勉強ができない子の親になった…親として何をすればいいの??

 

 

久しぶりに子どものテストの点を見てびっくり!!!

 

まだ小学生なのに60点!?

なに??この点数??

先生が採点ミスしてるんじゃないの!?

 

 

あなたは自分の子どもが

勉強が出来なさ過ぎてショックを受けていますね。

 

しかしそれが現実です。

 

 

勉強ができない子の親になるわけがない!!

私の子どもはやったらできる子だから大丈夫♪

 

あなたはそんな呑気な考え方をしていたのではありませんか??

 

でも実際に小学生に上がってみたら

勉強に全くついていけていなくなって焦っていると…

 

勉強しなさいなんて言ったことがない

って方もいるのではないでしょうか。

 

そして今になってやばいと思ったのですね(・_・;)

急に地獄に落とされた感じがします。

 

 

親が焦り始めても当の本人は

へらへら~っと全然平気。

 

そんな姿を見ると心配になると同時に

怒りが込み上げてくるのではないでしょうか。

 

 

はっきり言いますが

子育てに絶対はありえません!!

 

親は勉強を難なくこなしてきたかもしれませんが

子供も絶対大丈夫ということはないのです。

 

 

勉強できない子の親になってしまったあなたは

これからどんなことが出来るのでしょうか。

 

 

勉強ができない子供の親はどうやって接していけばいいのでしょうか??

 

 

 

勉強できない子の親になって実感しました。

子供が勉強ができないとイライラする!!

 

まだ小学生なのにテストの点が60点しかないとか

子供の将来が不安すぎますよね…

 

 

これから中学生・高校生

大学にだっていくかもしれないのに

小学生で勉強につまずくとかやばいです。

 

これはもう将来落ちこぼれ決定!!

 

 

子供のそんな未来が見えてしまったら

心配で心配で夜も眠れなくなってしまいます。

 

 

頭ごなしに勉強しなさいと怒ったって子供には

「今まで言ってこなかったのに、いまさら何!?」

って言い返されてしまうかも…

 

 

さすがに勉強ができないのはまずいですよね。

あなたの子どもはどうして勉強ができないのでしょうか??

まずは子供に理由を聞いてみてください。

 

勉強したって意味がない。

遊びが楽しくて勉強する時間がない。

 

確かにその気持ちは分かります。

勉強なんてできればやりたくないですよね~

 

 

では聞き方を変えてみましょう。

あなたのお子さんは将来なりたい職業はありますか??

 

小学生であれば

1つや2つ将来の夢があると思います!!

 

ではその職業に就くためにはどんなことが必要なのでしょうか??

 

 

例えばサッカー選手になりたいとしましょう。

 

「サッカー選手になるためには何が必要??」

 

子「サッカーが上手くなる!!」

 

「そうだね。

じゃあサッカーが上手くなるためにはどうする??」

 

子「たくさん練習する!!」

 

「練習するためには何が必要??」

 

子「サッカーをする場所が必要!!」

 

「サッカーをする場所はどこ⁇」

 

子「学校!!」

 

 

という風にまずは子供の話をしっかり聞いてみてください!!

あなたの聞きた次第でたくさんのお話をしてくれますよ。

 

子供によってそれぞれ考え方は違いますが

1つだけ変わらない事実があります。

 

 

それは…

どの職業になるにも勉強は必須だということ!!

 

 

子供自身がやりたくない・やらなくてもいい

と思っている勉強ですが

勉強をしないと将来どんな職業にも就くことが出来ないのです。

 

 

ぜひ勉強ができない子の将来を想像してみてください。

 

家の中に引きこもりニートになっているかもしれません。

他には、安い賃金で大変な職業についているかもしれません。

 

 

とにかく勉強できない子の将来は

良いものではないでしょう。

 

そんな将来を子供にさせたくはないですよね。

 

 

勉強ができない子の親として

まずは子供が勉強できない理由を

しっかりと理解してあげましょう!!

 

そしてどうやったら乗り越えられるかを

一緒に考えてあげてくださいね(^^)

 

 

子供が勉強できるようになるために親はどんなことをしたらいいの??

 

勉強ができない子の親になってしまったら

最初はすごく焦ると思います。

 

でも焦っても状況は変わりません。

 

 

勉強ができる子になるように

まずはすぐできることから始めましょう!!

 

すぐに塾や家庭教師を始めたって

子供は反発して嫌がるに決まっています。

 

 

そこでまずは1日に10分でもいいから

椅子に座ることから始めるのです。

 

こんなの簡単じゃん!!

って思う方もいるかと思いますが

やってみるとこれが意外と難しい…

 

 

すぐにゲームをしようとしたり

他の場所に行こうとする子がとても多いと思います。

 

それだけ勉強に向かう姿勢が欠けているってことなんです。

 

 

最初は大変かもしれませんが

親が強制的にやらせなければいけません。

 

毎日毎日何度も繰り返すことによって

義務を習慣に変えていきます。

 

 

それが出来るようになったら

今度は勉強をするように促します。

 

一番いいのは親が一緒に勉強をすること!!

そして褒めてあげてください♪

 

 

1人でやりなさいは絶対できません。

 

一緒にやってあげることで

ちょっと頑張ってみようかなと気持ちが変わり

褒めてもらうことでうれしい気持ちになります(^^)

 

勉強ができない子の親になってしまったことを嘆くよりも

親子のスキンシップがとれる時間が出来た♪

と思うと結構いいと思いませんか??

 

 

子供の将来のために

勉強の大切さとあなたが鬼になる覚悟をもって

接すれば必ずいい方へ向かうはずですよ!!

 

あなたにおすすめの記事↓↓

大問題!!小1の段階でテストの成績が悪いのはまずすぎる…