七田の勉強は発達障害でも効果あり⁇障害があっても大丈夫!!

 

あなたのお子さんは障害を持っているのではないでしょうか⁇

 

最近では何かしらの障害を持っている子が多くなっているため

障害があるといっても珍しくありません。

 

というよりも障害の分類も増え

検査してみるとどれかに引っかかってしまうということが

多くなっているように感じます。

 

学校でも1つの教室に

1人や2人はいるのではないでしょうか。

 

 

子どものうちから障害があると診断されてしまうと

親のショックは計り知れません。

 

でもそんなに落ち込まないで下さい!!

障害=子どもが苦手にしているものです。

 

逆に言えば子どもの苦手がわかっているのだから

対策していくこともできるのです。

 

障害があるからといって、何もしないのは間違い。

 

子どもに障害があると診断されてしまうと

これから子どもとどう向き合っていけばいいのか

分からなくなってしまいますよね。

 

それはあなただけではありませんよ。

 

障害を持っている子どもがいる方は

みんな悩んできた問題です。

 

でも障害がある子どもがいるからこそ

知ってほしいことがあります。

 

 

障害がある子どものいる親とお話すると

「障害があるから教えてもわからない。」

「障害があるから何をやってもダメ。」

 

親自身が子どもの教育に関して諦めているように感じます。

でも、そんなことはありませんよ。

 

 

どうして障害はダメと決めつけてしまうのですか。

子どもたちの障害は苦手なものなのです。

 

でも、教えても全く理解できないわけではありません。

 

何度も何度も繰り返し教えることによって

子どもはちゃんと理解してダメなものをダメとわかってくれます。

 

 

それは教育をする時でも同じこと。

 

勉強するのが苦手。

椅子に座っておくことが苦手。

記憶するのが苦手。

 

それは全て子供の個性なのです。

障害だからと諦めないでください!!

 

苦手なところは何度も何度も教えてあげればいいのです。

同じことを何度もやっていると勉強を理解してくれるようになり

自分でもできるようになってくれます。

 

 

親が諦めずに何度も行うことで

障害があっても乗り越えることができるのです。

 

七田の勉強は発達障害でも効果あり⁇

 

「私の子供は発達障害があると診断されたのですが

七田の勉強をして効果があるのでしょうか⁇」

 

七田の教室に通うか悩んでいるお母様から

質問をもらったことがあります。

 

七田の勉強といえば

フラッシュカードを使った右脳教育が有名です。

 

右脳を刺激することで

素晴らしい能力を手に入れるというものですね。

 

 

発達障害がある子どもに

七田の勉強をさせるのは効果があるでしょう。

特にフラッシュカードの勉強はいいなと思います。

 

発達障害があるといっても

子どもたちによって苦手なものは違います。

 

アスペルガー

ADHD

自閉症

学習障害

 

発達障害の中でもいろいろな種類があるんですよね。

 

 

どの症状であっても

フラッシュカードは勉強しやすいのではないでしょうか。

 

フラッシュカードは見ているだけでOK!!

カードを目や耳から頭に入れることによって

語彙力を増やしたり、数の勉強をすることができます。

 

最悪動き回っていてもできます。

 

 

そして何よりも障害がある子どもに

何か勉強になることをしてあげるのが

大切だと考えます。

 

七田には特別支援コースがある。

 

七田には特別支援コースというものがあります。

これは障害がある子どもたちのためのクラスのようです。

 

同じ学年の子供たちと勉強するのが難しい

障害のある子どもに対してマンツーマンで

講師が授業をしてくれるものです。

 

 

学校でも障害のある子どもたちのために

特別支援学級というものが作られていることがありますが

七田にもそのような教室があるんですね!!

 

発達障害があるからこそ、子どもに何かさせるべき。

 

発達障害があるから。

苦手なものがあるから。

とずっと何もしなければ

苦手なものはいつまでたっても苦手なままです。

 

発達障害があるからこそ苦手なものを早くから勉強して

慣れさせてあげましょう!!

 

そうすることで苦手でもできる

苦手をなくしたいと子どもたちは

どんどん意欲的になってくれます。

 

 

親があきらめずにやれば

必ず子どもに効果があるのです(*´ω`*)

 

 

実際に障害のある子どもに勉強をさせることで効果があった!!

 

最近は障害があるからと

幼児教室に通わせている家庭が増えてきました。

 

お母様から通われている理由をお伺いしてみると

「将来、自分で稼げるようになってほしいから」

「苦手にも挑戦してほしいから」

「できるうれしさに気づいてほしいから」

ということです。

 

とても素晴らしいことですね!!

どのお母様も子どもの障害と向き合い

楽しくお勉強をしてくれています。

 

 

しかも、それが子どもの成果にもつながっているのです!!

 

ADHDの子どもは椅子に座っているのが苦手でしたが

教室に通う回数が増えるごとに椅子に座っている時間が長くなってきました。

 

学習障害がある子どもは自分の苦手な部分を理解しているため

苦手なところは家で何度もやってできるようになってきたそうです。

しかもできるようになったことがうれしくて

今では自分で率先してやっているそうですよ♪

 

 

障害がある子どもたちって

障害がない部分が他の人よりも長けていることが多いです。

言い方を変えれば『天才型』ですね( *´艸`)

 

苦手な部分を苦手なままにしない。

好きなところをトコトン伸ばしてあげることで

子ども将来は見えてきます。

 

障害があるとわかった時がチャンス!!

子どもの能力を存分に広げてあげましょう(*´▽`*)

 

 

 

七田式は今2つの教室に分かれているようですね。

七田式とEQWELチャイルドアカデミーです。

 

どちらにも特別支援コースがあるようです。

気になるようなら一度体験してみてもいいですね♪

 

あなたにおすすめの記事↓↓

子どもの才能は未知数!?親で才能が決まるかも