですが、

私は昔あまりお勉強をしていませんでした…

なので成績がそこまで良くなく、

今では

「何で子供の時にしっかりと勉強をしておかなかったのか??」

という後悔をしているのです…

 

もしかしたらあなたも私と同じように、

もっと子供の時に勉強をしておけばよかった。

と考えているのではないでしょうか??

 

もしあなたがそのように考えているのであれば、

この記事を是非とも読み進めて欲しいのです!!

 

ちなみに私は社会人になって、

勉強をしてこなかったことを後悔しました。

 

ですが辛い辛い勉強をして、

今では幼児教室で先生として働いているのです。

 

幼児教室ではたくさんの子供がやってきます。

さらに教育ママさんもたくさんやってくるのです。

 

どの親御さんも

「子供の学力をしっかり上げたいのです!!」

という思いを込めてきています。

 

あなたのお子様は幼児教室に通っていないかもしれないのですが、

通ってくる人と同じ思いがあるのは間違いないと思うのです。

じゃないとこの記事を読み進めるなんてことはしませんから。

 

なんであなたはお子様を賢くしたいのですか??

いろいろな理由がきっとあることでしょう。

 

あなたが歩んできた人生の中で、

多分ですが学力が影響するような出来事があったのでは??

私も学力があまりないことで、

満足が行くような人生が歩めませんでしたから。

 

だからこそ自分の子供だけは、

賢くなって幸せな人生を生きて欲しい!!

と考えていることでしょう。

 

私もあなたの意見には大賛成です。

ですが一体どうやって子供は賢くなるのでしょうか??

この点が一番知りたいですよね~

 

この記事で徹底的にまとめたいと思います。

 

子供が賢くなるための方法は習い事がいい!?

↓ ↓ ↓

子供の頭を賢くするためには習い事が必須!?

 

子供が賢くなる方法ってたくさんあるのです!!

 

 

子供をしっかりと賢い人間にしたい!!

でもいい方法が見つからない…

 

たくさんの親御さんがそんな感じに悩んでいるのです。

そんな親御さんの気持ちは痛いほど理解できます。

 

ですがもうちょっと柔らかく考えてみてください。

 

まず考えて欲しいのが、

賢くなるとは一体どういうことなのか??

 

賢いという言葉はあまりにも幅が広いと

あなたは感じませんか??

 

学力的な意味なのか、

人間的な意味なのか、

などたくさんの賢さがありますよね。

 

多分ですがあなたが考えていることでは、

学力的な賢さを子供に兼ね添えて欲しいのでは??

 

やはり学力ってかなり重要視されますから…

じゃあ学力的な意味でどうやって

子供を賢くすればいいのでしょうか??

 

勉強をやらせるというよりも優先すべきことがあります!!

 

子供の学力を上げるためには、

きっと勉強をするしかない!!

とあなたは考えると思います。

 

確かにあなたのおっしゃる通りです。

だって勉強をしないと学力は上がりませんから。

それにあなたが必死に勉強をすることで

子供が賢くなる訳ではありません。

 

だからこそ子供に強制的に勉強をしてもらう

という方法が真っ先に思い付くことでしょう。

 

ですが子供に勉強を強制的にやらせても、

悲しいことに全く結果が出ないと思います。

 

多分あなたも分かっていることでしょうが、

無理やり子供に勉強をさせたとしても、

集中して勉強をしないので、

成績が上がらないのですよ…

 

ここで私が言いたいことは、

あなたのお子様が自らお勉強をすることが、

一番の成績上昇の効率がいいのです。

 

ですが子供が自ら勉強をするって…

かなり夢見たいな話ではないのか??

とあなたは感じることでしょう。

私も実際に子供の頃は、

親から言われないとやっていませんでしたから。

 

なのでなおさら子供の成績向上は、

不可能に近い話ではないのか??

っと感じてしまうのですね。

 

あなたは何のために勉強が大切だと思うのですか??

 

この記事の冒頭でも聞きましたが、

あなたは何のために、

子供に勉強をさせようとしているのですか??

 

もう一度確認をして欲しいのです。

何で私はこんなことを言っているのか??

 

子供に勉強をする目的を教えてあげて欲しいからです!!

 

子供はきっと

「何のために勉強をするのか??」

という理由が分かりません。

 

多分ですが詳しい理由は私やあなたにも分からないでしょう。

ですが漠然とした理由ならば教えることができます。

 

私は子供の頃からしっかりと勉強をすることで

将来のためになる

というのは大人になった今でも重々承知しているのです。

あなたも私と同じ気持ちではないでしょうか??

 

だったら将来のためになることと勉強の関係性を

しっかりと子供に教えたらいいのですよ。

 

それでも子供は勉強をする意味を見出せないでしょう。

なのでしつこく何度も子供とぶつかることで、

きっとあなたの思いはお子様に届くと思います。

 

子供と親が何度もぶつかることで、

最終的には最高のコミュニケーションになるのです。

このコミュニケーションこそが、

子供にとっては勉強をするというマインドに変わります。

 

ここまで来ればきっとあなたのお子様は、

勉強を意図的にする可能性が飛躍的に上がるのです。

 

子供の才能は最高の勉強道具になる!?

↓ ↓ ↓

実は子供の才能って未知数!?勉強に応用できる!?

頭が良くなる習い事ってどんなのがおすすめですか??

 

子供には学力が高い人間でいて欲しい!!

 

この記事を開いたあなたは、

少なからず子供に対して、

しっかりと学力をつけて欲しいと

考えているのではないでしょうか??

 

子供にとってはちょっと遠い話になるのですが、xx

社会人になると学力が問われる部分があります。

学力がないと酷い場合には、

学力差別をするようなところがあるくらいですから…

 

ちなみに私はちょっと前までは

今とは違う会社に勤めていたのですが、

学力差別が激しかったのですよ。

私はそれに耐えられずやめました…

 

ですが今は親に頭を下げて猛勉強をして、

幼児教室の先生として働いているのです。

 

それでここからが本題になるのですが、

たくさんの親御さんが、

子供に勉強をして欲しいので、

小さいお子様が幼児教室にやってきます。

 

親としての要望は簡単に言いますと、

「子供にはしっかりと学力を付けてもらってこの先、立派に生きて欲しい!!」

という願いを込めて入塾しているのです。

 

親が子供のことを思って、

小さい頃から幼児教室に入れているのですね。

 

あなたはこの点を考えてみてどう思いますか??

なんと立派な親御さんなのだろうかと考えましたか??

別に深い意味はないので、

ちょっとだけ考えてみてください。

 

それであなたはきっと子供が賢い子になるために、

何かしらの習い事を探していることでしょう。

 

やはり習い事って専門的な知識を

手に入れることができるので、

子供の内にやらせることで

しっかりと吸収して欲しい。

これはどんな親御さんも考えていることでしょう。

 

さらに子供って脳の吸収率がもの凄いので、

小さい内に何かしらの習い事を

やらせることがいいと言われているくらいです。

 

じゃあ一体どんな習い事をさせることで、

子供の頭が良くなるのでしょうか??

 

この記事で

「子供の頭が良くなる習い事」

について徹底的にまとめたいと思います。

 

子供の才能を伸ばすためにあなたがやるべきこととは!?

↓ ↓ ↓

子供の才能を極限まで伸ばしていきたい!!

 

子供の頭がよくなる習い事はたくさんある!!でもこれには条件があるのです…

 

 

あなたにちょっとやって頂きたいことがあります。

 

インターネットの検索窓で、

「子供の習い事」

というワードで調べて欲しいのです。

 

どうですか??

きっとたくさんの習い事が出てきたと思います。

 

私も一度習い事についてネットで調べたことがあるのですが、

どれも子供の将来の何かしらに役に立ちそうな

習い事がしっかりと紹介されていた記憶があるのです。

 

なのであなたのお子様がどんな風に頭が良くなって欲しいのか??

についてしっかりと検討をして欲しいのですよ。

 

頭がいいというのはいろいろと種類があります。

この種類を限定してから、

習い事をやらせてみればいいのです。

 

それでここからが大きな注意点があります。

習い事を子供にやらせる際にはあなたはどうしますか??

 

きっといろんな方法と使って、

子供に習い事をさせることでしょう。

ですがこの際に注意して欲しいのですね。

 

子供が本当にその習い事をしたいのでしょうか??あなたはどう思いますか??

 

あなたが選んだ習い事は、

きっと子供のためを考えてのことでしょう。z

 

子供にはしっかりと頭を良くしてもらって、

この先にある社会人という辛い波を乗り越えて欲しい。

あなたはそのように考えているかもしれません。

 

ですが子供からするとあなたの選んだ習い事について

どのように感じると思いますか??

 

多分ですが

「何で習い事をしないといけないのか??」

という根本的な疑問を抱くと思います。

 

子供からしたらよく分からないのです。

しかも子供って遊ぶことを優先したいので、

できるだけ習い事なんてしたくないのですよ。

 

この点をあなたは子供が納得するように

説得をするしかありません。

 

無理やり習い事をやらせてしまうと、

子供があなたに対して不信感を抱いてしまい、

家庭環境が崩壊してしまう恐れもあるのです(T_T)

 

子供が自らやってみたいと言った習い事こそ最高の習い事になる!!

 

これはあまりない例ですが、

子供が自ら習い事をやりたい!!

と言った時は最高のチャンスです。

 

子供からやりたいと言ったってことは、

子供は最初からやる気のある状態。

ってことはかなりの知識を吸収することでしょう。

 

やはり無理やりやらせるよりも、

子供が自ら言ってきた方が、

圧倒的に習い事は有意義になるでしょうね。

あなたもこの点は分かっていることでしょう。

 

なのでいかにして子供がやる気を出させて、

あなたが提案した習い事をしてくれるのか??

これをしっかりと考えることが重要です。

 

子供があなたに対する信頼感によって、

あなたの提案は子供は受け入れやすいのですよ。

なので子供からの信頼をしっかりと勝ち取るのが重要なのは間違いありません。

 

果たしてどうやって子供からの信頼を勝ち取れるのか??

この点が本当に難しいですよね~

 

私の中ではやはり日頃からの親子の会話を大切にすることが、

一番絆や信頼が溜まると考えているのです。

 

また信頼っていうのは築くのが非常に時間がかかります…

この点を考慮しながらあなたはお子様と

しっかりと会話をすることに専念するといいでしょう。

 

子供に中学受験をさせたい!!どうやって対策をすればいいですか??

↓ ↓ ↓

中学受験を考えている。低学年から仕込みたいのですがどうやれば??

子供の才能は未知数!?親で全てが決まる可能性が!?

 

あなたはこんなことを思ったことはありませんか??

 

「自分の子供ってもしかして天才なのでは!?」

 

子供って何をやらせてみても、

基本的にこなしていくので、

自分の子供は天才かもしれない!!

と感じるのですね。

 

身近なことで言えば、

教えた言葉を、

すぐに覚えて使うなどのことが、

どく一般的な例でしょう。

 

またおもちゃなどを与えてみると、

説明書なしで、

雰囲気で遊んでいるなども、

子供の才能がかなり高いかもしれない

と解釈するのですね。

 

あなたのお気持ちをとっても理解できます。

 

ちなみに私は幼児教室で先生をしているので、

たくさんの幼児さんを見てきました。

やはりどの子も物覚えが非常によく、

私も子供をみて天才かも!?

と感じることが多々あるのですよ~

 

親御さんも子供は天才かもしれない

という期待を持って、

ウキウキとした気分で子供と接しているのです。

あの目の輝きを見ると、

心の底から感じていると私は感じましたね。

 

それで親御さんがとっても楽しそうな雰囲気をかもし出しているので、

お子様もそれにつられて楽しそうにしているのです。

これってめっちゃいいことなんですよ~

 

子ども自身がやっていることで、

親がもの凄く笑顔になっているのですね。

なので子供も自然と頑張るという気持ちになります。

 

先にこの記事の答えを出してしまうのですが、

親と子供の関係が楽しいものであると、

子供の才能をしっかりと引き伸ばすことが可能なのです!!

 

子供にもよるのですが、

漢字が好きな子に関しては、

「この子、素ですごい…漢字博士じゃないのか!?」

と先生である私もビックリするくらい。

 

子供が好きな分野を見つけて、

それが自然とどんどん伸びているのです!!

これこそ子供の才能を引き伸ばす「理」と解釈していいでしょう。

 

あなたのお子様はどんなことが好きですか??

勉強でも他の習い事でもかまいません。

子供にとって好きなことを

あなた自身は知っているでしょうか??

 

これを知っていないと、

子供の才能を潰す可能性があるので気を付けてください!!

 

才能も合わせて、子供の賢さも上昇させたいのです!!

↓ ↓ ↓

子供の頭をどんどん賢くしていきたい!!

 

子供の好きなことを親が把握する!!これが最高の教育!?

 

 

子供の脳ってとっても吸収量がいいので、

やったことは基本的に覚えます。

好き嫌いはありますが、

大体のことは子供の頭に入るのです。

 

じゃあ親が子供にしてあげることは、

一体どんなことがいいのでしょうか??

 

多分あなたも分かっていると思いますが、

子供の好きなことを親がしっかりと把握していくことがかなり重要なのです!!

 

これさえできていれば、

子供の才能を伸ばしていくのは、

かなりの難易度を落とすことができるのです。

ゲームで言いますと、

ハードモードがノーマルモードになる感じですね。

ちょっと分かり難いかもしれませんが。

 

ですが子供の好きなこと把握しておくことで、

子供との接し方が一気に変わると思います。

 

だって子供の好きな話って

親であるあなたも楽しいはずですから、

そのお話になると思うのですよ。

 

幼児教室に来ている生徒さんの一人で、

算数がとにかく大好きな子がいるのです。

 

その子は親御さんに対して、

算数の話をメインにして話しています。

 

子供って好きなことはとことん話すのですよ♪

これを徹底的に利用することが大切なのです。

ここまでいけばいいのですが、

なかなか子供の好きなことって把握する機会がありません。

 

ですがそんなに心配はしなくても大丈夫ですよ。

ある1つの方法をするだけで、

かなりのヒントを得ることができますから。

 

多分もうあなたも分かっていることでしょう。

 

これだけで十分!?子供との会話を意識して大切にしていく!!

 

上記でも申しましたが、

子供って好きなことを話すと、

目が星みたいに輝いて、

トークを始めることでしょう。

 

ってことは子供としっかりとお話をすればいいのです!!

そうすれば子供の傾向が分かってくると思いますから。

 

何気ない会話からでもいいですよ。

「今日って天気がいいね~」

みたいに話していって、

お話をしていると気づけば別のお話になっていますから。

 

この別のお話になっていくことが重要です。

子供は自分の好きなことを話していくので、

そのお話になるように自然としていけばいいのですから。

 

そしてお話を進めて行くうちに、

子供の好きなことのヒントがもしかしたらあるかもしれません。

 

ちょっと骨が折れる作業になるのですが、

毎日お話をして、

子供の好きそうなことを紙にでも書き出して、

どんどんあなたが絞っていくといいでしょう。

 

そして大体の傾向がつかめて来たら、

子供の好きそうなお話につなげていくといいと思います。

 

子供の好きなことが分かれば、

習い事なり自主的にやらしてみたりして、

子供の好きなようにさせるといいでしょう。

 

そうすることで子供の才能を伸ばしていく可能性が

一気に高くなるのです。

 

お話くらいならとても忙しいあなたでもできると思います。

なので毎日意識的に何気ない会話から、

お子様とお話をしていくといいでしょう。

 

今のあなたにおすすめしたい記事

↓ ↓ ↓

右脳教育はもしかして天才を育てる教育方法!?

算数がとっても苦手。100均にあるブロックで苦手を克服!?

 

あなたは小学生の時、

苦手な科目はありましたか??

きっと何かしらの苦手なものはあったことでしょう。

 

それでこの記事を見ているあなたは、

あなたのお子様が、

算数が苦手ではないでしょうか??

 

算数って好きな人はとことん好きなのですが、

嫌いな人はとことん嫌いと分かれる科目ですね~

ちなみに私は算数が大好きでしたよ。

とある算数のジャンルを除いては…

 

もしかしたらあなたはピンときたかもしれません。

算数は基本的に計算問題が多いと思うのですが、

算数って計算問題だけではありませんよね。

 

算数には図形問題というのがあります。

私はこの図形問題が大嫌いでした…

だって何か分けが分からないんですよ~

 

多分ですが計算問題は大好きなのですが、

図形問題が大嫌いな人ってけっこういると思います。

その気持ち私は痛いほど分かるのです。

 

じゃあ一体どうやって図形問題に対処すればいいのか??

ここが一番大切なところですよね。

同じ算数でも算数の中身で好き嫌いが分かれるのは、

子供からしても辛い問題ですから。

 

私はとある幼児教室で先生をしています。

たまに小学生の授業をしていて、

図形の問題を教えているのです。

今では図形問題の苦手は克服しましたよ。

 

図形問題を解くにあたり、

私の塾ではあるものを用意して、

授業を行っているのです。

 

それは100均のブロックまたは積み木を利用して算数の授業をしています!!

 

小学生になったから本格的に勉強をさせ過ぎていると…

↓ ↓ ↓

小学生になった子供に勉強ばかりさせていると恐ろしいことが…

 

ブロックや積み木を徹底的に利用して、算数の図形問題が楽になる!?

 

 

え??本当にそんなことで、

図形問題が解けるようになるのか??

という疑問をあなたは持つことでしょう。

ですがこのブロック&積み木のおかげで、

子供たちが理解する力を一気につけることができるのです。

 

小学校の授業ではきっと、

先生が黒板に書いて、

授業を行っていると思います。

当たり前のことですが。

 

黒板に図形を書いて…

を先生がしているので、

子供からしたら2次元でしか内容を解釈できません。

とにかく子供によっては、

非常に分かりにくいんですよね。

 

ちょっと空間認識が苦手な子供だっているので、

分かりにくい子がいるのも当たり前なのです。

 

ですが実際にブロックや積み木を使うことで、

子供が手に取ることができるので、

3次元で理解することができます。

これがブロックや積み木のいいところなんですよ~

 

だって実際に手にとって見て、

問題の図形を直に感じることができるのですから。

さらに図形をくるくる回して、

自分なりの回答を導けるチャンスがあるので、

応用力だって鍛えることができるのです。

 

図形に特化した問題集に加えて、ブロックを徹底的に利用する

 

図形問題が苦手な子供って、

結局は図形を3次元で捉えるのが難しいからなんですよ。

 

私の幼児教室に通っているお子様で、

図形問題が非常に苦手な子が何人かいます。

 

その苦手な子供たちに何で苦手なのか聞いてみると、

「だって紙に図形が書いてあるだけだから分からないんだもん」

と言っていたのです。

 

そうなんですよね~

私はなかなか想像力がないので、

図形問題にはかなり苦戦したのですよ。

 

紙に図形が書いてあるだけなので、

頭の中で回転させることが非常に難しいのです…

 

だからこそブロックを使うのはかなりいい方法なのです。

ですが1問や2問だけブロックを使って解いただけでは、

なかなか自分の力として身につきません。

 

なので図形に特化した問題集を購入して、

ブロックを何度も使って、

問題を何度も解くことが非常に大切になります!!

 

苦手なままでは永遠と苦手となってしまいます。

小学校の図形問題って、

中学校、高校になってもずっと使うスキルなので、

小学生の内に徹底的に慣らしておくことが、

今後役に立つことはあなたも知っているでしょう。

 

子供が苦手だからやらないと言っていたら、

すぐに100均でブロックを購入して、

子供にやらせてみるといいですよ。

 

ブロックを持ってやるので、

子供からしたらとっても新鮮な気持ちで、

図形問題に取り組むことでしょう。

 

あなたの子供がしっかりと集中できる時に、徹底的に図形問題に取り組む

 

あなたは早速子供に、

図形問題をやらせようとしたでしょう。

 

ですがちょっと待ってください。

あなたの心意気はとっても素晴らしいのですが、

子供にコンディションに合わせて、

お勉強をさせるようにしてくださいね。

 

子供からしたらただでさえ、

図形問題は大嫌いなのです。

 

その大嫌いなことをやらせるのに、

気分が乗らないときにやらせてしまうと、

子供はさらに図形問題に嫌気を指してしまうでしょう。

 

なのでここはいったんタイミングを見計らって、

子供に図形問題をやらせるようにしてください。

 

どんなタイミングがいいのか??

子供がとっても調子がいい時にやらせるようにするのがいいでしょう。

 

調子のいい時と言われても…

ってあなたは悩んでしまうでしょう。

 

子供と何気ない会話を挟んでみて、

子供の調子がいい時ってあなたは分かると思います。

そこが絶好のタイミングですよ♪

 

図形問題以外の算数についてはこちらの記事を参考にしてください

↓ ↓ ↓

子供に算数の全般を教えたいのですが、どうやれば…