勉強と遊びの両立が出来ない…自宅ではどうやったらいいの??

 

幼児教室がやっている

遊びながら勉強するってどういうこと!?

 

自宅でやろうとしても勉強は勉強になっちゃうし

遊びだしたら全く勉強やらないし…

 

どうやったらいいの??

 

 

自宅で勉強させようとしても

やらせるのって結構難しくないですか??

 

幼いころは遊びを勉強にするのが一番ですが

両立させようとしても全くうまくいきません。

 

 

好きなおもちゃを出して勉強させようとしても

子供って感じとるんでしょうね(笑)

 

いつもなら喜んで遊んでいることでも

勉強が絡んでくると上手に逃げて行ってしまいます。

 

 

無理矢理させようとしても

「勉強嫌~!!」って大騒ぎ。

 

このままじゃ本格的に

勉強嫌いの子供になってしまうと

冷や冷やしています…

 

幼児教室の先生ってどうやっているのでしょうか??

自宅で出来る方法があるといいですね♪

 

 

勉強と遊びを均等にするために、子供とどのように接したらいいのか??

 

 

勉強は勉強。

遊びは遊び。

全く違うもに感じてしまいますよね。

 

「子供に勉強しなさい!!」

って言ったって目の前に楽しそうなおもちゃがあるのだから

出来ないのも当然です。

 

 

勉強と遊びを両立させるためには

まずは勉強に対する入口を作ってみませんか??

 

子供にやりたくないことをやらすのではなく

好きなことをやっていたら

いつの間には勉強になっていた!!

みたいなことができると一番いいですね(^^)

 

 

勉強に対する入口!?どうやって作ればいいの??

 

今まで勉強をしたことがなかった子に

「勉強をしろ」と言ってもなんのことは分かりませんよね。

 

しかも勉強って楽しくないじゃないですか。

 

その楽しくない勉強をいかに

楽しいものに見せるかってことが

まずは大切なんです(^^)

 

 

子供がおもちゃで遊んでいるときに

「おもちゃが何個あるね~」とか

「何色のおもちゃがあるね~」

と声をかけるだけでOK!!

 

親が声掛けするだけでも

立派なお勉強なんです。

 

 

あなたはいつもやってることだ!!

と思いましたよね。

 

そうなんです。

大人からすると当たり前のことが

子供にとっては勉強なのです。

 

 

普段の遊びに『+声掛け』で

もう遊びと勉強の両立はできてしまっています!!

 

 

でもここからが問題。

 

遊びと勉強の延長線上を

どうやってプリント学習などの勉強につなげるか…

 

 

あなたは勉強用のプリントと言われたら

どんなものが思い浮かびますか??

 

たぶんひらがなやカタカナ・数字などではないでしょうか。

でも急にそのプリントをやらしてもダメです。

 

まずはプリントって楽しいんだと

錯覚させましょう(#^.^#)ふふふ

 

 

私のおすすめは迷路のプリントや

なぞり書きのプリントです。

 

子供だけでもできる簡単なプリントを

用意するといいですよ!!

 

楽しいプリントであれば

自分からやりたいと言ってくれますし

毎日3枚など決めてやっても

苦になることはありません。

 

 

プリントをやるのを習慣化させてから

 

「今までのよりちょっと難しいけど

〇〇ならできると思うんだ~」

 

ってサラッと本当にやらせたい勉強プリントに

誘導しちゃいましょう♪

 

これも大切!!計画性を養うこと!!

 

勉強をする習慣をつけるには

計画を立てることも大切ですね。

 

毎日決まった時間や

決まった流れで子供の勉強する時間を作ってあげましょう。

 

 

例えば

「おやつを食べ終わってから20分間は勉強の時間」

「時計の針がここに来たら勉強しようね」

など子供とお母さんの間でお約束を作るのです。

 

お約束事をつくると

守らないといけないという気持ちや

時計の知識なども身に着けることが出来ます。

一石二鳥ですね♪

 

 

大きくなるにつれてお約束事の形を変えるともっと良いです。

 

自分で勉強する時間を決めたり

プリントを1日に何枚するなど

自分で決めることで計画性や自分に合った両立の仕方など

考えながら行動する力が身に付きます。

 

 

小学生からでもいいんじゃない…

と思いませんでしたか??

 

確かにそれでもいいです。

 

でも子どもたちって大人が思っている以上に

考えて行動しています。

 

ずっと親が決めたことに従っていると

決めてもらわないとできない子になってしまうことも

あるので早いうちから自分で計画させる方がいいんです!!

 

 

勉強の大切さを親なりの解釈をして子供に分かるように伝える!!

 

子供が大きくなると

「どうして勉強しないといけないの??」

「勉強して何があるの??」

という疑問が出てきます。

 

とても大切なことです!!

 

その時に「しないといけないことだから…」

だけで止めないようにしてください。

 

先ほどもお伝えしたように

子供はたくさんのことを理解できます。

 

 

あなたが思っていることでいいので

勉強の大切さを子どもに教えてあげてください!!

 

そして子供にも勉強が出来るようになったら

何がしてみたいか聞いてみてください。

 

 

言葉にしてほしいというよりは

子供が感じたことが知りたいのです。

 

親の意見は1つの参考であり

子供への答えではありません。

 

子供はそこから答えを探すのです。

疑問が解決できれば自然と

勉強と遊びを両立しながら

成長する子が出来るようになりますよ!!

 

 

すぐにでもできることばかりなので

上手に子供を誘導しながら

勉強と遊びの両立をしてみてくださいね(^^)

 

あなたにおすすめの記事↓↓

これって意味がない!?子供が勉強をイヤイヤやるんです…