小学生の日曜日の過ごし方は?自由を履き違えないで欲しい!

 

 

この記事を開いているあなたは、

小学生のお子様がいらっしゃることでしょう。

 

 

それで日曜日の子供の過ごし方に

少し違和感を抱いているのも事実ですね。

 

 

さて、平日の子供の過ごし方に関しては、

特に文句はないのですが、

休日の過ごし方でちょっとお悩みがあると

私は仮定してお話をしようと思っています。

 

 

それで休日の日曜日ともなると、

子供からすると超ハッピーな日に

なっているのは間違いありません。

あなたもこの点はしっかりと分かっているでしょう。

 

 

というかこんな言葉は適切ではありませんが、

子供を逆に面倒くさくなってしまうくらい、

あなたは理解をしていると感じています。

できれば休日を子供に与えないで欲しいのですが…

っと心の中に本音を潜めているのでは??

 

 

それで子供の休日に関してですが、

あるものですから仕方がありませんね。

じゃあ一体どうやって休日を過ごさせていけばいいのか??

問題はここなんですよね~

 

 

だって学校が休みだからと言って、

ずっと遊んでいては宿題などができませんし、

逆にずっと勉強をしているのは、

本当に体にもよろしくないでしょうし…

きっとあなたの理想は勉強と遊びを半々にして欲しいんですよね!!

 

 

っというかあなただけではなく、

世の中の親御さんたち全員が願っていることでしょう。

 

 

さて、そんな勉強と遊びを半々にしてくれる

理想的な方法なんて逆に存在するのでしょうか??

できればの話なのである程度の妥協は必要でしょう。

 

 

だって大人でも遊びと仕事を半々にすることなんて、

普通は無理ですから、

逆に子供にそんな高度なテクニックを求めても、

全くもって仕方がないですよね。

だからこそある程度の妥協は必要と私は言っているのです。

 

 

でも妥協に妥協を重ねるのはあまりよろしくありません。

しっかりと線引きを行った上で、

あなたの理想を追い求めることが非常に大切です。

 

 

遊びと勉強を子供にはバランスよくして欲しい。

あなたの考えていることは非常に立派です。

ですがこれは子供からすると非常に難しい。

特に休日になるとそのバランスは難しいですから。

だって子供からすると休日は全部自由時間と感じますからね。

 

 

そんな小学生の子供を相手にして、

本当に親の意見を通すことができるのでしょうか??

きっとあなたはこの点についても悩んでいるのでしょう。

 

 

この記事でしっかりとあなたのお悩みを解決できるように

まとめましたので是非ともご覧ください!!

 

 

勉強ばかりを小学生に強要してしまうと…??

↓ ↓ ↓

小学生の子供に勉強ばかりさせているととんでもないことに!?

 

 

子供の日曜日の過ごし方に不安を覚えているなら、真剣に子供とぶつかることが大切!!

 

 

 

あなたはきっと不安で仕方がないでしょう。

せっかく子供が楽しく休日を過ごしているのに、

横槍を入れてしまうことになるので、

さらに不安な気持ちになってしまいますから。

 

 

ですがここで躊躇してしまっては、

あなたの不安はさらに巨大な何かへと変貌を遂げてしまう危険性があるのです。

 

 

子育てというのは後悔をしてからでは遅いですよ。

だって基本的に取り返しのつかないことが

多いのが子育てというものになりますから。

 

 

なのであなたが不安を覚えているのでしたら、

あなたはお子様と真正面からぶつかるべきなのです!!

 

 

この子供とぶつかるという点について納得したのであれば、

次を是非とも読み進めて欲しいのですよ。

 

 

親の「真剣さ」。これって子供からするとちょうどいい刺激になります。

 

 

あなたのすべきことは、

必死に子供にあなたの思いを訴えかけること。

 

 

怒鳴るとか叱るとかとは違いますよ。

話し合いの場を設けて、

子供と真剣に目を背けないで

言葉のキャッチボールを行うのです。

 

 

子供が納得していないのであれば、

親が言っている言葉の意味が分かるまで、

何度も説明するのが大切になります。

ですがこれはかなりの忍耐力が必要なのです。

 

 

子供はきっとあなたの言っていることは

正しいと感じているのですが、

天国のような休日を自ら手放したいと子供は思うわけありませんから!!

 

 

ですがあなたも子供が考えていることは分かるでしょう。

だったら子供が考えていることを

逆手に取ってみるのも大切になります。

 

 

要はどんな手を使ってでも、

親は真剣さをアピールしていることを

子供に伝えていることが本題になるのですから。

 

 

でもこの方法は1日だけで子供を説得できる訳ではありません。

はっきり言って即効性はないのですよ。

 

 

ですが即効性はないものの、

一度子供は自ら自分の休日の過ごし方に

違和感を持たせることができれば、

根本的に改善できたと言えるので

長期的に継続をして休日の生活態度を改める可能性があるのです。

 

 

でも何度も申しますが非常に骨が折れる作業になります。

これだけはあなたに納得して欲しいのです。

もしあなたが一度子供に真剣さを伝えるだけで

あなたが根負けしてしまうと、

子供はあなたの真剣さに疑念を抱きますから。

逆にリスキーな方法になるのは間違いありません…

 

 

なのでまずはあなたの真剣さを自分なりに検証して、

最終的に真剣さを子供にぶつけてみるといいでしょう。