これって反抗期??子供がご飯をあまり食べないんですが…

 

あなたは反抗期の子供って

一体どんな反抗をするイメージがありますか??

 

例えばですが、

親「ちょっとゲームのし過ぎよ!時間を守る約束だったじゃん」

子供「はいはい、分かっているからもうちょっと待って」

親「あんたが分かってないから言っているんだよ!」

子供「うるさい!ちょっと黙ってて!」

というやりとりをイメージするのでは??

 

ちょっと子供の態度が悪すぎるくらいに説明しましたね。

もう少し柔らかい感じで子供は反抗するのかな??

 

ですが子供が言う事を全く聞かないで、

親に反抗する点では間違いはないでしょう。

 

それでですね、子供が反抗するに当たり、

こんな反抗の仕方もあるんですよ。

 

子供が永遠と親が言っていることを無視する

 

本当にこのタイプはやり辛いですね…

だって子供が基本的に言葉を発しないので、

子供が一体何を考えているのか分からない。

 

やり辛いなんてレベルではありません。

まるで親と子の縁が切れているのではないのか??

そんな不安に押しつぶされる気持ちもあります。

 

一緒に住んでいるのに、

いかにも他人ですよ~

っていう振る舞い。

 

まぁ、こういうタイプもいらっしゃることも事実です。

ですがこれから私が話すことは、

子供の反抗方法としてご飯を食べない

という子供についてお話しようと思います。

 

あなたはこの記事を開くまでは、

「反抗期でご飯を食べない」

という方法について疑心暗鬼になっていたでしょう。

 

ですが私の知っている子では、

ご飯を食べないという反抗をした子もいるのです。

 

なんていう子なんだ…

ご飯を食べないってダイエットもしているのか??

親としてかなりの特殊なケースに感じるでしょう。

だって一般的な子供はそんな手の込んだ反抗は珍しいですから。

 

物を壊す反抗期もマジで怖いです…

↓ ↓ ↓

やば過ぎる!?反抗期のせいで子供が物を壊すのですが…

 

ご飯をあまり食べない反抗期は大変。どう向き合っていくのか??

 

 

ご飯をあまり食べない反抗期って、

あまりにも特殊すぎて、

訳が分からない状態でしょう。

 

ちょっと言葉は悪いですが、

自滅行為に近いことをしていますから。

ってか完全に自滅行為ですね…

 

子供にいろんな注意をしてきたつもりが、

完全に子供から反発させて、

最終形態がご飯をあまり食べないという反抗。

という低でお話をさせて頂きますね。

 

子供があまりご飯を食べないことは、

親としてとっても心配してしまいます。

ですがこれも子供にとっては計算の内でしょう。

 

子供は親の心情をここまで把握しているのに、

なんでそこまで反抗してしまうのか不思議に感じますね。

 

でも子供が選択した行動は親の精神を攻撃する方法です。

だったら気を引き締めて付き合っていきましょう。

子供もそれなりの覚悟をしていますからね。

 

子供は分かっている。お腹が空いたら冷蔵庫をあさりますからね。

 

別の夕食を一緒に食べなくてもいいです。

 

ですが一般的には一緒にご飯を

食べることをすすめられていますが、

子供があまりご飯を食べないという反抗期は

かなり特殊なので一般論なんて今は無視していきましょう。

 

それできっと子供は夕食を食べなかったら、

深夜時間に起きて冷蔵庫をあさります。

 

そんな反抗期を迎えているってことは、

ある程度大きくなったお子様なので、

夕食の分を残しておけば食べることでしょう。

 

ここでポイントなのはあなたはしっかりと寝ていること。

あなたが起きていると、

子供は冷蔵庫をあさることはしませんから。

 

これを長い間繰り返していると、

子供の方から曲がってくれます。

 

やはり子供も親と一緒にご飯を食べたいんですよね。

それくらい家族のことが大切なのです。

 

ですが反抗期のせいでなかなか正直になれません。

ここはあなたが子供の反抗期と向き合って、

あなたのお子様とのチャンスを伺いましょう。

 

絶対に子供の方が精神的な部分はあなたより弱いのでずっと続けていたら最終的にあなたは勝ちますから。

これがあなたの最大のチャンスです。

 

きっと子供もかなり気分的に落ちついているので、

最終的には子供と一緒に夕ご飯を楽しめるでしょう。

 

ご飯を食べない反抗期はできるだけ子供と関わらないことがいいかも

 

 

実際に私が感じたことなのですが、

ご飯を食べない反抗期って、

すんごくやり辛いんですよ…

 

子供に話をかけるとしても、

一体何から話せばいいのか。

などの悩みが一気に増えるのです。

 

別に普通に話せばいいのでは??

っとあなたは感じるかもしれません。

 

ですが下手なことを言ってしまったら、

この冷戦状態はかなり続きそうなので、

できるだけ子供と関わらないようにしたのです。

親として「失格」な感じになりそうですが。

 

だって子供にはしっかりとご飯を食べて欲しい。

できれば家族みんなで一緒にね。

 

でも下手なことをしてしまって、

反抗期の度合いを高めてはいけないので、

私は子供とあまり言葉を交わさないようにしたのです。

 

ですが完璧に子供を無視したわけではありませんよ。

絶対に「ご飯できたから食べるよ~」って声かけはしています。

 

子供に対して絶対に言わないといけないことだけは、

どんなことがあっても言っているのです。

 

最低限の会話だけをして、

子供との絆を保っている状態ですね。

 

親としても精神的にかなり辛い部分ですが、

これは子供のためと思ってできるだけ会話をしない

という選択肢も有効活用できると感じましたね。

 

何度も言いますが、親としてやっぱりとっても辛いですが。