幼児教育で子供の「考える力」を育てることはできるのか??

 

 

考える力って一体何でしょうか??

これっていろんな意味がありますよね~

 

 

そのいろんな意味があるなかで、

考える力とはこういうイメージが多いのではないでしょうか??

 

 

応用力

これが一番考える力と密接にあるように感じます。

 

 

もし応用力がないとどうなってしまうのでしょうか??

あなたはどんなことをイメージしますか??

 

 

  • 物事の先読みをすることがあまり出来ない
  • 人に頼る機会がかなり多い
  • 計画を練って行動することがあまりない

 

などのようなことが起こりますね…

さて、このような問題を抱えているとどうなるでしょうか??

 

 

きっと社会からすれば役に立たないと思われるでしょうね…

私の言葉はちょっと言い方が悪いと思うのですが、

これが一番現実的ではないでしょうか??

 

 

それで社会の役に立たないとなるとどうなるのか??

社内の人から煙たがられますし、

下手をしたらリストラをされる危険性もありますね…

 

 

なので考える力というのはめっちゃ大切なのです!!

生きる力と考える力はイコールで結べる

と言っても過言ではありません。

この記事を開いているあなたなら分かっているでしょう。

 

 

またこの記事を見ているってことは、

あなたにはお子様がいらっしゃるはずです。

子供にはしっかりと考える力を培ってもらって、

社会人になったら活躍をして欲しい!!

とあなたは願っていることでしょう。

もしかしたら他の考えもあるかもしれません。

 

 

とにかく「考える力」を子供には持って欲しい事は、

紛れもない事実なのは間違いないでしょう。

 

 

さて、ここからが問題ですね。

子供に考える力を持って欲しいとしても、一体どうやって考える力を育てたらいいのか??

ここの壁さえ越せばあなたにとって、

理想的な子育てができることでしょう。

 

 

この問題は非常に難しいのはあなたも分かっていると思います。

かなり精神的&肉体的に辛い作業が続くので、

しっかりと覚悟を決めることがまずは大切です!!

 

 

考える力って子供からしたらかなり苦手な項目になるのです…

↓ ↓ ↓

考えることが苦手な子供にはどうやって接したらいいのですか??

 

 

幼児からの教育で考える力を育てるには何が大切なのか??

 

 

 

 

問題はどうやって、

幼少期から考える力を育てるのか??

幼児ってまだまだ小さい子供なので、

そもそも言葉をちゃんと理解できるのか??

という点がかなり不安ですよね…

 

 

親の言葉を理解してもらえないので、

教育の意味が全くもって意味がありませんから。

 

 

さて、前置きが長くなってしまって申し訳ありません。

どうやって幼少期から考える力を養えばいいのでしょうか??

 

 

まずは子供と積極的に会話をすることが大切です!!

 

 

何でいきなり子供との会話が大切!?

なんて話になるのでしょうか??

きっとあなたも疑問を抱えていることでしょう。

 

 

ですが先に答えを申すのですが、

会話をスムーズにできる人って考える力がかなり備わっているのです!!

 

 

考えながら言葉を話すことができるのですよ。

きっとあなたも難なくこのことはこなしている事でしょう。

 

 

例えばですが国語のとある問題があったとします。

こんな問題です。

「この文章の作者の意図を答えなさい」

 

 

子供はどんな反応を示すと思いますか??

きっととっても考えていることでしょう。

こういうことを繰り返せばいいのです。

 

 

あなたも悩んでいる子供を目の前にすると、

とにかくアドバイスをしたくなると思うのですが、

子供の様子をしっかりと見守ってください。

横槍を入れてしまいますと、

子供が考えている行為自体を否定する感じになるので、

全く考える力を養う行為と間逆になるのですよ。

 

 

「?マーク」を常に子供にプレゼントをする!!

 

 

冗談で言っている訳ではありませんよ~

考える力について考えてみると、

疑問をとにかく抱えていることがかなり手早い

とあなたは思いませんか??

 

 

あなたも分かっていることでしょうが、

疑問を持っているってことは、

その疑問に関しての答えを求めているのです。

答えを求めるためには考えないといけませんね。

だからこそ考える力を付けるためには、

常に子供に疑問をプレゼントすることなのですよ!!

 

 

でも疑問をプレゼントするって言ったって…

とあなたは感じてしまうことでしょう。

 

 

例えばですが夏になるとセミがミンミンと鳴きますね。

男の子の子供ならば、

セミを取りに行くことが基本的に楽しみになります。

 

 

そこであなたは子供にセミを取る効率について、

子供に問いかけてみるのですよ。

 

 

親「どうやったらセミはすぐにゲットできると思う??」

子「う~ん、どうやればいいんだろ~」

たったのこれだけでも子供はかなり考えるのです。

しかも子供がかなり興味を持っている分野になれば、

考える力を養うための効率がかなり高くなりますよ。

 

 

やはり好きなことって集中力の質が異常なほど高いですから。

できるだけ子供が興味を持っている分野で、

疑問を投げかけてみるとかなりいいでしょう。

 

 

こんな感じで子供と接することで、

考える力というものは自然と育ってきます。

あなたがどのように子供に疑問を投げかけるか??

がかなり重要なポイントになるのは間違いありません。

 

 

意地の悪い子供って意外といろんなことを考えていた!?

↓ ↓ ↓

意地の悪い子供ほど考える力に長けていた!?