大問題!?小1の段階でテストの成績が悪いってやっぱりヤバイ??

 

 

保育園、幼稚園から卒業して、

晴れて小学生に上がりました。

この時の感動は今でも忘れることができませんね♪

 

 

私は幼児教室で先生をしているものでして、

たくさんの親御さんが、

子供が小学生になったことを

心から喜んでいる人が100%です!!

きっとあなたもお子様が小学生になったことを

非常に嬉しいことだと感じていることでしょう。

 

 

それで小学生になって生活が慣れてくる頃には、

たくさんのお友達が出来て、

たくさん遊んでいますよね~

子供がウキウキした表情を見せていると、

親であるあなたも嬉しい気分になりますよね~

 

 

さてたくさん遊んでいるお子様ですが、

遊ぶこと自体は非常にいいことですよ!!

ですがここで大きな問題に直面しているんですよね。

 

 

テストの成績があまりにも悪いため、心配しまくって心がめっちゃ辛い…

 

 

しかも子供はまだ小学1年生。

小学1年生の内容ってはっきり言って、

大体の子供が100点に近い点数を取っているのです。

なのに自分の子供の成績が他の子と比べて、

圧倒的に悪いので先行きが心配すぎる…

 

 

あなたのお気持ちが痛いほど理解できます。

だってとっても簡単なテストなのに、

子供のテスト内容を見てみると、

×マークが大量にあるのですから。

 

 

そりゃあなたも吐き気がするほと心配してしまいますよ。

こんなことを言ってはいけないのかもしれないのですが、

本当に自分の子供なのか!?

とちょっぴり疑ってしまったこともあるのでは??

 

 

私の幼児教室に通っている子で、

小学1年生の教室もあるのですよ。

その中でとある子が成績が極端に悪いのです。

それで親御さんがめっちゃ怒っているのですよ。

 

 

子供からしたら一生懸命に勉強をしていると感じているのですが、

なかなかテストではいい結果が出ない…

そんな悩みを抱いていると本人は言っていましたね。

 

 

その親御さんは子供の成績を絶対に伸ばそうと考えているため、

最終的に遊びに行かせる時間を

極端に減らしてしまったのです。

 

 

あなたならどんな対策を考えて、

子供の成績の向上を目指しますか??

きっと上記の方法と同じようなことを考えてしまうことでしょう。

ですがこれでは子供の心が壊れてしまう危険性があるのです。

 

 

この記事では小学1年生の子供の成績が悪い場合、

一体どんな対処をして改善していけばいいのか??

についてしっかりとまとめていこうと思います!!

 

 

小学1年生の子供の勉強があまりにも出来ないとどうなるのか??

↓ ↓ ↓

お先が真っ暗!?小学1年生の勉強を完璧に把握させたいのですが…

 

 

小学1年生の子供の成績をしっかりと伸ばしてあげたい!!どんな方法があるのでしょうか??

 

 

 

 

いきなりお話がちょっと逸れてしまうのですが、

小学1年生の段階で勉強についていけないと

こんな意見がけっこうあるんですよね。

 

 

「小学1年生の勉強についていけないのは、何か大きな問題を抱えている可能性がある!!なので専門的な病院に行って診察をしてもらうべきだ!!」

という意見があります。

確かにこういう意見は的を射ている場合もあるのですが、

今回のこの記事では病院のお話はしません。

 

 

なので病院うんぬんのお話は割いて、

親としてまずはできることについて説明をしたいと思います。

これはかなり重要なので

しっかりと頭に叩き込んで欲しいです!!

 

 

成績が悪いから叱る。確かにこれには納得できるのですが…

 

 

あなたは子供の成績があまりにも悪いので、

ついつい頭ごなしに叱ってしまうのではないでしょうか??

勉強が出来ていないと子供の将来があまりにも心配なので、

叱る度合いもかなり高くなっているでしょう。

 

 

ですが成績の面で子供を叱ってしまうのは逆効果になる可能性が高いのです。

 

 

勉強そのものを嫌ってしまう可能性があるのです(T_T)

 

 

勉強が出来ていないから叱るのはついついやってしまいます。

ですが毎回のように勉強関連で子供を叱っていると、

子供は最終的に勉強を嫌いになる可能性があるのです…

 

 

さて子供が勉強を嫌いになったらどうなるでしょうか??

勉強をしなくなってしまい成績もどんどんと下がるでしょうね。

まるで何かに取り付かれたように、

勉強から逃げる口実を探すようになるでしょう。

そしてあなたもさらに怒るので

子供との関係がギクシャクすることに。

 

 

最悪の場合は子供が家に帰ることすらも嫌になってしまい、

非行に走る場合もあるのです。

こんなことになってしまうと家族は崩壊してしまいます。

 

 

テストでとにかくプレッシャーを感じることがあります。

 

 

テストでいい点を取得できていないので、

子供はテストがある度に、

とんでもないくらいのプレッシャーを感じてしまいます。

そのせいでテストに集中できなかった…

という可能性も十分に考えられますね。

 

 

そしてテストの点数が悪かったので、

親にめっちゃ叱られるのです。

 

 

それでこのプレッシャーなのですが、

子供が大人になってもかなり嫌ってしまう傾向があるのですよ。

プレッシャーに極端に弱い人って

なかなか社会でものし上がることができていません。

子供の頃からそんなプレッシャーにやられ続けていると、

将来がかなり心配になってしまいますねよ。

 

 

最後にまとめますが、

勉強関連で叱ってしまうのは、

かなりのリスクを伴ってしまうのです。

この悪い点だけをあなたには知って欲しいのですよ!!

 

 

小学生の段階で学力に差がついてしまうと…??

↓ ↓ ↓

やば過ぎる!?小学生の段階で学力差がつくととんでもないことに!?